回数修行

スポンサーリンク
回数修行

[JGC修行]羽田発着で日本列島を横断&縦断 一泊二日で最果てを巡る15フライト

羽田発着でJALグループ就航便のある東西南北4つの端の空港を巡る一泊二日の回数修行向け旅程です。 搭乗回数を稼ぐだけの単純なルートではなく、日本の端を巡りながらの旅程は回数修行を楽しみながらフライト数を稼げるオススメの旅程です。
回数修行

[JGC修業]2泊3日で24フライト!大阪・福岡・鹿児島のどこからでも可能なセルフホッピング旅程

大阪(伊丹)・鹿児島・福岡のどこからでも可能な2泊3日で24フライト可能なセルフホッピング旅程の紹介です。 JGC修行であまり聞くことのない屋久島、沖永良部、隠岐などへのフライトもある非常に珍しい旅程となっています。
回数修行

 [JGC修行]JALダイナミックパッケージの裏技的な使い方

JGC回数修行において自前で航空券を手配するのが常識ですが、通常なら使い勝手の悪いダイナミックパッケージを旅程の一部で置き換えて組み直すと、修行総費用を縮小できる場合があります。 その具体的な組み方を以前紹介した旅程をも元に解説します。
回数修行

[JGC修行]4つの離島を4種の機材で巡る日帰り10フライト(羽田発着)

羽田発着で鹿児島の4つの離島を4種類の機材で巡るセルフホッピングのルートです。 ほとんどの乗継時間は短時間で厳しい旅程ですが、日帰りで10フライトと一気にフライト数を稼ぎたい方にはオススメの旅程です。 土日2日間で繰り返せば一気に20レグです。
回数修行

[JGC修行]JALで首都圏へ飛行機通勤、ついでに回数修業

JGCの回数修行での新しい手法となり得る、飛行機通勤JGC修行が可能な大阪(関西)-東京(羽田)を紹介します。 関西空港は、7時台に羽田に到着可能な便があり、しかも空港直結はホテルも併設されており、非常に利便性の高い路線となります。
回数修行

[JGC回数修行]羽田発着セルフホッピング(丘珠)日帰り8レグ・一泊18レグ・二泊なら28レグ!

東京(羽田)発着の日帰りで8レグ、一泊二日で18レグ(二泊なら28レグ!)可能な2021年JGC回数修行の方法を紹介します。 丘珠発着の北海道セルフホッピングルートに接続する事で一気に大量のフライト数を稼ぐ事が可能となります。
回数修行

[JGC修業]北海道セルフホッピング丘珠Ver.最大1日10レグ

丘珠発着の1日で8〜10レグ可能なセルフホッピング旅程の紹介です。 JGC獲得を回数修行で狙っている方には一気にフライト数を稼ぐ事が可能なうえに、1フライトあたり7,000円台で可能な非常に優秀な旅程となっています。
回数修行

[JGC修行]羽田発着日帰り10レグ搭乗セルフホッピングルート

JAL公式アイランドホッピングには設定の無い羽田発着の日帰りで10フライトしながら7つの島を巡るセルフホッピングのルートです。 乗継時間が短く厳しい旅程ですが、日帰りで10フライトと一気にフライト数を稼ぎたい方にはオススメです。
回数修行

[JAL回数修行]青森・秋田発着で午前中完了の朝活JGC往復フライト

東北地方の青森・秋田発着で午前中に往復可能な朝活JGCフライトの2路線を紹介します。 青森・秋田の両路線とも東京(羽田)路線となります。 比較的土日が安価ですので、週末の朝活フライトで活用してはいかがでしょうか。
回数修行

[JAL回数修行]釧路・函館発着で午前中完了の朝活JGC往復フライト

釧路・函館発着で午前中に往復可能な朝活JGCフライトの2路線を紹介します。 釧路-丘珠は往復で異なる機材が体験できる路線です。 函館-丘珠はFOP単価7.98円で解脱可能な優秀な路線となっています。
回数修行

[JAL回数修行]名古屋発着で午前中完了の朝活JGC往復フライト

中部・小牧発着で午前中に往復可能な朝活JGCフライトの5路線を紹介します。 往復フライト後、高知路線ならば名古屋駅に11:00に戻ってくる事が可能です。 中部-成田は国内線にもかかわらず国際線機材を味わうことも出来ます。
回数修行

[JAL回数修行]那覇発着(9時台着まで)の朝活JGC往復フライト

沖縄(那覇)発着でAM10時までに1往復可能な朝活JGCフライトの3路線を紹介します。 往復フライト後、久米島路線ならば10時頃、宮古・石垣路線なら10時半頃に県庁前駅に到着する事が可能です。 換算FOP単価も久米島は5円台、宮古と石垣は6円台で解脱可能です。