[SFC修行]プレミアム日帰り旅程で26,696ポイントを獲得(PP2倍活用)

SFC PP2倍羽田発 大量PPルート

ANAのプレミアムポイント2倍キャンペーンは、東京(羽田)発着の2日で解脱の旅程や大阪(関西)発着の3日で解脱の旅程など、プレミアムクラスを利用する事で大量のプレミアムポイントが獲得し、短期間での解脱が可能なので非常に注目度の高いキャンペーンです。
その影響もあってか大量にプレミアムポイントを獲得出来る東京(羽田)-石垣路線などは既に満席が続出するなど大盛況となっています。

本記事では、スーパーバリュープレミアム28とPP2倍キャンペーンを利用して1日で26,696ポイントの大量プレミアムポイントを獲得可能な旅程を紹介します。
今まで紹介した旅程よりも1日で獲得出来るプレミアムポイントは最大となる旅程になっていますので、このキャンペーン中にこの旅程だけでも実施すれば、解脱までに必要なプレミアムポイントの半分以上を獲得する事が可能となります。

スポンサーリンク

ルート

今回のルートは東京(羽田)-鹿児島東京(羽田)-中標津東京(羽田)-沖縄(那覇)の往復フライトを一日で搭乗するルートになります。

HND-KOJ_SHB_OKA
Great Circle Mapper

旅順は、東京(羽田)-鹿児島-東京(羽田)-中標津-東京(羽田)-沖縄(那覇)-東京(羽田)の合計6レグです。

フライト

それではフライトの詳細を見ていきます。

以下の予約・運賃等は2021年3月26日時点の情報です。

ANA20210525_HND-KOJ
ANA HPより

スタートとなる1レグ目は06:40発ANA619便にて鹿児島に向かいます。
もちろん今回の旅程全てでプレミアムクラスを利用しますので、どこの空港でもラウンジは利用することが可能です。
羽田空港のANAラウンジは5:15から営業していますので、早めに到着しラウンジを利用する事も可能です。
機材はA321(321)で、プレミアムクラスは座席2-2の2列8席となっており、Wi-Fi・プレミアムクラス装備の最新式です。
フライト時間は1時間50分となり、08:30に鹿児島に到着します。
鹿児島での乗継時間は40分しかありませんので、ラウンジを楽しむ間も無く次の搭乗となります。

2レグ目は鹿児島09:10発ANA622にて東京(羽田)に戻ります。
機材はおそらく折り返し便となる為1レグ目と同じ321になります。
フライト時間は1レグ目より10分短縮され1時間40分ですので、東京(羽田)には10:50到着です。
東京(羽田)での乗継時間は1時間25分と本日の旅程で最長ですので、ここではラウンジを楽しめます。

ANA20210525_HND-SHB
ANA HPより

ラウンジを堪能した後の3レグ目は東京(羽田)12:15発ANA377便にて根室中標津行きになります。
機材はB737-800(738)ですので、プレミアムクラスは2-2の2列で合計8席の設定があります。
フライト時間は1時間40分となっていますので、13:55に根室中標津に到着します。
根室中標津での乗継時間はここでも40分と短時間ですので、あっという間に次の便の搭乗となるでしょう。

根室中標津からの4レグ目は14:35発ANA378便の東京(羽田)行きです。
今回もおそらく折り返し便となる為、機材は3レグ目と同じ738になります。
フライト時間は鹿児島とは反対に東京(羽田)に戻る便の方が長くなり1時間55分ですので、16:30に東京(羽田)到着となります。
東京(羽田)での乗継時間は最低乗継時間ギリギリの35分となっている為ここは注意が必要です。

ANA20210525_HND-OKA
ANA HPより

ギリギリの35分の乗継時間をクリアした後の5レグ目は、17:05発ANA1097便にて沖縄(那覇)向かいます。
機材は鹿児島路線と同じ321となり、フライト時間が2時間40分と本日の旅程で最長のフライト時間となります。
19:45に沖縄(那覇)に到着し次の6レグ目までの乗継時間は50分とここでも短時間となります。

少しでも沖縄(那覇)を感じたいという方は25分後の21:00発のANA478便も選択可能で、乗継時間を1時間15分に引き伸ばすことができます。
ちょっとだけでも那覇空港ANAラウンジを楽しみたい場合はこちらが良さそうです。

最終6レグ目は20:35発ANA1098にて東京(羽田)に戻ります。
機材はまたもや321となり、2時間25分のフライトを終えると23:00に東京(羽田)到着となり6レグ全てが終了となります。

PP・マイル

 便名出発到着PP基本区間マイル付与マイル※1運賃種別※2運賃PP単価
1619東京(羽田)鹿児島1,902601938SVP¥25,79013.56
2622鹿児島東京(羽田)1,902601938SVP¥27,59014.51
3377東京(羽田)根室中標津1,912605945SVP¥26,79014.01
4378根室中標津東京(羽田)1,912605945SVP¥26,79014.01
51097東京(羽田)沖縄(那覇)2,8609841,537SVP¥32,61011.40
61098沖縄(那覇)東京(羽田)2,8609841,537SVP¥31,51011.02
合計   13,348 6,840 ¥171,08012.82
※1 付与マイル数は、ANAワイドゴールドカード保有・ステータス無しの場合
※2 運賃種別欄 SVP=SUPER VALUE PREMIUM

合計運賃 171,080
獲得PP 13,34826,696
PP単価 12.82円(6.41円
赤字はプレミアムポイント2倍キャンペーン適用後

合計運賃171,080円で2倍キャンペーン適用後の獲得プレミアムポイントは26,696PPとなり、PP単価は6.41円となります。

PP2倍とは言え、たった1日で26,000を超える大量のプレミアムポイントを獲得可能な非常にオススメの旅程となります。
この旅程を2回行うと53,392ポイントとなる為、2021年のボーナスプレミアムポイント3,000PPを加算しなくともするプラチナステータスを獲得でき解脱する事ができます。
プラチナステータスにはやや行き過ぎな感じですから、本旅程を2セットこなすなら更に上のステータスを視野に入れたくなります。
プラチナで充分なら本旅程1セットと他の旅程などで調整した方が良いと思います。

スポンサーリンク

まとめ

たった1日でプレミアムクラスを6レグ搭乗し、26,000を超える大量のプレミアムポイントを獲得可能な旅程を紹介しました。

東京(羽田)-石垣路線が既に満席が続出しており、PP2倍キャンペーンを利用して一気に大量のプレミアムポイントを稼ぐことが少々難しくなっている中、レグ数は増えてしまいますが日帰りで26,000を超えるプレミアムポイントを獲得出来るこの旅程は非常に有効では無いでしょうか。

特に今回利用した東京(羽田)-鹿児島はまだまだ空席もありますし、東京(羽田)-鹿児島のみでも1日3往復可能なスケジュールですので、この路線は東京(羽田)発着では沖縄(那覇)や石垣に次ぐ優良路線となるのではないでしょうか。
沖縄方面一辺倒になりがちな羽田発着のSFC修行に於いて、代変え路線としての鹿児島は注目に値します。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント