[SFC修行]PP単価5.49の庄内-羽田-那覇 一泊でVT28を使いこなす

庄内-羽田-那覇_一泊

7月搭乗分バリュートランジット28にて堂々の第1位に輝いた庄内-東京(羽田)-沖縄(那覇)を、どうにかして活用したい。そんなSFC修行僧も多いのではないでしょうか。
そこで今回、全国各地からの接続を念頭に修行ルートを組み立てます。

7月搭乗分のバリュートランジット28PP単価ベスト100については以下の記事をどうぞ。

庄内-東京(羽田)-沖縄(那覇)VALUE TRANSIT28

庄内ー羽田ー那覇
Great Circle Mapper

PP単価No1の庄内-東京(羽田)-沖縄(那覇)は以下の通りです。

 便名機材出発到着PP基本区間マイル付与マイル※1運賃種別※2
1398321庄内12:50東京(羽田)13:55527218293VT
2475773東京(羽田)14:30沖縄(那覇)17:051,676984922VT
※1 付与マイル数は、ANAワイドゴールドカード保有・ステータス無しの場合
※2 運賃種別欄 SV=SUPER VALUE VT=VALUE TRANSIT

庄内をお昼過ぎに出発しA321で約1時間、東京(羽田)での乗継時間は35分とややタイトですが、東京(羽田)-沖縄(那覇)間は余裕ある大型機B777-300です。

そしてその逆行のルートは7月搭乗分PP単価6位と往復ともに良好なPP単価が得られます。
スケジュール・機材は以下の通りです。

 便名機材出発到着PP基本区間マイル付与マイル※1運賃種別※2
3460772沖縄(那覇)8:00東京(羽田)10:201,676984922VT
4395321東京(羽田)11:05庄内12:05527218293VT
※1 付与マイル数は、ANAワイドゴールドカード保有・ステータス無しの場合
※2 運賃種別欄 SV=SUPER VALUE VT=VALUE TRANSIT

沖縄(那覇)を朝8時に出発の機材は大型機のB777-200ですので、フライト時間の長い那覇-羽田のフライトでも心強いものがあります。
東京(羽田)での乗継時間は45分と、こちらも広大な羽田空港としてはややタイトな時間です。
その後ぴったり1時間のフライトはA321です。

本記事の予約・運賃等は以下全て2020年5月7日時点の情報です。

ANA20200704-OKA-HND-SYO
ANA HPより

往復合計でのチケット代金は26,300円、獲得PP合計は4,406ですのでPP単価5.97円と、往復併せても5円台を守り切り、堂々たる迫力です。
ただしこの7月4日に出てくる運賃は他の日程では出てこない運賃ですので、以下に説明する全国主要空港からの接続も、これを前提に検討します。
正直言ってこれほど沖縄や山形の方が恵まれた環境なのは羨ましい限りです。
沖縄(那覇)スタートとなっている理由は以下で説明します。

各主要空港からの接続

せっかくの優良ルートを庄内と那覇に住んでいなければ利用できないのではあまりに痒過ぎます。
と言うことで、全国の各主要空港から上記ルートに接続するルートを構築してみます。
(当ブログに於ける全国主要空港の定義は札幌/新千歳・東京/羽田・名古屋/中部・大阪/伊丹-関西-神戸・福岡です)

庄内・沖縄(那覇)のどちらからスタートしてもPP単価に変化はないのですが、スタート地点までのアクセスには雲泥の差があります。
各地から庄内空港へ接続しようにも直行便は羽田からしかなく、PP単価も全く褒められたものではありません。
一泊の前提でこの便の往復利用を各空港から効率的に利用する為には、沖縄(那覇)をスタート地と定めて組み立てるのがミソです。
先程の表のフライト番号で3-4-1-2の順の搭乗になります。
庄内着発の乗継の45分で完全に庄内タッチ、各乗継時間が全て40分前後となかなか忙しい感じは修行らしさ満点の旅程と言えます。

各主要空港から沖縄(那覇)8:00発に間に合わす為には那覇で前泊です。
美味しい料理やお酒など夏の沖縄の雰囲気に包まれながら翌日への鋭気を養います。

前日金曜日は仕事終わりでも可能になるであろう19:00以降出発で沖縄(那覇)に向かう便を検索してみました。

札幌(新千歳)

残念なことに札幌(新千歳)から19時以降に沖縄(那覇)行きの便の設定はありません。
そもそも新千歳空港は札幌中心部からはそれなりに時間も掛かるので仕事終わりで向かうのには無理があるのでしょう。

往路

開き直って直行便を検索しますと、10:50発が23,690円でPP単価11.31円のANA1712便があります。
最終便はバリュートランジットを利用した17:30発羽田経由でしたが、最も安いバリュートランジット28は記事作成時点で既に満席でした。
最良PP単価はバリュートランジット28運賃の10:45発関西経由があります。
18,970円でPP単価は7.57円と優秀なので、札幌(新千歳)-沖縄(那覇)間の最優良PP単価であるこのルートを選択します。

ANA20200703-CTS-KIX-OKA
ANA HPより

金曜日朝からの活動開始となってしますのは甚だ残念なところですが、本番の庄内行き搭乗の前日夕方に那覇入りできるので、那覇市内で花の金曜日を存分に楽しめそうです。

復路

土曜日、庄内からまさにタッチで折り返し東京(羽田)を経由して沖縄(那覇)到着は17:05です。
その時間から札幌(新千歳)までリーチできるのは、バリュートランジット28の17:35発関西経由が29,770円、PP単価11.87があります。
または、同じくVT28で18:00発羽田経由が29,570円、PP単価11.20が手配可能です。
PP単価には人一倍敏感なSFC修行僧ですから、迷うことなく最良PP単価の18:00発を選択です。

ANA20200704-OKA-HND-CTS
ANA HPより

那覇での滞在時間は55分ですので軽く夕食を済ますことも不可能ではありません。
もしくは、東京(羽田)での乗継時間も1時間ですから、羽田空港内での夕食と言うパターンも考えることができます。

札幌(新千歳)発着 まとめ

全工程は以下の通り、一泊二日で8レグの堂々たるものです。

 便名機材出発到着PP基本区間マイル付与マイル※1運賃種別※2
11712738札幌(新千歳)10:45大阪(関西)12:551,199666623VT
21737738大阪(関西)14:50沖縄(那覇)16:551,308739692VT
那覇泊
3460772沖縄(那覇)8:00東京(羽田)10:201,676984922VT
4395321東京(羽田)11:05庄内12:05527218293VT
5398321庄内12:50東京(羽田)13:55527218293VT
6475773東京(羽田)14:30沖縄(那覇)17:051,676984922VT
7474773沖縄(那覇)18:00東京(羽田)20:301,676984922VT
8474373D東京(羽田)21:30札幌(新千歳)23:05965510477VT
合計      9,554 5,144 
※1 付与マイル数は、ANAワイドゴールドカード保有・ステータス無しの場合
※2 運賃種別欄 SV=SUPER VALUE VT=VALUE TRANSIT

合計運賃 74,840
獲得PP 9,554
PP単価 7.83

沖縄(那覇)-札幌(新千歳)のPP単価が11円台と厳しいものですが、他の7便の強烈に良好なPP単価のおかげで全体でも7円台と、なかなか素晴らしいと言えます。

東京(羽田)

設定便数で日本最大の東京(羽田)はやはりどこへ行くにもアクセスの良さを感じます。
今回のテーマである「仕事終わりから活動開始」の条件も余裕でクリアできます。

往路

仕事終わりでもさほど慌てることなく羽田空港に向かえる20:00発の沖縄(那覇)行きが15,210円・PP単価10.30円で手配できます。
もしこの日程で最良PP単価を狙うなら15:40発に9,310円の最安値が出て、PP単価も6.31円があります。

ANA20200703b-HND-OKA
ANA HPより

これは素晴らしいので午後半休など取得できればぜひ上のANA477便を利用したいものです。ですが今回のテーマ“19時以降”を守り20:00発を選択します。

ANA20200703-HND-OKA
ANA HPより

スーパーバリューでB777-200に搭乗と何の不満もないのですが、先ほどの便のPP単価を見てしまうと霞むモノがあります。

復路

17:05那覇到着からの時間帯で東京(羽田)へ帰還可能なのは18:00発と19:00発が17,310円でPP単価は11.73円、20:35発と21:00発が14,610円でPP単価は9.90円です。
最良PP単価の20:35発と21:00発はどちらを選択してもPP単価には影響はなく、夕食を摂る時間も充分の乗継時間ですので今回は羽田早着を狙い20:35発を選択しています。

ANA20200704-OKA-HND
ANA HPより

締め括りの便は快適機内空間のB787-9です。
東京(羽田)23:00着であればそれなりの範囲で終電も残っているでしょう。

東京(羽田)発着 まとめ

全工程は以下の通り、一泊二日の6レグで、先述の札幌(新千歳)発着と比べるとライトな修行です。

 便名機材出発到着PP基本区間マイル付与マイル※1運賃種別※2
1479772東京(羽田)20:00沖縄(那覇)22:301,476984922SV
那覇泊
2460772沖縄(那覇)8:00東京(羽田)10:201,676984922VT
3395321東京(羽田)11:05庄内12:05527218293VT
4398321庄内12:50東京(羽田)13:55527218293VT
5475773東京(羽田)14:30沖縄(那覇)17:051,676984922VT
61098789沖縄(那覇)20:35東京(羽田)23:001,476984922SV
合計      7,358 4,274 
※1 付与マイル数は、ANAワイドゴールドカード保有・ステータス無しの場合
※2 運賃種別欄 SV=SUPER VALUE VT=VALUE TRANSIT

合計運賃 56,120
獲得 PP7,358
PP単価 7.63

もし、第1レグを9,310円の15:40発で手配していればトータルPP単価は6.83円となるので、時間の都合を付けられるなら積極的に利用したいところです。
東京(羽田)は全国各地へのアクセスが良い反面、直行で行けてしまうのでレグ数が少なめです。
しかし、豊富な設定便の中から良好なPP単価の便を狙いやすいともいえ、やはり修行しやすい環境と言えます。

名古屋(中部)

国内線修行に於いて不遇の名古屋(中部)からもこのルートに接続するとそれなりのPP単価を狙えます。

往路

いきなりですが19:00以降の便はありません。
最終便はバリュートランジット28福岡経由です。
18:00発が18,880円でPP単価10.69円で、最もPP単価がよくかつ名古屋(中部)発の中で最も遅い出発です。
他に選択肢がないので18:00発を選択します。

まずは黒くてカッコいいスターフライヤー(SFJ)のA320です。
名古屋(中部)発では名物とも言えるB737-800がありますが、同程度の機体サイズにも関わらずSFJのA320は150席仕様となり足元ほ非常にゆとりがあり、国内線普通席としては最強の座席仕様を楽しめます。
福岡で55分待ち、ここからまたしてもB737-800が現れます。名古屋から離れてもB737-800に搭乗とは、名古屋発着の人は限りなくB737-800に愛されているとしか思えないような感動の再会です。

ANA20200703-NGO-FUK-OKA
ANA HPより

那覇到着が21:55ですので、翌日に備え早めに休むも良し那覇市内で楽しむのもアリな時間です。

復路

那覇空港17:05着から名古屋(中部)へ帰還可能な便は、19:35発の直行便が15,960円でPP単価13.16円、バリュートランジット28福岡経由の17:50発が18,680円でPP単価10.58円です。
金額では直行便ですが、そこはやはり最良PP単価を狙いましょう。迷わず17:50発です。

ANA20200704-OKA-FUK-NGO
ANA HPより

往路同様でANAのB737-800とSFJのA320で、疲れが溜まってきた最終レグにゆとりある仕様なのは嬉しい限りです。
名古屋(中部)到着が21:30と遅過ぎないのも嬉しいポイントです。

名古屋(中部)発着 まとめ

全工程は以下の通り、一泊二日の8レグで、全てバリュートランジットでの発券となり奥ゆかしい修行ルートです。

 便名機材出発到着PP基本区間マイル付与マイル※1運賃種別※2
13869320名古屋(中部)18:00福岡19:25761374350VT
21215738福岡19:25沖縄(那覇)21:551,005537502VT
那覇泊
3460772沖縄(那覇)8:00東京(羽田)10:201,676984922VT
4395321東京(羽田)11:05庄内12:05527218293VT
5398321庄内12:50東京(羽田)13:55527218293VT
6475773東京(羽田)14:30沖縄(那覇)17:051,676984922VT
71082738沖縄(那覇)17:50福岡19:351,005537502VT
83868320福岡20:10名古屋(中部)21:30761374350VT
合計      7,938 4,134 
※1 付与マイル数は、ANAワイドゴールドカード保有・ステータス無しの場合
※2 運賃種別欄 SV=SUPER VALUE VT=VALUE TRANSIT

合計運賃 63,860
獲得 PP7,938
PP単価 8.04

全てバリュートランジットでの発券と、当ブログとしては嬉しい悲鳴の上がる垂涎のルートですが、そこは名古屋。PP単価は褒められたものではありません。
それでも名古屋(中部)発での国内線修行と言う観点で見るならばボチボチではないでしょうか。

大阪圏3空港(伊丹・関西・神戸)

地図を眺めると立地面で名古屋と似た印象のある大阪圏ですが、周辺から3空港が選択可能な点は修行ルート構築においてもやはりアドバンテージです。

往路

仕事終わり19時以降出発のテーマで便を探すと、関西20:10発が12,960円でPP単価11.70円で手配できます。

ANA20200703-KIX-OKA
ANA HPより

ちなみに最良PP単価は以下の神戸13:40発が6,920円と激安です。

ANA20200703-UKB-OKA
ANA HPより

PP単価も6.25円と、有給休暇を消費してでもこちらを選びたい衝動に駆られますが、今回のテーマに反するので涙を呑んで関西20:10発を選択します。

復路

17:05沖縄(那覇)到着から大阪圏へ帰還可能なのは関西行が2便あり、17:35発が18,660円でPP単価16.84円、19:55発が15,860円でPP単価14.31円です。
しかしダークホース的に神戸行の20:00発が12,720円でPP単価11.48円と、一気にPP単価を改善します。

ANA20200704-OKA-UKB
ANA HPより

ソラシド運行のB737-800のカジュアルなインテリアと美味しいドリンクに癒されながら帰路に着きます。

大阪圏3空港発着 まとめ

那覇一泊を含む日程で6レグで獲得PPも7,000に届かずと、思ったより小ぶりな修行コースになってしまいました。

 便名機材出発到着PP基本区間マイル付与マイル※1運賃種別※2
11739738大阪(関西)20:10沖縄(那覇)22:101,108739692SV
那覇泊
2460772沖縄(那覇)8:00東京(羽田)10:201,676984922VT
3395321東京(羽田)11:05庄内12:05527218293VT
4398321庄内12:50東京(羽田)13:55527218293VT
5475773東京(羽田)14:30沖縄(那覇)17:051,676984922VT
6243073L沖縄(那覇)20:00大阪(神戸)22:001,108739692SV
合計      6,622 3,814 
※1 付与マイル数は、ANAワイドゴールドカード保有・ステータス無しの場合
※2 運賃種別欄 SV=SUPER VALUE VT=VALUE TRANSIT

合計運賃 54,880
獲得PP 6,622
PP単価 8.29

獲得PP・PP単価とも普通の一言です。
特筆すべき点がない一方、特に悪いこともないとも言えます。
安心・安定のルートを好む向きに適したルートなのかもしれません。
ですが、往路を最安運賃で手配した場合は一気にPP単価が改善し6.98円と6円台に突入とは目を見張るモノがあります。

福岡

主要空港の中では最も沖縄(那覇)が近くPPを大きく確保できなさそうな福岡はどうでしょう。

往路

20:20発が10,430円でPP単価は12.96円と、想像通りなかなか厳しいものがあります。

ANA20200703-FUK-OKA
ANA HPより

ちなみに最良PP単価は他にもあり、15:05発・17:10発・18:30発でも同じ金額で手配できます。
沖縄ナイトライフをガッツリ楽しみたければ仕事を早く片付けてこれらの便を利用する手もあります。

ですがまたしても今回のテーマに則り19時以降出発から20:20発を選択です。

復路

沖縄(那覇)17:05到着から帰還可能な便は17:50発が12,430円でPP単価15.44円、18:50発が12,430円でPP単価15.44円、19:40発が11,930円でPP単価14.82円です。
最良PP単価の便を選択肢19:40発で帰路に着きます。

ANA20200704-OKA-FUK
ANA HPより

特に言うべきことも無い、SFC修行に於いては頻出のB737-800です。
1時間50分のフライトを以てこの修行ルートが完了します。

福岡発着 まとめ

沖縄との近さから、かなりライトな修行コースになります。
一泊と言っても全体の行程で1日ちょっとと所要時間の面で体力的にも楽と言えます。

 便名機材出発到着PP基本区間マイル付与マイル※1運賃種別※2
11215738福岡20:20沖縄(那覇)21:55805537502SV
那覇泊
2460772沖縄(那覇)8:00東京(羽田)10:201,676984922VT
3395321東京(羽田)11:05庄内12:05527218293VT
4398321庄内12:50東京(羽田)13:55527218293VT
5475773東京(羽田)14:30沖縄(那覇)17:051,676984922VT
61216738沖縄(那覇)19:40福岡21:30805537502SV
合計      6,016 3,434 
※1 付与マイル数は、ANAワイドゴールドカード保有・ステータス無しの場合
※2 運賃種別欄 SV=SUPER VALUE VT=VALUE TRANSIT

合計運賃 48,660
獲得PP 6,016
PP単価 8.09

辛うじてPP単価8円を切ることが出来ませんでしたが、丸一日で6,000PPを超える獲得であれば納得もできるところです。

まとめ

全国各地からPP単価No1の沖縄(那覇)-東京(羽田)-庄内へ接続するルートを述べてきました。
全体的に見ると、やはり往復平均PP単価5.97円は凄まじい破壊力で、接続路線のPP単価がたとえ悪くても中和してしまう魔力があることがわかりました。

レグ数合計所要時間合計金額獲得PPPP単価
札幌(新千歳)836時間 20分74,8409,5547.83
東京(羽田)627時間 00分56,1207,3587.63
東京(羽田)最安利用631時間 20分50,2207,3586.83
名古屋(中部)827時間 30分63,8607,9388.04
大阪(伊丹・関西・神戸)625時間 50分54,8806,6228.29
大阪(神戸)最安利用632時間 20分46,2406,6226.98
福岡625時間 10分48,6606,0168.09

札幌(新千歳)と名古屋(中部)からでは合計8レグと、一泊とはいえ充実の詰め込みです。
札幌に関してはもう一点、獲得PPが9,500を超えることも魅力充分です。

PP単価の視点で言うと、札幌(新千歳)と東京(羽田)がよく7円台後半から8円台前半です。
金曜日仕事終わりに始めると言うことでなければ、東京(羽田)と大阪(神戸)が最安値便利用で6円台まで好転するので、時間の都合が付くなら是非とも利用したいレベルといえます。

なかなか国内修行で良いルートが出せない名古屋(中部)は、この魔法のルートを組み入れてやっとPP単価8.0円です。名古屋発着ではかなりイケてると思いますが如何でしょうか。

そして福岡発着はコンパクトなスケジュールが嬉しい点。
福岡空港も市街地中心部と近くアクセスも良好です。
金曜日フラッと沖縄に向かい翌日このルートを辿る手軽な印象が好感が持てます。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント