小松

スポンサーリンク
出発地別

小松発着BEST30(3月搭乗分)バリュートランジット28[2022年SFC修行]

小松発着の3月搭乗分バリュートランジット28の設定路線数は167路線、PP単価10を切る路線は16路線です。 影の王者小松は優良路線が多く2022年SFC修行のダークホースです。 沖縄・鹿児島・札幌など各地へ路線んが伸び強力で、PP単価10円以下の便数も多く楽しめます。
出発地別

小松発着BEST30(2月搭乗分)バリュートランジット28[2022年SFC修行]

小松発着の1月搭乗分バリュートランジット28の設定路線数は167路線、PP単価10を切る路線は27路線です。 影の王者小松は優良路線が多く2022年SFC修行のダークホースです。 沖縄・鹿児島・札幌など各地へ路線んが伸び強力で、PP単価10円以下の便数も多く楽しめます。
出発地別

小松発着BEST30(1月搭乗分)バリュートランジット28[2022年SFC修行]

小松発着の1月搭乗分バリュートランジット28の設定路線数は169路線、PP単価10を切る路線は37路線です。 影の王者小松は優良路線が多く2022年SFC修行の好スタートが切れそうです。 沖縄・鹿児島・札幌など各地へ路線んが伸び強力で、PP単価10円以下の便数も多く楽しめます。
出発地別

名古屋(中部)発着BEST30(1月搭乗分)バリュートランジット28[2022年SFC修行]

名古屋(中部)発着の1月搭乗分バリュートランジット28の設定路線数は47路線、PP単価10円を切る路線は7路線あります。 先月から1位に君臨する女満別や往復で頼もしい石垣など、前回とあまり変化はありませんが6円台登場でザワつきます。
出発地別

大阪圏発着BEST30(1月搭乗分)バリュートランジット28[2022年SFC修行]

大阪(伊丹・関西・神戸)発着の2022年1月搭乗分バリュートランジット28の設定路線数は275路線、PP単価10円を切る路線は43路線あります。 PP単価7.0円からあり、全体的に改善傾向のランキングは2022年の開幕にふさわしいものです。
出発地別

名古屋(中部)発着BEST30(12月搭乗分)バリュートランジット28[SFC修行]

名古屋(中部)発着の12月搭乗分バリュートランジット28の設定路線数は47路線、PP単価10円を切る路線は6路線あります。 先月から1位に君臨する女満別や往復で頼もしい石垣など、意外と行先豊富ですがPP2倍の終わった12月では祭りの後の感じも否めません。
出発地別

大阪圏発着BEST30(12月搭乗分)バリュートランジット28[SFC修行]

大阪(伊丹・関西・神戸)発着の12月搭乗分バリュートランジット28の設定路線数は275路線、PP単価10円を切る路線は24路線あります。 PP単価7.0円からあり、PP2倍に慌てなくてもしっかり解脱を目指せそうです。
出発地別

名古屋(中部)発着BEST30(11月搭乗分)バリュートランジット28[SFC修行]

名古屋(中部)発着の11月搭乗分バリュートランジット28の設定路線数は39路線、PP単価10円を切る路線は10路線あります。 突然1位に名乗り出た女満別や往復で頼もしい石垣など、悪化してるようで悪化してない安定感のある名古屋(中部)発着です。
出発地別

大阪圏発着BEST30(11月搭乗分)バリュートランジット28[SFC修行]

大阪(伊丹・関西・神戸)発着の11月搭乗分バリュートランジット28の設定路線数は280路線、PP単価10円を切る路線は31路線あります。 BEST30全てがPP単価10円以下の路線であり、日本列島中心の立地を生かした有力な発着地となっています。
出発地別

名古屋(中部)発着BEST30(10月搭乗分)バリュートランジット28[SFC修行]

名古屋(中部)発着の10月搭乗分バリュートランジット28の設定路線数は49路線、PP単価10円を切る路線は23路線あります。 往復でのPP単価が改善した中標津や相変わらず設定数が多く使い勝手の良い沖縄(那覇)など、他地域と比べて活気あるランキングです。
出発地別

大阪圏発着BEST30(10月搭乗分)バリュートランジット28[SFC修行]

大阪(伊丹・関西・神戸)発着の10月搭乗分バリュートランジット28の設定路線数は274路線、PP単価10円を切る路線は38路線あります。 BEST30全てがPP単価10円以下の路線であり、日本列島中心の立地を生かした有力な発着地となっています。
出発地別

大阪圏発着BEST30(9月搭乗分)バリュートランジット28[SFC修行]

大阪(伊丹・関西・神戸)発着の9月搭乗分バリュートランジット28の設定路線数は285路線、PP単価10円を切る路線は39路線あります。 BEST30全てがPP単価10円以下の路線であり、日本列島中心の立地を生かした有力な発着地となっています。