スポンサーリンク
オススメルート

1日10レグ鹿児島発着セルフホッピングJAL集中搭乗[JGC修行]

1日10レグ搭乗可能な鹿児島発着セルフホッピングによるJGC回数修行の方法を紹介します。 このルートの一部を利用することで、日帰りで東京(羽田)発着なら11レグ・伊丹発着でも9レグ可能で応用力の強力なオススメルートです。
オススメルート

1日10レグ札幌(新千歳)発着セルフホッピングJAL集中搭乗[JGC修行]

札幌(新千歳)発着で1日の搭乗回数として恐らく最多、10レグ搭乗可能なセルフホッピングJGC回数修行の旅程です。 青い海を眺めるJAL公式アイランドホッピングと違い雪景色を眺める北日本でのホッピングは、公式を超える搭乗回数と便単価の安さはオススメです。
SFC修行

ANA 国際線燃油サーチャージ 2021年2月/3月分

2021年2月/3月の国際線燃油サーチャージが発表されました。 前回に引き続き「適用なし」ですが相変わらず海外渡航は難しい状況です。来年の年末年始を越える期間なので長いスパンの計画で活用できます。 ANAのサーチャージ算出基準も含めて解説します。
JGC修行

JAL 国際線燃油サーチャージ 2021年2月/3月分

2021年2月/3月のJAL国際線燃油サーチャージが発表されました。 6月発券分から引き続き「適用なし」です。海外渡航ハードルは高いままですが、キャンセルポリシー緩和もあり来年の年末年始の搭乗に使えそうです。 JALのサーチャージ算出基準も含めて解説します。
オススメルート

1日12レグ沖縄(那覇)発着セルフホッピングJAL集中搭乗[JGC修行]

1日12レグ搭乗可能な沖縄(那覇)発着セルフホッピングによるJGC回数修行の方法を紹介します。 JAL公式アイランドホッピングを上回る搭乗回数に、下回る1便あたりの運賃。 良いこと尽くめのフライトプランですが体力勝負の様相です。
回数修行

JGC回数修行 JAL公式ツアーvsセルフホッピング修行 概要

JAL回数修行に有用なホッピング修行について、公式のアイランドホッピングの詳細や、自ら組み上げるセルフホッピング修行の組み方を解説します。 最短・最安も狙えるセルフなら、南の島だけでなく雪国を巡るなどバリエーション豊かに楽しみながら修行可能です。
オススメルート

沖縄(那覇)発着1日10レグJAL1日集中搭乗[JGC修行]

複合技で1日10レグ搭乗可能な沖縄(那覇)発着-久米島/宮古を紹介します。 1レグあたり5,720円で合計費用が約28万円台、5日での解脱可能な方法も記載しています。 回数修行でサファイア獲得条件の15,000FOPの獲得手法も説明しています。
オススメルート

沖縄(那覇)-石垣1日8レグJAL1日集中搭乗[JGC修行]

1日8レグ搭乗可能な沖縄(那覇)-石垣を紹介します。 1レグあたり6,378円合計費用が約34万円、たった7日での解脱可能な方法も記載しています。 回数修行でサファイア獲得の条件である15,000FOPも先得のみの搭乗で獲得可能です。
オススメルート

大阪(伊丹)-宮崎1日8レグJAL1日集中搭乗[JGC修行]

1日8レグ搭乗可能な大阪(伊丹)-宮崎を紹介します。 必要日数7日、費用約40万円で解脱可能な方法も記載しています。 回数修行でサファイア獲得の条件である15,000FOPもJALカード会員ならば先得のみの搭乗で獲得可能です。
オススメルート

沖縄(那覇)-宮古1日8レグJAL1日集中搭乗[JGC修行]

1日8レグ搭乗可能な沖縄(那覇)-宮古を紹介します。 30万円以下かつ1週間という短期間での解脱可能な方法も記載しています。 JALカード会員ならば先得のみの搭乗でも、回数修行でサファイア獲得の条件である15,000FOPも獲得可能です。
スポンサーリンク