[番外編]ANA系の共同運行便を一気に1日で乗り倒す!

ANA コードシェア ロゴ

ある方から当ブログにコメントを頂きました。
非常に興味深い提案だったため記事に取り上げる事としました。

読者さま
読者さま

SFC修行国内にて用いることができるNH以外の航空会社(AirDo,Solaseed,Starflyer,Ibex,OrientalBridge)を組み込んだ、最安値のフライトプランが知りたいです。
折角ならば、SFC修行で様々な航空会社に乗り、違いを体験したいと思うのですが、極力安く抑えたいとも考えています。

流石に最安というのは物凄く厳しいので、今回はANAを含めた全6社で1日で達成できるプランを構築してみました。
たった1日の日帰りで各航空会社の機材・サービスの印象の違いを堪能できる面白いルートになったと思います。
ただ、これら縛りでルート構築すると運賃やPP単価ではある程度は目を瞑る必要がありますので、[番外編]とさせて頂きます。

コードシェア便の就航地

まず、ルート構築にあたり各航空会社の就航地を見てみます。

エアドゥ(ADO)

札幌(新千歳)⇔大阪(神戸)・仙台・東京(羽田)・名古屋(中部)
東京(羽田)⇔旭川・帯広・釧路・函館・女満別
函館⇔名古屋(中部)

ソラシドエア(SNA)

東京(羽田)⇔大分・鹿児島・熊本・長崎・宮崎
沖縄(那覇)⇔石垣・大阪(神戸)・鹿児島・名古屋(中部)・福岡・宮崎
名古屋(中部)⇔鹿児島・宮崎

スターフライヤー(SFJ)

東京(羽田)⇔福岡・北九州・大阪(関西)・山口宇部、
名古屋(中部)⇔福岡

オリエンタルエアブリッジ(ORC)

長崎⇔壱岐・五島福江・対馬
福岡⇔五島福江・小松・対馬・宮崎

アイベックスエアラインズ(IBX)

仙台⇔大阪(伊丹)・小松・札幌(新千歳)・東京(成田)・名古屋(中部)・広島・福岡
大阪(伊丹)⇔大分・新潟・福岡・福島
東京(成田)⇔小松・広島
札幌(新千歳)⇔松山
名古屋(中部)⇔大分・福岡・松山
福岡⇔小松・新潟

ルート構築

上記の就航地から判断できるのは、

  1. 北海道へはADOかIBXもしくはANAでの組み合わせが必要
  2. ORCの就航地、壱岐・五島福江・対馬に関しては他社便で他の地に向かえない
  3. SNAの沖縄(那覇)は距離がある為に日帰りには向かない
  4. 利用可能な就航路線の少ないSFJ・ORCの就航地をベースに考えないとルートが途切れる危険性

他にも細かく見ればあるのですが、これらを念頭にルートを組み立てます。

ぱっと見で、ORC運行の福岡(FUK)-宮崎(KMI)とSNA運行のKMI-羽田(HND)の接続が見つけられます。

その前方にSFJ運行で名古屋(NGO)-FUKが接続でき、さらに前にはIBX運行の仙台(SDJ)-NGOがいけそうです。

そうなると残りはANA便とADO便でHNDとSDJを結ぶことができれば完結します。
ADO運行便を入れつつSDJとHNDを接続するのは案外簡単で札幌(CTS)を間に入れれば完成です。

出来上がったルートは、

羽田(HND)ー宮崎(KMI)ー福岡(FUK)ー名古屋(NGO)ー仙台(SDJ)ー札幌(CTS)ー羽田(HND)

これを羽田から、SNAーORCーSFJーIBXーADOーANAの順に搭乗すれば、全てのコードシェア航空会社を1便づつの搭乗で達成可能なルートが完成します。

HND-KMI-FUK-NGO-SDJ-CTS-HND
Great Circle Mapper

このルートで所要日数などを考えなければ理論上はどの空港から右回り・左回りに関わらず6社のフライトを一回づつ堪能して出発空港に戻れます。

時刻表から検討

出来上がったルートと時刻表を元に日帰り可能な発着地を検討します。
5分乗継のような悪魔の乗継もあったのですが、当ブログではそんな接続は紹介できません。
最低限MCTを遵守した接続で検討します。

発着地の選定

ここで時計回り(東京→宮崎→福岡・・・)と逆方向の両方を各空港の時刻表から発着地を探します。

札幌(新千歳)発着

札幌(新千歳)発着は朝早い便から夜遅い便まで豊富に存在することで時計回りは日帰り可能でした。
しかし逆周りは、福岡 仙台での接続が6時間以上が痛く、福岡までで終了になってしまいました。

仙台発着

時計回りでは、宮崎で3時間ほどの乗継が仇となり福岡で次への接続が不可になります。
逆周りでは名古屋(中部)で3時間ほどの乗継が悪影響を及ぼし札幌でアウトです。

東京(羽田)

札幌(新千歳)と同じく朝早い便から夜遅い便まで豊富で、かつ全国津々浦々へのアクセスにすぐれる東京(羽田)は余裕で可能です。
逆周りでは仙台 札幌(新千歳)-仙台のADO便が早過ぎと遅過ぎの2本しかない事で接続が悪く、札幌(新千歳)で約12時間の足止めを食らい達成不可能です。

名古屋(中部)発着

そもそも名古屋(中部)→仙台が遅い時間の設定で、かつ仙台で9時間以上の接続を要する為に東京(羽田)で終了してしまいます。
逆周りは札幌の時点で当日接続不可です。
仙台までの繋がりは悪く無く、これは行けるか?と思わせますが、きわどく仙台-名古屋(中部)の最終便に間に合わず残念ながら日帰り不可になります。

福岡発着

第1レグの福岡発スターフライヤーがいきなり遅い時間しか無く、しかも名古屋(中部)で5時間以上の乗継を要し東京(羽田)までしか進めません。
逆周りは、札幌で3時間ほどの接続時間の影響が大きく、仙台発最終のIBEXに間に合わず仙台ストップになります。

宮崎発着

名古屋(中部)で5時間以上の接続時間が痛く、東京(羽田)で終了です。
逆周りでは、札幌(新千歳)で5時間以上が影響し仙台ストップとなりました。 

このルートでの日帰り前提の場合は札幌(新千歳)発着・東京(羽田)発着の時計回りだけ。
ただし、宿泊を伴えばどの空港からでもこのルートを完遂できます。

完成ルート

上記を踏まえ出来上がったルートは以下の2通りです。

東京(羽田)発着

 運行会社便名機材出発到着
1SNA245373L東京(羽田)07:40宮崎09:25
2ORC4666Q84宮崎11:20福岡12:10
3SFJ3862320福岡14:40名古屋(中部)16:00
4IBX3145CR7名古屋(中部)16:55仙台18:00
5ADO481173D仙台19:15札幌(新千歳)20:30
6ANA988738札幌(新千歳)21:50東京(羽田)23:30

まず東京(羽田)を朝07:40にSNAの73L(B737-800)で宮崎へ向かいます。
宮崎到着から1時間55分の接続で第2レグのオリエンタルエアブリッジのボンバルディアのプロペラ機(Q84)で向かうは福岡です。
福岡での接続時間は2時間半あり、しかも丁度お昼時です。タイミングよくお昼ご飯にありつけそうです。

福岡からは満腹で膨れた身体でも余裕のシートピッチが嬉しいスターフライヤーのA320(32F)で名古屋(中部)へ向かいます。
名古屋(中部)で55分の接続をもって、IBEXのCR7(CRJ-700)で仙台です。

仙台での1時間15分の接続時間はお茶するでも軽い夕食でも可能な時間です。
仙台からエアドゥのB737-700(73D)で札幌(新千歳)です。

札幌(新千歳)では1時間20分の接続です。
仙台で夕食をパスした場合はここで夕食でしょうか。

そして仕上げのフライトはANAのB737-800(738)です。
これまでのコードシェアとの違いを堪能しながら出発地である東京(羽田)へ戻り完成です。

札幌(新千歳)発着

 運行会社便名機材出発到着
1ANA50772札幌(新千歳)07:30東京(羽田)09:05
2SNA245573L東京(羽田)9:45宮崎11:25
3ORC4668Q84宮崎12:20福岡13:10
4SFJ386232F福岡14:40名古屋(中部)16:00
5IBX314573H名古屋(中部)16:55仙台18:00
6ADO481173D仙台19:15札幌(新千歳)20:30

札幌(新千歳)も朝早くから始まります。
まずANAのB777-200(772)で東京(羽田)へ向かいます。
東京(羽田)発着も含めても唯一のワイドボディ機を楽しみます。

羽田空港の最低乗継時間である35分で慌ただしくソラシドエアのB737-800(73L)で宮崎へ向かいます。
乗継で慌てた分、カジュアルで好印象な機内で息を整えます。

宮崎では55分の接続でオリエンタルエアブリッジのQ84で福岡へ向けて飛びます。
この旅程で唯一のプロペラ機の搭乗を楽しみます。

福岡では1時間30分の接続時間があります。
ここでランチタイムを設けられそうです。
札幌(新千歳)発着ルートでも書きましたが、満腹でも嬉しい32Fで名古屋(中部)へと午後のフライトです。お昼寝タイムにも絶好かもしれません。

名古屋(中部)では55分接続でIBEXのCR7で仙台です。
SFC修行に於いてなかなか搭乗機会の少ないIBEXですから、存分に楽しみたいところです。

仙台で1時間15分休んだ後に最後のフライト、エアドゥの73Dで出発地の札幌(新千歳)へと戻り完成です。

獲得PP数・PP単価等(参考)

修行をコンテンツとしているブログですからPP単価も触れない訳にもいきません。
ただし前提としてANAで全ての航空券を購入しなければPPはもらえませんのでご注意ください。

では、この2ルートのPP単価を見ます。
8月31日をフライト実施日として6月5日時点で検索した料金を掲載しています。

このルートの獲得PPは3,748ポイントの獲得です。
福岡-名古屋(中部)-仙台をバリュートランジットで手配できたので、400ポイント多くなるのが嬉しいポイントです。

東京(羽田)発着

 運行会社便名出発到着運賃運賃種別※1PP
1SNA2453東京(羽田)宮崎¥13,990SV841
2ORC4666宮崎福岡¥5,210SV196
3SFJ3862福岡名古屋(中部)¥26,020VT761
4IBX3145名古屋(中部)仙台683
5ADO4811仙台札幌(新千歳)¥10,300SV502
6ANA988札幌(新千歳)東京(羽田)¥18,260SV765
合計    ¥73,780 3,748
1 運賃種別欄 SV=SUPER VALUE VT=VALUE TRANSIT

東京(羽田)発着では総額73,780円です。
PP単価は19.68円となり、なんとかギリギリ20円台にはなりませんでしたがSFC修行とは思えない単価が出てしまいます。

札幌(新千歳)発着

 運行会社便名出発到着運賃運賃種別※1PP
1ANA50札幌(新千歳)東京(羽田)¥11,460SV765
2SNA2455東京(羽田)宮崎¥14,290SV841
3ORC4668宮崎福岡¥5,210SV196
4SFJ3862福岡名古屋(中部)¥26,020VT761
5IBX3145名古屋(中部)仙台683
6ADO4811仙台札幌(新千歳)¥10,300SV502
合計    ¥67,280 3,748
1 運賃種別欄 SV=SUPER VALUE VT=VALUE TRANSIT

札幌(新千歳)発着では東京(羽田)発着より6,500円下りやや有利ではあります。
PP単価は17.95円となりまして、18円台を下回ります。
8円台では無く18円台なのがやはり修行とは思えない数値は残念な印象は否めません。

まとめ

いかがでしょうか。
日帰りで6レグ全てを別運行会社で繋いでいくとPP単価の面では流石に厳しいモノがあります。
ですが、最終的に50,000ポイント獲得する内のたった3,748ポイントです。
少しくらい遊びを入れても良いのではないでしょうか。
この構成以外の残り46,252ポイントのフライトを平均PP単価9.21円以下(羽田発着)・9.35円以下(札幌発着)でこなせばトータルの平均PP単価は10.0円を下回りますし、8.13円以下(羽田発着)・8.27円以下(札幌発着)こなせば平均PP単価は9.0円を下回ります。

もっと言えば、残りのフライトのPP単価を7.05円(羽田発着)・7.19円(札幌発着)以下で達成できれば最終的なPP単価は8.0円です。
常日頃から当ブログでもお伝えしていますが、この数字は決して不可能なモノではありません。

全体ではPP単価8円台でのSFC獲得を目指す中で、こう言った遊び心満載のフライトを組み込むのも乙なモノです。
コードシェア各社全ての搭乗による経験値はSFC獲得後の旅行等の場面に於いても生かされる経験です。
きっと「あれは良い経験だった」と回想できる事と思います。

最後に。
有用なコメントを下さった読者様、この場を借りてお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。
また、皆様におかれましても「こんなコンセプトのルーティングないか?」とコメント頂ければ全力で検討・記事化したいと思いますので、遠慮なくコメントお待ちしてます。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント

  1. 虚無僧 より:

    初めてコメントさせていただきます。
    時期的に来年からSFC修行をしようといろいろブログを巡回しましたが、
    貴方のブログが一番参考になりました。
    修行時だけANAアメックスゴールドを作ろうと思いますので、
    もし持っていたら、ご紹介していただければと思いますが、お持ちでしょうか?

    • 珍道中珍道中 より:

      コメントありがとうございます。
      修行時だけANA-AMEX-GOLDとは鋭い目をお持ちですね。