ANA VALUE TRANSIT 28(7月搭乗分)PP単価BEST100[SFC修行]

VALUE TRANSIT28 PP単価BEST100

ANA VARUE TRANSIT 28の7月搭乗分(2021年7月1日〜7月31日)が発表されました。
その発表を元にPP単価を算出しましたので、PP単価順ベスト100の紹介・目玉路線・PP単価・前月発表と比べて変わった点などを解説します。

まだ間に合う6月搭乗分はこちらの記事をご覧ください。

ANAVALUE TRANSITの詳細は以下の記事で詳しく解説しております。
搭乗ポイントなど、直行便とは異なる扱いですので、一度ご覧ください。

スポンサーリンク

PP単価BEST100

今回発表の設定路線2,170路線の中からプレミアムポイント単価上位100路線をピックアップします。
以下の表にある最安運賃には国内線旅客施設使用料(PFC)は含まれていません。
PFCの詳細は以下の記事をご覧ください。

それではまず1〜50位です。

出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価
1庄内東京(羽田)沖縄398 / 47711,1002,2035.04
2沖縄東京(羽田)小松1094 / 75112,0002,1925.47
3秋田東京(羽田)沖縄406 / 47513,3002,2945.80
4沖縄東京(羽田)秋田994 / 40513,3002,2945.80
5沖縄東京(羽田)庄内460 / 39512,8002,2035.81
6沖縄東京(羽田)能登462 / 74912,8002,1865.86
7沖縄東京(羽田)庄内464 / 39713,1002,2035.95
8沖縄東京(羽田)小松996 / 75513,4002,1926.11
9札幌(千歳)大阪(関西)沖縄1712 / 173715,4002,5076.14
10沖縄大阪(関西)札幌(千歳)1734 / 171315,7002,5076.26
11山口宇部東京(羽田)小松700 / 7599,6001,4816.48
12沖縄東京(羽田)富山1094 / 31514,4002,1406.73
13東京(羽田)沖縄石垣1095 / 178115,2002,2466.77
14沖縄東京(羽田)能登1094 / 74715,1002,1866.91
15小松東京(羽田)沖縄754 / 47315,4002,1927.03
16石垣沖縄東京(羽田)1762 / 99415,8002,2467.03
17東京(羽田)沖縄石垣475 / 244916,0002,2467.12
18沖縄東京(羽田)大館能代464 / 72316,9002,3477.20
19大館能代東京(羽田)沖縄720 / 47316,9002,3477.20
20大館能代東京(羽田)沖縄722 / 109716,9002,3477.20
21沖縄東京(羽田)大館能代994 / 72116,9002,3477.20
22石垣沖縄東京(羽田)1764 / 46216,2002,2467.21
23秋田東京(羽田)沖縄404 / 47116,7002,2947.28
24能登東京(羽田)沖縄748 / 47316,2002,1867.41
25沖縄大阪(伊丹)青森762 / 185317,1002,2927.46
26石垣沖縄大阪(伊丹)1762 / 116814,2001,8787.56
27富山東京(羽田)沖縄316 / 47316,2002,1407.57
28釧路札幌(千歳)大阪(関西)4872 / 171212,2001,6037.61
29沖縄大阪(伊丹)東京(羽田)1168 / 2614,9001,9287.73
30大阪(関西)札幌(千歳)中標津1713 / 488512,9001,6667.74
31沖縄東京(羽田)大館能代1094 / 71918,2002,3477.75
32大阪(関西)札幌(千歳)稚内1713 / 484312,9001,6557.79
33富山東京(羽田)沖縄314 / 47116,7002,1407.80
34沖縄大阪(伊丹)松山1168 / 164113,8001,7467.90
35沖縄東京(羽田)札幌(千歳)994 / 6521,0002,6417.95
36山口宇部東京(羽田)小松692 / 75311,8001,4817.97
37大館能代東京(羽田)沖縄724 / 109918,7002,3477.97
38石垣沖縄東京(羽田)1766 / 99618,0002,2468.01
39石垣沖縄東京(羽田)1780 / 109618,0002,2468.01
40札幌(千歳)東京(羽田)沖縄62 / 47721,2002,6418.03
41熊本名古屋(中部)札幌(千歳)334 / 71715,2001,8838.07
42秋田大阪(伊丹)沖縄1654 / 116917,5002,1668.08
43沖縄東京(羽田)札幌(千歳)462 / 6721,4002,6418.10
44宮古沖縄東京(羽田)1722 / 99617,4002,1418.13
45大阪(関西)札幌(千歳)函館1713 / 485712,5001,5348.15
46小松東京(羽田)沖縄756 / 47917,9002,1928.17
47小松東京(羽田)沖縄758 / 109917,9002,1928.17
48札幌(千歳)東京(羽田)沖縄64 / 109521,7002,6418.22
49熊本名古屋(中部)札幌(千歳)332 / 70715,5001,8838.23
50大阪(関西)東京(羽田)小松990 / 7519,4001,1368.27

TOP50のうち、沖縄(那覇)33便・石垣7便・宮古1便と合計41便が沖縄方面となっており、先月から減少はしましたが、それでも沖縄方面路線の強さは相変わらずです。
第1位の庄内-東京(羽田)-沖縄(那覇)は変化はありませんが、PP単価がもう少しで4円台に突入の5.04円まで改善されました。
沖縄方面以外の最上位は11位にランクインした山口宇部-東京(羽田)-小松という、地方空港同士を結ぶ珍しい路線が登場しています。

続いて51〜100位です。

出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価
51山口宇部東京(羽田)小松696 / 75512,3001,4818.31
52小松東京(羽田)山口宇部756 / 69912,3001,4818.31
53大阪(伊丹)沖縄石垣767 / 244915,6001,8788.31
54大阪(伊丹)沖縄石垣1169 / 178115,6001,8788.31
55大阪(関西)東京(羽田)能登990 / 7479,4001,1308.32
56沖縄大阪(関西)東京(羽田)1734 / 382416,1001,9288.35
57大阪(関西)沖縄石垣1737 / 244915,7001,8788.36
58石垣沖縄大阪(関西)1764 / 173415,7001,8788.36
59石垣沖縄大阪(神戸)1764 / 252615,7001,8788.36
60札幌(千歳)東京(羽田)沖縄58 / 47522,1002,6418.37
61石垣沖縄大阪(伊丹)1764 / 76215,8001,8788.41
62青森大阪(伊丹)沖縄1854 / 116919,3002,2928.42
63東京(羽田)沖縄石垣473 / 177719,0002,2468.46
64大阪(伊丹)沖縄宮古767 / 172915,0001,7738.46
65大阪(関西)沖縄宮古1737 / 172915,0001,7738.46
66大阪(神戸)沖縄宮古2527 / 172915,0001,7738.46
67中標津札幌(千歳)大阪(伊丹)4882 / 77414,1001,6668.46
68庄内東京(羽田)沖縄400 / 47918,7002,2038.49
69稚内札幌(千歳)大阪(伊丹)4842 / 77614,1001,6558.52
70能登東京(羽田)沖縄750 / 47918,7002,1868.55
71長崎東京(羽田)札幌(千歳)670 / 474317,8002,0808.56
72沖縄名古屋(中部)秋田304 / 183918,7002,1838.57
73秋田名古屋(中部)沖縄1838 / 30918,7002,1838.57
74宮古沖縄大阪(伊丹)1722 / 76415,2001,7738.57
75札幌(千歳)名古屋(中部)熊本706 / 33316,2001,8838.60
76東京(羽田)大阪(伊丹)沖縄23 / 76716,6001,9288.61
77東京(羽田)大阪(伊丹)沖縄27 / 116916,6001,9288.61
78沖縄大阪(伊丹)東京(羽田)762 / 2816,6001,9288.61
79沖縄大阪(伊丹)東京(羽田)764 / 3016,6001,9288.61
80東京(羽田)沖縄石垣471 / 177119,4002,2468.64
81小松東京(羽田)山口宇部752 / 69312,8001,4818.64
82小松東京(羽田)山口宇部754 / 381312,8001,4818.64
83大阪(関西)東京(羽田)富山990 / 3159,4001,0848.67
84鹿児島名古屋(中部)札幌(千歳)352 / 70716,8001,9378.67
85長崎東京(羽田)札幌(千歳)2434 / 6918,1002,0808.70
86札幌(千歳)東京(羽田)沖縄66 / 109723,0002,6418.71
87鹿児島東京(羽田)札幌(千歳)624 / 6718,0002,0668.71
88大阪(関西)東京(羽田)小松96 / 7539,9001,1368.71
89札幌(千歳)名古屋(中部)沖縄704 / 30522,1002,5348.72
90青森大阪(伊丹)沖縄1852 / 76520,1002,2928.77
91東京(羽田)沖縄宮古473 / 172918,8002,1418.78
92釧路札幌(千歳)大阪(伊丹)4872 / 114214,1001,6038.80
93函館東京(羽田)沖縄554 / 47522,1002,5128.80
94長崎東京(羽田)札幌(千歳)664 / 6718,3002,0808.80
95大阪(伊丹)札幌(千歳)稚内1141 / 484114,6001,6558.82
96沖縄大阪(伊丹)高知764 / 161114,9001,6868.84
97高知大阪(伊丹)沖縄1606 / 76714,9001,6868.84
98沖縄大阪(伊丹)仙台1168 / 315118,6002,1028.85
99石垣大阪(関西)札幌(千歳)1748 / 171725,3002,8528.87
100沖縄大阪(伊丹)松山764 / 164315,5001,7468.88

51位〜100位は、沖縄(那覇)と札幌(新千歳)発着の路線が合計で26便とバリュートランジットのキングとクィーンが半分以上を占めていてます。

その中でも大阪(伊丹・関西・神戸)発着の便が17便もランクインしているので、今月は大阪発着が熱いように感じます。

PP単価5円台は7路線(前月比+1)、6円台は7路線(前月比-12)、7円台は23路線(前月比-42)、8円台は74路線(前月比-84)の設定になりました。

スポンサーリンク

前回発表と比較

6月搭乗分と比較すると、総設定本数は先月の2,081本から2,170本と89便の増加となりました。
PP単価5円台はたった1便の増加となりましたが、6円台・7円台・8円台が大幅な減少となっていまい、大変残念な結果となってしまいました。

出発地別バリュートランジット28

同時期のプレミアム28

本記事と同時期のプレミアムクラスのPP単価ランキングはこちらです。
組み合わせて旅程を組む場合などの参考にどうぞ。

まとめ

7月は夏休みも始まり運賃が高くなる傾向にあるシーズンです。
設定便数は先月から比較すると大幅に増えたにも関わらず優良なPP単価の便は減少となり、残念なランキングとなってしまいました。

運賃が上昇する時だからこそ、ランキングを隅々まで確認し優良なPP単価の路線を探す事が重要です。
旅程構築の参考にしてください。

最終的な航空券代には旅客施設使用料(PFC)が加算され特に乗継利用ではPP単価が利用空港によって想像以上に上昇する場合がありますのでご注意ください。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント

  1. hidechan より:

    こんばんは、蓄積があるとはいえ、1−100位すごいですね。これだけの調査はかなり大変ですよね。いつもより、強くマニアックさを感じます。

    • 珍道中珍道中 より:

      マニアック・・・ですかね?笑
      実際は、設定本数の2千数百便の全てを算出しています。
      とは言っても、表計算に流し込むだけと言えばそうなんですが、それでも半日ほどはかかります。
      皆さんの参考になればと思いますので、毎月継続仕様とは思ってます(アクセス数は伸び悩むんですが・・・)