[SFC修行]VALUE TRANSIT 羽田ー那覇ー石垣日帰り単価6.6で往復

石垣空港

東京(羽田)発着かつ複合予約不要でSFC修行の初心者にオススメ路線として東京(羽田)沖縄(那覇)-石垣往復をピックアップ。
この路線はVALUE TRANSIT28(6月搭乗分)の羽田空港発着便で最良のPP単価を得られる路線で日帰りも可能です。
VALUE TRANSIT28を行き帰りでそれぞれ予約するだけで難しい複合予約もいらず初心者にも敷居が低く、逆に上級者にとっても旅程全体がコンパクトな時間で完結するこのフライトは他のフライトと組み合わせて効率を爆上げすることもできそうです。

ルート (HND-OKA-ISG)

HND-OKA-ISG
Great Circle Mapper

今回紹介するこのルートを含め6月搭乗分のVALUE TRANSIT28については以下の記事でまとめてあります。
こちらも併せてご一読ください。

今回のルートは、6月搭乗分東京(羽田)発着VALUE TRANSIT28では最良PP単価、
東京(羽田)-沖縄(那覇)-石垣を往復利用するルートを考えます。
羽田拠点のSFC修行僧にとってこのルートは複数の予約を組み合わせることなく単体で完結できることが強みです。
宿泊を伴わず日帰りすることも可能で、それでいてPP単価6.6円(日帰り)〜7.0円(一泊)で東京(羽田)-石垣の直行便より優れたPP単価を叩き出します。

VALUE TRANSIT28の詳細は以下の記事でまとめてあります。ご一読ください。

フライト構成


まず東京(羽田)発着日帰りでルーティングします。
しかも14:30発ですのでゆっくりランチの後でも間に合う余裕の時間帯です。
ワイドボディの大型機B777-300で2時間40分のフライトは広々とした空間も相まってストレスの少ないフライトとなるでしょう。

那覇空港で50分の乗継の後、ソラシド運行のコードシェア便で石垣に向かいます。
こちらは174席仕様のB737-800です。ソラシドの機材ですので普段見慣れたANAとは雰囲気の異なるポップな室内を感じつつ、ちょうど1時間のフライトです。

石垣空港での乗継時間は35分ですので観光は不可能、空港でお土産を購入するなどが精一杯でしょう。
ただしおそらく機材も折返しでしょうから、万が一到着遅延に見舞われても次の出発も芋づる式に遅延してしまうので乗り遅れの心配は必要なさそうです。

その折返し、石垣-沖縄(那覇)は乗って来た機材に乗り込むことになるので、SFC修行僧が言うところの「苦行」を味わうことができます。
苦行とは、同一機材に折返しで搭乗することで生じる恥ずかしい状況(同一クルーと再会する気まずさに耐える行為を言います。
それを楽しいと感じるか、はたまた恥ずかしいと感じるかは人それぞれですが。。。

55分のフライトを終え那覇空港に到着したら最後の東京行きです。
35分の乗継時間を経て最後のフライトで東京(羽田)へのフライトに挑みます。
機材は直前まで乗って来たのと同様B737-800ですが今度はANA仕様(167席プレミアムクラス8席含)です。
ANA仕様とソラシド仕様の機材の違い・サービスの違いを楽しみつつ帰路につきます。

 便名機材出発到着運賃種別※
1475773東京(羽田)14:30沖縄(那覇)17:10VT
2244973L沖縄(那覇)18:00石垣19:00
3245073L石垣19:35沖縄(那覇)20:30VT
4478738沖縄(那覇)21:05東京(羽田)23:30

※運賃種別欄 SV=SUPER VALUE VT=VALUE TRANSIT

マイル・プレミアムポイント

 出発到着PP基本区間マイル 付与マイル※
1東京(羽田)沖縄(那覇)1,676984922
2沖縄(那覇)石垣570247231
3石垣沖縄(那覇)570247231
4沖縄(那覇)東京(羽田)1,676984922
 合計4,4922,4622,306

※付与マイル数は、ANAワイドゴールドカード保有・ステータス無しの場合

この1セットで4,492PPの獲得となります。
午後からの日帰りで気楽に5,000弱のPPを得られるのが魅力と言えます。

予約実例

今回は6月中旬の平日火曜日(6/16)でルーティングしました。
以下の予約・運賃等は2020年4月15日時点の情報です。

ANA20200616-HND-OKA-ISG
ANA HPより

獲得PP合計4,492ポイント 合計運賃31,460となり、この行程全体でのPP単価は7.00円とかなり良好なパフォーマンスと言えます。

6月の搭乗ですのでPP2倍キャンペーンの恩恵でPP単価3.5円という破壊力です。
ただしこの時節柄、欠航等も予想されるので慎重な判断が必要です。

一泊の場合

ここまで、日帰りに拘ってスケジューリングして来ましたが、宿泊可能な場合下記のルートでさらに安価での往復が可能です。

 便名機材出発到着運賃種別※
1477789東京(羽田)15:40沖縄(那覇)18:15VT
21781738沖縄(那覇)19:30石垣20:25
石垣泊
31762738石垣8:05沖縄(那覇)9:05VT
499478P沖縄(那覇)10:00東京(羽田)12:25

※運賃種別欄 SV=SUPER VALUE VT=VALUE TRANSIT

ANA20200616-17-HND-OKA-ISG
ANA HPより

日帰り日程では使うことができなかった、より低価格な時間帯の便が利用できるので、より一層のPP単価を引き出すことができるのです。
運賃が¥29,660まで下がるのでPP単価は驚異の6.6(キャンペーン適用でPP単価3.3円)となります。

ただし差額は1,800円でしかありませんから、宿泊費を考えると修行総費用の観点では厳しいかもしれません。
なので、もう一泊追加して石垣島観光を楽しむことをプラスして、自らの修行に潤いを与えるのも良い考えかもしれません。

直行便との比較

直行便を利用した場合はどうでしょうか。
以下は6月最安の直行便です。

 便名機材出発到着運賃種別※
18976P東京(羽田)14:30石垣17:10VT
29076P石垣18:00東京(羽田)19:00

※運賃種別欄 SV=SUPER VALUE VT=VALUE TRANSIT

 出発到着PP基本区間マイル 付与マイル※
1東京(羽田)石垣1,8361,2241,147
2石垣東京(羽田)1,8361,2241,147
 合計3,6722,4482,294

※付与マイル数は、ANAワイドゴールドカード保有・ステータス無しの場合

ANA20200630-HND-ISG
ANA HPより

往復の運賃合計は36,580円(往路¥17,890・復路¥18,690)で、PP単価9.96円と強烈に悪化してしまいます。
直行便のメリットである時間の余裕も、最安の便でと考えると折返しの乗継時間が50分ですので、VALUE TRANSITを利用した場合と比較して観光できるほどのアドバンテージはありません。

まとめ

直行便と比較して、獲得PPで820ポイント増加・運賃も5,000円程度安くメリットしか感じないくらいの東京(羽田)-沖縄(那覇)-石垣
機材面でも多種多様な機材・運行会社になり比較しながらのフライトも楽しいものです。

第1レグの出発時刻が14:30なので、早起きが苦手な方・午前中仕事をこなすなど午後半休の方などに非常にオススメです。
1日でより多くのPPを稼ぎたい場合はこの乗継のセットの前に直行便で羽田ー石垣、もしくは羽田ー那覇往復が可能だったりします。
そういった意味でもとてもフレキシブルで、VALUE TRANSIT28だけの予約は複数のフライトを組み合わせる必要もなく、単純に往路・復路を予約すれば良いだけですので初心者にも安心の使い易い修行行程と言えます。

東京発着でカジュアルかつフレキシブルな旅程を良好なPP単価で実現できるこのルートは修行初心者から熟練のステータスホルダーまで万人にオススメの鉄板路線と言えるでしょう。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント