沖縄(那覇)

スポンサーリンク
出発地別

沖縄(那覇)発着BEST30(1月搭乗分)バリュートランジット28[2023年SFC修行]

沖縄(那覇)発着の1月搭乗分バリュートランジット28の設定路線数は204路線、PP単価10を切る路線は143路線です。 5円台が復活した輝かしいラインナップで東北・北陸が充実。 往復で5,000PP超の札幌(新千歳)もBEST30に復帰です。
出発地別

沖縄(那覇)発着BEST30(12月搭乗分)バリュートランジット28[2022年SFC修行]

沖縄(那覇)発着の12月搭乗分バリュートランジット28の設定路線数は207路線、PP単価10を切る路線は93路線です。 6円台からのラインナップで東北・北陸が充実しています。
出発地別

沖縄(那覇)発着BEST30(11月搭乗分)バリュートランジット28[2022年SFC修行]

沖縄(那覇)発着の11月搭乗分バリュートランジット28の設定路線数は192路線、PP単価10を切る路線は58路線です。 PP単価5円台がなくなり残念ですが、6円台以降は充実していて沖縄発着の底力を感じさせます。
出発地別

沖縄(那覇)発着BEST30(10月搭乗分)バリュートランジット28[2022年SFC修行]

沖縄(那覇)発着の10月搭乗分バリュートランジット28の設定路線数は208路線、PP単価10を切る路線は56路線です。 PP単価5円台が復活し、往復で大量獲得可能な路線が複数ラインナップされ、変わらぬ魅力の沖縄(那覇)です。
出発地別

沖縄(那覇)発着BEST30(9月搭乗分)バリュートランジット28[2022年SFC修行]

沖縄(那覇)発着の9月搭乗分バリュートランジット28の設定路線数は207路線、PP単価10を切る路線は50路線です。 PP単価5円台が復活し、往復で大量獲得可能な路線が複数ラインナップされ、変わらぬ魅力の沖縄(那覇)です。
出発地別

沖縄(那覇)発着BEST30(8月搭乗分)バリュートランジット28[2022年SFC修行]

沖縄(那覇)発着の8月搭乗分バリュートランジット28の設定路線数は216路線、PP単価10を切る路線は46路線です。 PP単価5円台がなくなり意気消沈ですが往復で大量獲得可能な路線が複数ラインナップされ、変わらぬ魅力の沖縄(那覇)です。
出発地別

沖縄(那覇)発着BEST30(7月搭乗分)バリュートランジット28[2022年SFC修行]

沖縄(那覇)発着の7月搭乗分バリュートランジット28の設定路線数は215路線、PP単価10を切る路線は48路線です。 PP単価5〜6円台で往復可能な路線が複数ラインナップされ、悪化傾向の7月に於いて流石の底力を感じさせる沖縄(那覇)です。
出発地別

沖縄(那覇)発着BEST30(6月搭乗分)バリュートランジット28[2022年SFC修行]

沖縄(那覇)発着の6月搭乗分バリュートランジット28の設定路線数は201路線、PP単価10を切る路線は109路線です。 PP単価4円台はないまま5円台も便数を減らし、PP単価上位の路線が減少傾向です。 それでもPP単価10円以下の便数は選び放題、使える路線は多くあります。
出発地別

沖縄(那覇)発着BEST30(5月搭乗分)バリュートランジット28[2022年SFC修行]

沖縄(那覇)発着の5月搭乗分バリュートランジット28の設定路線数は210路線、PP単価10を切る路線は111路線です。 PP単価4円台はなく、層の厚さがさらに減少傾向です。 それでもPP単価10円以下の便数は選び放題、使える路線は多くあります。
出発地別

沖縄(那覇)発着BEST30(4月搭乗分)バリュートランジット28[2022年SFC修行]

沖縄(那覇)発着の3月搭乗分バリュートランジット28の設定路線数は189路線、PP単価10を切る路線は181路線です。 PP単価4円台からと変わらぬ強さですが、層の厚さがさらに減少傾向です。 それでもPP単価10円以下の便数は多く使える路線は多くあります。
出発地別

沖縄(那覇)発着BEST30(3月搭乗分)バリュートランジット28[2022年SFC修行]

沖縄(那覇)発着の3月搭乗分バリュートランジット28の設定路線数は189路線、PP単価10を切る路線は181路線です。 PP単価4円台からと変わらぬ強さですが、層の厚さがさらに減少傾向です。 それでもPP単価10円以下の便数は多く使える路線は多くあります。
出発地別

沖縄(那覇)発着BEST30(2月搭乗分)バリュートランジット28[2022年SFC修行]

沖縄(那覇)発着の2月搭乗分バリュートランジット28の設定路線数は191路線、PP単価10を切る路線は104路線です。 PP単価4円台からと変わらぬ強さですが、層の厚さが減少気味なのは気になります。 それでもPP単価10円以下の便数は多く使える路線は多くあります。