ANA VALUE TRANSIT 28(4月搭乗分)PP単価BEST100[SFC修行]

VT28 PP単価BEST100

ANA VARUE TRANSIT 28の4月搭乗分(2021年3月28日〜4月30日)が発表されました。
その発表を元にPP単価を算出しましたので、PP単価順ベスト100の紹介・目玉路線・PP単価・前月発表と比べて変わった点などを解説します。
2021年度の夏ダイヤとなり、冬ダイヤからの変化も見られる4月搭乗分ですので、参考にしてみてください。

最新版はこちらの記事をご覧ください。

ANAVALUE TRANSITの詳細は以下の記事で詳しく解説しております。
バリュートランジットってどんなもの?という方はこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

PP単価BEST100

今回発表の設定路線2,116路線の中からプレミアムポイント単価上位100路線をピックアップします。
以下の表にある最安運賃には国内線旅客施設使用料(PFC)は含まれていません。
PFCの詳細は以下の記事をご覧ください。

それではまず1〜50位です。

出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価
1庄内東京(羽田)沖縄398 / 47711,2002,2035.08
2秋田東京(羽田)沖縄406 / 47512,4002,2945.41
3沖縄東京(羽田)秋田994 / 40512,4002,2945.41
4沖縄東京(羽田)庄内460 / 39512,6002,2035.72
5札幌(千歳)大阪(関西)沖縄1712 / 173714,6002,5075.82
6沖縄東京(羽田)能登462 / 74912,9002,1865.90
7沖縄東京(羽田)庄内464 / 39713,1002,2035.95
8沖縄大阪(関西)札幌(千歳)1734 / 171315,0002,5075.98
9小松東京(羽田)沖縄754 / 47313,7002,1926.25
10沖縄東京(羽田)小松996 / 75514,0002,1926.39
11大阪(関西)札幌(千歳)女満別1717 / 486710,4001,6216.42
12東京(羽田)沖縄石垣1095 / 178114,5002,2466.46
13秋田東京(羽田)沖縄404 / 47115,0002,2946.54
14石垣沖縄東京(羽田)1762 / 99414,8002,2466.59
15札幌(千歳)東京(羽田)沖縄72 / 246517,5002,6416.63
16能登東京(羽田)沖縄748 / 47314,5002,1866.63
17沖縄名古屋(中部)札幌(千歳)306 / 71516,9002,5346.67
18東京(羽田)沖縄石垣475 / 244915,0002,2466.68
19沖縄東京(羽田)大館能代464 / 72315,8002,3476.73
20大館能代東京(羽田)沖縄720 / 47315,8002,3476.73
21大館能代東京(羽田)沖縄722 / 109715,8002,3476.73
22沖縄東京(羽田)大館能代994 / 72115,8002,3476.73
23富山東京(羽田)沖縄316 / 47314,5002,1406.78
24石垣沖縄東京(羽田)1764 / 46215,3002,2466.81
25沖縄名古屋(中部)秋田304 / 183915,0002,1836.87
26小松東京(羽田)沖縄756 / 47915,2002,1926.93
27石垣沖縄東京(羽田)2450 / 47815,6002,2466.95
28富山東京(羽田)沖縄314 / 47115,0002,1407.01
29沖縄名古屋(中部)札幌(千歳)2520 / 483517,9002,5347.06
30名古屋(中部)札幌(千歳)女満別4835 / 486710,9001,5437.06
31札幌(千歳)名古屋(中部)沖縄704 / 30518,0002,5347.10
32札幌(千歳)名古屋(中部)沖縄706 / 30918,0002,5347.10
33沖縄大阪(伊丹)青森762 / 185316,3002,2927.11
34石垣大阪(関西)札幌(千歳)1748 / 171720,3002,8527.12
35宮古沖縄東京(羽田)1730 / 109815,3002,1417.15
36札幌(千歳)東京(羽田)沖縄62 / 47719,0002,6417.19
37熊本名古屋(中部)札幌(千歳)332 / 70713,6001,8837.22
38札幌(千歳)名古屋(中部)熊本710 / 33513,6001,8837.22
39庄内東京(羽田)沖縄400 / 47916,0002,2037.26
40福岡名古屋(中部)札幌(千歳)3862 / 71513,7001,8827.28
41能登東京(羽田)沖縄750 / 47916,0002,1867.32
42札幌(千歳)東京(羽田)沖縄64 / 109519,4002,6417.35
43沖縄東京(羽田)札幌(千歳)994 / 6519,7002,6417.46
44稚内東京(羽田)沖縄572 / 109521,6002,8947.46
45函館東京(羽田)沖縄554 / 47518,8002,5127.48
46札幌(千歳)東京(羽田)沖縄58 / 47519,8002,6417.50
47沖縄大阪(伊丹)松山764 / 164313,1001,7467.50
48沖縄大阪(伊丹)松山766 / 164513,1001,7467.50
49沖縄大阪(伊丹)松山768 / 164913,1001,7467.50
50松山大阪(伊丹)沖縄1632 / 76313,2001,7467.56

TOP50のうち、沖縄(那覇)38便・石垣6便・宮古1便と沖縄方面が合計で45便となっており、相変わらず沖縄方面路線の強さを感じさせられます。
第1位は先月と変わり庄内-羽田-那覇・第2位に秋田-羽田-那覇が入り、先月まで続いた沖縄-小松の牙城を壊してきました。
3位以降も東北・北陸方面と沖縄(那覇)を結ぶ路線が強く、北海道(主に札幌)と九州・沖縄方面を結ぶ路線も相変わらず上位に顔を出しています。
第1位のPP単価は5.08円と依然として素晴らしいPP単価となっています。

続いて51〜100位です。

出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価
51松山大阪(伊丹)沖縄1636 / 76513,2001,7467.56
52松山大阪(伊丹)沖縄1638 / 76713,2001,7467.56
53札幌(千歳)東京(羽田)沖縄66 / 109720,0002,6417.57
54大阪(関西)札幌(千歳)中標津1713 / 488512,7001,6667.62
55沖縄東京(羽田)秋田468 / 40717,5002,2947.63
56名古屋(中部)福岡沖縄3159 / 121113,5001,7667.64
57名古屋(中部)福岡沖縄3861 / 120713,5001,7667.64
58名古屋(中部)福岡沖縄3865 / 120913,5001,7667.64
59名古屋(中部)福岡沖縄3869 / 121713,5001,7667.64
60熊本名古屋(中部)札幌(千歳)334 / 71714,4001,8837.65
61沖縄東京(羽田)札幌(千歳)462 / 6720,2002,6417.65
62大阪(伊丹)札幌(千歳)女満別777 / 486712,4001,6217.65
63大阪(関西)札幌(千歳)稚内1713 / 484312,7001,6557.67
64名古屋(中部)札幌(千歳)女満別703 / 486511,9001,5437.71
65庄内東京(羽田)沖縄396 / 46917,0002,2037.72
66札幌(千歳)名古屋(中部)熊本706 / 33314,6001,8837.75
67山口宇部東京(羽田)小松700 / 75911,5001,4817.77
68女満別札幌(千歳)名古屋(中部)4862 / 70612,0001,5437.78
69沖縄福岡東京(羽田)1200 / 24616,0002,0557.79
70沖縄福岡東京(羽田)1202 / 25016,0002,0557.79
71沖縄福岡東京(羽田)1206 / 25816,0002,0557.79
72沖縄福岡東京(羽田)1208 / 26216,0002,0557.79
73沖縄福岡東京(羽田)1212 / 27216,0002,0557.79
74沖縄福岡東京(羽田)1214 / 27416,0002,0557.79
75沖縄福岡東京(羽田)2502 / 25416,0002,0557.79
76秋田名古屋(中部)沖縄1838 / 30917,0002,1837.79
77石垣沖縄東京(羽田)1766 / 99617,5002,2467.79
78大阪(関西)札幌(千歳)釧路1713 / 487512,5001,6037.80
79釧路札幌(千歳)大阪(関西)4872 / 171212,5001,6037.80
80福岡名古屋(中部)札幌(千歳)3858 / 70714,7001,8827.81
81沖縄東京(羽田)秋田472 / 40918,0002,2947.85
82沖縄東京(羽田)小松472 / 75917,2002,1927.85
83東京(羽田)沖縄宮古473 / 172916,8002,1417.85
84札幌(千歳)名古屋(中部)福岡704 / 386314,8001,8827.86
85名古屋(中部)札幌(千歳)中標津703 / 488312,5001,5887.87
86大阪(関西)沖縄石垣1737 / 244914,8001,8787.88
87石垣沖縄大阪(関西)1764 / 173414,8001,8787.88
88石垣沖縄大阪(神戸)1764 / 252614,8001,8787.88
89大阪(関西)札幌(千歳)函館1713 / 485712,1001,5347.89
90宮古沖縄東京(羽田)1722 / 99616,9002,1417.89
91名古屋(中部)熊本沖縄331 / 186713,5001,7037.93
92沖縄福岡名古屋(中部)1200 / 385814,0001,7667.93
93沖縄福岡名古屋(中部)1202 / 386014,0001,7667.93
94沖縄福岡名古屋(中部)1204 / 316014,0001,7667.93
95沖縄福岡名古屋(中部)1206 / 386414,0001,7667.93
96沖縄福岡名古屋(中部)1212 / 386814,0001,7667.93
97沖縄福岡名古屋(中部)2502 / 386214,0001,7667.93
98大阪(伊丹)沖縄石垣767 / 244914,9001,8787.93
99石垣沖縄大阪(伊丹)1764 / 76214,9001,8787.93
100沖縄大阪(関西)東京(羽田)1734 / 382415,3001,9287.94

51位〜100位は、沖縄(那覇)発着が26便・札幌(新千歳)発着が6便と幅を利かせていますが、ここでの注目は沖縄(那覇)-東京(羽田)が7.79円・沖縄(那覇)-名古屋(中部)が7.64~7.93円でそれぞれ複数便の設定があることでしょう。
札幌や那覇が強いのは当然としても、首都圏のSFC修行僧に大人気の東京(羽田)-沖縄(那覇)が使いやすく、中部が拠点のSFC修行僧にも嬉しいランキングです。
残る中で注目すべき便は、複数便のランクインがある小松-羽田-山口宇部で、最上位は往復とも7.43円で上位にランクインしています。

PP単価4円台は0路線(前月比-3)、PP単価5円台は8路線(前月比+2)、6円台は19路線(前月比-8)、7円台は76路線(前月比+34)、8円台は152路線(前月比+58)の設定になりました。

スポンサーリンク

前回発表と比較

3月搭乗分と比較すると、総設定本数は先月の2,017本から2,116本と99便の大幅増加となりました。
PP単価4円台は無くなり6円台もやや減少しましたが、5円台・7円台・8円台は全て設定便数の増加となり、2021年度夏ダイヤのスタートとして素晴らしいランキングとなっています。

出発地別バリュートランジット28

今回の発表を踏まえた各出発地別のBEST30は以下のリンクからどうぞ。

同時期のプレミアム28

本記事と同時期のプレミアムクラスのPP単価ランキングはこちらです。
組み合わせて旅程を組む場合などの参考にどうぞ。

まとめ

今回のVALUE TRANSIT28は通常通りの1ヶ月分ではなく2021年3月28日〜2021年4月30日の設定なのでご注意ください。

2021年の夏ダイヤのスタートとなる4月搭乗分のランキングは、PP単価4円台は無くなってしまいましたが、総設定便数も増えつつ全体的に先月よりPP単価の改善も見られ優秀なランキングになっています。
このTOP100のランキングを参考にし、新生活のスタートとなる4月からの修行をお考えの方の参考にして頂けたら幸いです。
4月は台風や雪などの欠航リスクも少なくPP単価に納得できればSFC修行に向いているとも言えます。最終的な航空券代には旅客施設使用料(PFC)が加算され特に乗継利用ではPP単価が利用空港によって想像以上に上昇する場合がありますのでご注意ください。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント