燃油サーチャージ他

スポンサーリンク
SFC修行

ANA 国際線燃油サーチャージ 2021年12月/2022年1月分

ANAから2022年1月までの国際線燃油サーチャージが発表されました。前回グッとアップした金額の継続が決定です。 来年いっぱいをカバーする期間ですが国際線修行は各国の入国条件次第でしょうか。 ANAのサーチャージ算出基準も含めて解説します。
JGC修行

JAL 国際線燃油サーチャージ 2021年12月/2022年1月分

2021年12月2022年/1月のJAL国際線燃油サーチャージが発表されました。 前回8000円基準に上がり、今回はそれが継続です。 JALのサーチャージ算出基準も含めて解説します。
SFC修行

[ANA/JAL]緊急事態宣言・まん延防止重点措置に伴う航空券特別対応(変更・取消)まとめ

2021年9月9日にANA/JAL両社で航空券の特別対応が更新されました。 本記事では各社が発表したリリースをまとめました。
SFC修行

ANA 国際線燃油サーチャージ 2021年10月/11月分

2021年10月/11月からの国際線燃油サーチャージが発表されました。 前回からさらに一段アップの金額が設定されました。 来年の秋以降までカバーできる期間ですが国際線修行感染の状況次第でしょうか。 ANAのサーチャージ算出基準も含めて解説します。
JGC修行

JAL 国際線燃油サーチャージ 2021年10月/11月分

2021年10月/11月のJAL国際線燃油サーチャージが発表されました。 さらに一段上がってより一層海外渡航ハードルが高くなり、今は国際線航空券購入の時期ではなさそうです。 JALのサーチャージ算出基準も含めて解説します。
SFC修行

[羽田に続き伊丹でも検査可能に]航空券特別対応(変更・取消)と感染症検査まとめ

羽田空港に民間の検査センターが開設されることを機に、ANA・JALの変更/キャンセルについて・国内主要空港での検査体制をまとめました。 どなたでも比較的安価で検査が受けられ、航空券の変更も容易なので、安心して修行に挑めます。
SFC修行

ANA 国際線燃油サーチャージ 2021年8月/9月分

2021年6月/7月から復活の国際線燃油サーチャージが発表されました。 前回と同額が継続されました。 来年の夏休みシーズンをカバーするので明るい兆候も感じられます。 ANAのサーチャージ算出基準も含めて解説します。
JGC修行

JAL 国際線燃油サーチャージ 2021年8月/9月分

2021年8月/8月のJAL国際線燃油サーチャージが発表されました。 海外渡航ハードルはまだ高いままにも関わらず、サーチャージは前回から継続されます。 ですがキャンセルポリシー緩和もあり来年の夏休みシーズンの搭乗に使えます。 JALのサーチャージ算出基準も含めて解説します。
SFC修行

ANA 国際線燃油サーチャージ 2021年6月/7月分

2021年6月/7月の国際線燃油サーチャージが発表されました。 とうとう適用なしの時代が終わりました。 海外渡航は難しい状況ですが、来年のGWをカバーする5月いっぱい(適用なし)の発券でサーチャージは回避できます。 ANAのサーチャージ算出基準も含めて解説します。
JGC修行

JAL 国際線燃油サーチャージ 2021年6月/7月分

2021年6月/7月のJAL国際線燃油サーチャージが発表されました。 海外渡航ハードルは高いままにも関わらず、サーチャージもがハードルを上げてきました。 ですがキャンセルポリシー緩和もあり来年の年末年始の搭乗に使えそうです。 JALのサーチャージ算出基準も含めて解説します。
SFC修行

ANA 国際線燃油サーチャージ 2021年4月/5月分

2021年4月/5月の国際線燃油サーチャージが発表されました。 前回に引き続き「適用なし」ですが相変わらず海外渡航は難しい状況です。来年のGWをカバーする発券期間なので長いスパンの計画で活用できます。 ANAのサーチャージ算出基準も含めて解説します。
JGC修行

JAL 国際線燃油サーチャージ 2021年4月/5月分

2021年2月/3月のJAL国際線燃油サーチャージが発表されました。 6月発券分から引き続き「適用なし」です。海外渡航ハードルは高いままですが、キャンセルポリシー緩和もあり来年の年末年始の搭乗に使えそうです。 JALのサーチャージ算出基準も含めて解説します。
スポンサーリンク