ANA VALUE TRANSIT 28(2月搭乗分)PP単価BEST100[SFC修行]

VT28 PP単価BEST100

ANA VARUE TRANSIT 28の2月搭乗分(2021年2月1日〜2月28日)が発表されました。
その発表を元にPP単価を算出しましたので、PP単価順ベスト100の紹介、そして目玉路線、PP単価、前月発表と比べて変わった点などを解説します。
スーパーバリューやプレミアムクラスの運賃も安くなる傾向の2月搭乗分ですので、期待のできるランキングとなっています

最新版はこちらの記事をご覧ください。

ANAVALUE TRANSITの詳細は以下の記事で詳しく解説しております。
バリュートランジットってどんなもの?という方はこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

PP単価BEST100

今回発表の設定路線2,013路線の中からプレミアムポイント単価上位100路線をピックアップします。
以下の表にある最安運賃には国内線旅客施設使用料(PFC)は含まれていません。
PFCの詳細は以下の記事をご覧ください。

それではまず1〜50位です。

出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価
1小松東京(羽田)沖縄752/4699,8002,1924.47
2小松東京(羽田)沖縄754/4739,8002,1924.47
3秋田東京(羽田)沖縄404/47111,1002,2944.84
4小松東京(羽田)沖縄756/47910,8002,1924.93
5庄内東京(羽田)沖縄396/46911,1002,2035.04
6庄内東京(羽田)沖縄398/47511,1002,2035.04
7沖縄東京(羽田)能登462/74911,3002,1865.17
8能登東京(羽田)沖縄748/47311,3002,1865.17
9庄内東京(羽田)沖縄400/47911,6002,2035.27
10能登東京(羽田)沖縄750/47911,8002,1865.40
11沖縄東京(羽田)秋田462/40512,4002,2945.41
12秋田東京(羽田)沖縄406/47512,4002,2945.41
13富山東京(羽田)沖縄316/47311,6002,1405.42
14大館能代東京(羽田)沖縄720/47312,8002,3475.45
15沖縄東京(羽田)庄内464/39712,1002,2035.49
16富山東京(羽田)沖縄320/47911,8002,1405.51
17大阪(関西)東京(羽田)富山992/3196,1001,0845.63
18大館能代東京(羽田)沖縄724/47913,3002,3475.67
19東京(羽田)沖縄石垣471/177713,1002,2465.83
20東京(羽田)沖縄石垣475/244913,1002,2465.83
21沖縄名古屋(中部)札幌(千歳)2470/483715,0002,5345.92
22札幌(千歳)名古屋(中部)沖縄4830/246515,6002,5346.16
23沖縄東京(羽田)大館能代996/72314,5002,3476.18
24沖縄東京(羽田)小松996/75513,7002,1926.25
25函館東京(羽田)沖縄554/47515,7002,5126.25
26東京(羽田)沖縄石垣469/177114,1002,2466.28
27札幌(千歳)東京(羽田)沖縄50/46916,6002,6416.29
28沖縄福岡名古屋(中部)1200/43411,2001,7666.34
29沖縄福岡名古屋(中部)1206/316011,2001,7666.34
30沖縄福岡名古屋(中部)1208/386211,2001,7666.34
31沖縄福岡名古屋(中部)1210/386611,2001,7666.34
32沖縄福岡名古屋(中部)1212/386811,2001,7666.34
33東京(羽田)沖縄石垣477/178114,4002,2466.41
34札幌(千歳)名古屋(中部)鹿児島706/318912,5001,9376.45
35大阪(伊丹)札幌(千歳)函館777/48579,9001,5346.45
36石垣沖縄東京(羽田)1764/46214,5002,2466.46
37東京(羽田)沖縄宮古473/172713,9002,1416.49
38札幌(千歳)名古屋(中部)沖縄706/246916,5002,5346.51
39沖縄大阪(伊丹)松山766/164511,4001,7466.53
40沖縄大阪(伊丹)松山770/164911,4001,7466.53
41松山大阪(伊丹)沖縄1636/76511,4001,7466.53
42松山大阪(伊丹)沖縄1638/76711,4001,7466.53
43沖縄東京(羽田)庄内460/39514,4002,2036.54
44石垣沖縄東京(羽田)2450/47814,7002,2466.54
45札幌(千歳)東京(羽田)沖縄56/47317,3002,6416.55
46沖縄東京(羽田)札幌(千歳)462/6717,5002,6416.63
47札幌(千歳)東京(羽田)沖縄58/47517,5002,6416.63
48札幌(千歳)東京(羽田)沖縄62/47717,5002,6416.63
49札幌(千歳)東京(羽田)沖縄4714/47117,5002,6416.63
50札幌(千歳)東京(羽田)沖縄66/109717,6002,6416.66

今月はTOP50のうち9割以上の47便が沖縄方面の那覇・石垣・宮古路線となっています。
第1位は先月に引き続き、小松→東京(羽田)→沖縄と変更はありませんが、運賃が10,000円を切り9,800円となった事でPP単価はなんと4.47円と4円台前半まで改善されました。
TOP50内で今月注目すべき路線は、17位にランクインした大阪(関西)→東京(羽田)→富山です。
なんと言っても運賃が6,100円と設定便の中で最安値となっており、PP単価は5.63円と先月の7.01円から、大きな改善が見られた路線となっています。

続いて51〜100位です。

出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価
51東京(羽田)沖縄宮古469/172514,4002,1416.73
52函館東京(羽田)沖縄556/109716,9002,5126.73
53青森大阪(伊丹)沖縄1852/76515,5002,2926.76
54札幌(千歳)大阪(関西)宮古1710/174918,9002,7586.85
55札幌(千歳)大阪(関西)沖縄1712/173717,3002,5076.90
56福岡名古屋(中部)札幌(千歳)3864/483713,0001,8826.91
57大阪(伊丹)札幌(千歳)中標津777/488511,6001,6666.96
58鹿児島名古屋(中部)札幌(千歳)354/483513,5001,9376.97
59宮古大阪(関西)札幌(千歳)1750/171719,4002,7587.03
60石垣大阪(関西)東京(羽田)1748/99216,0002,2737.04
61東京(羽田)福岡沖縄241/120514,5002,0557.06
62東京(羽田)福岡沖縄249/249914,5002,0557.06
63東京(羽田)福岡沖縄253/120914,5002,0557.06
64東京(羽田)福岡沖縄257/121114,5002,0557.06
65東京(羽田)福岡沖縄261/121314,5002,0557.06
66東京(羽田)福岡沖縄265/121514,5002,0557.06
67東京(羽田)福岡沖縄3845/120714,5002,0557.06
68沖縄大阪(関西)札幌(千歳)1734/171317,7002,5077.06
69鹿児島名古屋(中部)札幌(千歳)3190/71713,7001,9377.07
70宮古沖縄東京(羽田)1730/109815,2002,1417.10
71釧路札幌(千歳)大阪(関西)4872/171211,4001,6037.11
72沖縄東京(羽田)小松472/75915,6002,1927.12
73秋田東京(羽田)小松402/7538,1001,1347.14
74長崎名古屋(中部)札幌(千歳)372/70713,9001,9467.14
75沖縄東京(羽田)秋田468/40716,4002,2947.15
76沖縄東京(羽田)秋田472/40916,4002,2947.15
77沖縄東京(羽田)稚内460/57120,7002,8947.15
78札幌(千歳)名古屋(中部)福岡4830/386313,5001,8827.17
79秋田東京(羽田)沖縄402/99516,5002,2947.19
80札幌(千歳)東京(羽田)山口宇部50/69313,9001,9307.20
81小松東京(羽田)大阪(関西)754/9918,2001,1367.22
82東京(羽田)岩国沖縄633/126714,5002,0067.23
83能登東京(羽田)大阪(関西)748/9918,2001,1307.26
84大阪(神戸)札幌(千歳)中標津577/488312,1001,6667.26
85東京(羽田)広島沖縄675/186114,5001,9967.26
86東京(羽田)熊本沖縄641/186714,5001,9937.28
87宮崎名古屋(中部)札幌(千歳)2436/70713,7001,8797.29
88大阪(神戸)札幌(千歳)函館577/485311,2001,5347.30
89札幌(千歳)東京(羽田)萩・石見64/72713,7001,8767.30
90沖縄名古屋(中部)札幌(千歳)2466/483518,6002,5347.34
91沖縄福岡東京(羽田)1200/384215,1002,0557.35
92沖縄福岡東京(羽田)1202/25015,1002,0557.35
93沖縄福岡東京(羽田)1206/25215,1002,0557.35
94沖縄福岡東京(羽田)1208/25815,1002,0557.35
95沖縄福岡東京(羽田)1210/26415,1002,0557.35
96沖縄福岡東京(羽田)1212/27015,1002,0557.35
97沖縄福岡東京(羽田)1214/27215,1002,0557.35
98沖縄福岡東京(羽田)2498/25415,1002,0557.35
99大阪(伊丹)沖縄石垣767/244913,8001,8787.35
100佐賀東京(羽田)札幌(千歳)982/6915,0002,0417.35

51位〜100位は、ほぼ8割の39便の発着地が沖縄(那覇)もしくは札幌(新千歳)となっており、相変わらずバリュートランジットのKingとQueenの強さをマジマジと感じさせられます。
中でも61位タイの東京(羽田)→福岡→沖縄(那覇)がPP単価7.06円で7便、その反対路線にあたる91位タイの沖縄(那覇)→福岡→東京(羽田)がPP単価7.35円で8便と多くの便がランクインしている為、SFC修行の旅程構築での使い勝手も良く優良な路線です。

PP単価4円台は4路線(前月比+1)、PP単価5円台は17路線(前月比+1)、6円台は37路線(前月比+6)、7円台は134路線(前月比+24)、8円台は184路線(前月比-16)
の設定になりました。

スポンサーリンク

前回発表と比較

今月も先月に引き続き4円台が増加しつつ、BEST100全体のPP単価の改善もみられました。
スーパーバリューの運賃も2月搭乗分は安い傾向にある為、バリュートランジットも同様に安価になっているのではないでしょうか。

1月搭乗分と比較すると、設定本数は先月の2,009本から2,011本に、若干ですが増加しました。
PP単価は、8円台が少々減っていますが、その分4円台・5円台・6円台・7円台が増加しており、先月からの改善傾向は続いていますので、強くオススメ出来る2月搭乗分となっています。

出発地別バリュートランジット28

今回の発表を踏まえた各出発地別のBEST30は以下のリンクからどうぞ。
(当該リンクは順次掲載します)

同時期のプレミアム28

本記事と同時期のプレミアムクラスのPP単価ランキングはこちらです。
組み合わせて旅程を組む場合などの参考にどうぞ。

まとめ

4円台前半のPP単価も飛び出すなど先月からの引き続き改善傾向が続いている、2021年2月搭乗分です。

1〜3月はSFC修行のトップシーズンであり、その中でも最強のトップシーズンの2月です。
1月搭乗分よりさらに改善が見られている2月搭乗分は非常にオススメの路線ばかりとなっていますので、この2月搭乗分のTOP100のランキングを参考にし、2021年SFC修行を組み立てる事をオススメします。

最終的な航空券代には旅客施設使用料(PFC)が加算され特に乗継利用ではPP単価が利用空港によって想像以上に上昇する場合がありますのでご注意ください。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント