[JGC修行]JALファーストクラス札幌発着で日帰り10,000FOP獲得

日帰りJGC FOP修行 札幌-沖縄 ファーストクラス

札幌(新千歳)発着で日帰り約10,000FOPを獲得可能なルートを紹介します。
1日で大量のFOPを獲得する為に今回はファーストクラス利用し、札幌(新千歳)から沖縄(那覇)への日帰り往復フライトします。
運賃カテゴリーによる獲得FOPやFOP単価の比較もします。

スポンサーリンク

ルート

ANAにはあってJALには無い札幌(新千歳)から沖縄(那覇)までの直行便が羨ましい反面、どこかで乗り継いで行く必要があるということは遠回り効果でFOPをより多く積算できるメリットが修行僧には嬉しい点。
本記事では一撃のFOP数を重視しているのでファーストクラスを利用します。
JALのファーストクラス設定路線は主要幹線にしか設定されていないので、札幌(新千歳)も沖縄(那覇)もそれぞれ東京(羽田)便を使わざるを得ず、必然的に東京(羽田)経由のみとなり、札幌(新千歳)-東京(羽田)-沖縄(那覇)のルートとなります。

OKA-HND-CTS
Great Circle Mapper

フライト

それではフライトの詳細を見ていきます。

 便名機材出発到着座席
1JAL502359札幌(新千歳)8:50東京(羽田)10:30ファーストクラス
2JAL913767東京(羽田)10:55沖縄(那覇)13:45ファーストクラス
3JAL916777沖縄(那覇)17:25東京(羽田)19:45ファーストクラス
4JAL531359東京(羽田)20:40札幌(新千歳)22:10ファーストクラス

スタートとなる1レグ目は、札幌(新千歳)発JAL502便にて東京(羽田)に向かいます。
朝早くから空港に向かいダイヤモンド・プレミア・ラウンジで寛ぐも吉、ゆっくり自宅で過ごしてからタイミングよく向かうも吉です。
機材はA350-900(359)のJALの最新機材の最新座席で快適です。
フライト時間は1時間40分ですので、機内での食事も楽しむにも充分な時間といえます。
東京(羽田)には10:30到着となり東京(羽田)での乗継時間は最低乗継時間となる25分ですので、すぐに沖縄(那覇)行きの便に搭乗となり、ラウンジに立ち寄るのは厳しい時間です。

2レグ目となる、沖縄(那覇)行きは東京(羽田)10:55発のJAL913便、機材は767-300(767)です。
フライト時間は2時間50分もありますので、ファーストクラスのゆったりとした座席と食事をたっぷりのフライト時間で楽しめます。
中央に1席だけ鎮座する「ぼっちファースト」がソーシャルディスタンスも確保でき、独特の空間を楽しめます。
沖縄(那覇)には13:45到着となります。

沖縄(那覇)での滞在時間は3時間40分もありますので、ゆいレールで中心部へ向かいプチ観光も可能ですし、ダイヤモンド・プレミアラウンジも存分に堪能できますので、ゆっくりと至福の時間を過ごすのもありでしょう。

観光やラウンジでの至福の時間を過ごした後、3レグ目となる東京(羽田)行きは17:25発JAL916便です。
機材はB777-200(777)と本日3種類目の機材となります。
2時間20分のフライトを経て東京(羽田)には19:45に到着します。

B777に関しては日本時間2/21日に発生したユナイテッド航空328便のエンジントラブルを受け、この記事作成時点で同型機の飛行が制限されています。
機材が変更になったり、場合によってはファーストクラス設定の無い機材への変更など可能性があります。

東京(羽田)での乗継時間は55分ですので、駆け足とはなりますが羽田でもダイヤモンド・プレミア ラウンジを味わうことが可能かと思われます。

本日のラストフライトとなる4レグ目は20:40発のJAL531便で札幌(新千歳)行きです。
最後の機材は1レグ目と同じ、まだまだ新しさを感じられる359となります。
フライト時間が1時間30分で札幌(新千歳)に22:10に到着し、この旅程全てが終了となります。

運賃・FOP

今回のルートではすべての便でファーストクラスを利用しますが、普通運賃やビジネスきっぷ・往復割引(運賃1)の他に特別乗継割引(運賃2)での予約が可能となっています。
今回はこの運賃1と運賃2の運賃カテゴリーの違いも考える必要があります。

下記の運賃は2021年5月18日(火)搭乗の金額です。

運賃1[ビジネスきっぷ]

今回は運賃1の中で一番安価なビジネスきっぷを利用します。
JALビジネスきっぷは有効期間内に同一路線を2回(往復利用もしくは同一方向2回)搭乗される場合に利用可能です。

 便名座席運賃カテゴリーFOP基本区間マイル付与マイル※運賃FOP単価
1JAL502ファーストクラス運賃11,930510956¥41,46021.48
2JAL913ファーストクラス運賃13,3529841,845¥49,86014.87
3JAL916ファーストクラス運賃13,3529841,845¥49,86014.87
4JAL531ファーストクラス運賃11,930510956¥41,46021.48
合計   10,564 5,602¥182,64017.29
※ 付与マイル数は、JALカードCLUB-A保有・ステータス無しの場合

合計運賃 182,640
獲得FOP 10564
FOP単価 17.29

獲得FOPは10,000超となる大量のFOPを獲得できますが、FOP単価が17円台となり、やはり運賃もFOPもファーストクラスの凄さを実感させられる旅程です。

運賃2[特別乗継割引]

特別乗継割引は特定の路線(2区間)を同一日中、同一空港で乗り継ぐ場合に利用することが可能で、2区間を一括での予約が必須となります。

 便名座席運賃カテゴリーFOP基本区間マイル付与マイル※運賃FOP単価
1JAL502ファーストクラス運賃21,730510956¥34,96020.21
2JAL913ファーストクラス運賃23,1529841,845¥40,51012.85
3JAL916ファーストクラス運賃23,1529841,845¥40,51012.85
4JAL531ファーストクラス運賃21,730510956¥34,96020.21
合計   9,764 5,602¥150,94015.46
※ 付与マイル数は、JALカードCLUB-A保有・ステータス無しの場合

合計運賃 150,940
獲得FOP 9,764
FOP単価 15.46

特別乗継割引を利用すると、獲得FOPは10,000を少々下回ってしまいましたが、FOP単価は15円台と一気に改善します。

スポンサーリンク

まとめ

札幌(新千歳)発着でファーストクラスを利用し約10,000FOPを獲得するルートを紹介しました。

1日4レグを全てファーストクラスでの搭乗となる為、非常に優雅な修行旅程であり、修行という言葉に偽りすら感じさせます。
しかし、大量ポイントを一気にかき集めるというのもある意味ストイックであり、修行らしいとも言えそうです。

ビジネスきっぷ(運賃1)は10,000FOPを超える大量のFOPを獲得できますが、運賃が非常に高額となります。
特別乗継割引(運賃2)は獲得FOPが運賃1よりも、800FOP(1フライトあたり200FOP)少なくなってしまい9,000ポイント台とはなってしまいますが、FOP単価を1.83円も改善することが出来ます。

この旅程は札幌(新千歳)発着ですが、朝08:50発に間に合う様に(場合によっては前日入り?)新千歳入りできれば全国各地からこの旅程を再現する事ができます。

この特別乗継割引は利用可能な路線も限られており、普通席やクラスJではFOP単価の効率が悪くJGC修行僧にはあまり利用することのない運賃カテゴリーなのですが、一転してファーストクラス利用時になるとFOP単価の改善が見られる運賃カテゴリーとなり得るので、JGC修行で利用可能な路線を搭乗する際には検討に値する運賃カテゴリーといえます。
贅沢なフライトを納得のいくFOP単価で活用できるのであれば、JGC修行も華のある嗜みかもしれません。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント