青森発着BEST30(1月搭乗分)バリュートランジット28[2023年SFC修行]

スポンサーリンク

最新版を含め、まだ間に合う前月搭乗分や過去のランキングはこちらに一覧があります。

2023年のANA VALUE TRANSIT28(1月搭乗分)2023年1月1日〜1月31日が発表され、PP単価BEST100の記事を書きました。

その1月搭乗分から本記事では青森発着のBEST30を紹介します。
また、ランキングに載らなかった路線も含め2区間合計の獲得PP数をまとめてありますので、旅程構築の参考資料として活用ください。

バリュートランジット28の詳細についてはこちらの記事で説明しています。

青森発着

青森発着の設定路線数は44路線が設定され、PP単価10円以下の路線は6路線と、総設定便数は控えめながらPP単価10円以下の便はそこそこあり、時折主要空港発着でも出てくる青森らしく、優良な路線があります。

表中の最安運賃は旅客施設使用料(PFC)を含んでいませんので、実際のPP単価は下記から変化しますのでご注意ください。
バリュートランジットを利用の場合は、出発地と到着地そして経由地x2の旅客施設利用料が加算されます。
例 青森-大阪(伊丹)-沖縄(那覇)の場合は、0円+340円x2+240円=920円となります。
実PP単価はこのPFCを含んだ際のPP単価です。

それではBEST30をご覧ください。

出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価実PP単価
1青森大阪(伊丹)沖縄1852 / 76515,9002,2926.947.34
2沖縄大阪(伊丹)青森762 / 185316,4002,2927.167.56
3熊本大阪(伊丹)青森1626 / 185315,4001,6199.519.93
4長崎大阪(伊丹)青森784 / 185316,5001,6799.8310.23
5長崎大阪(伊丹)青森786 / 185516,6001,6799.8910.29
6宮崎大阪(伊丹)青森506 / 185316,2001,6229.9910.41
7福岡大阪(伊丹)青森420 / 185116,2001,61410.0410.53
8福岡大阪(伊丹)青森3156※2/ 185316,2001,61410.0410.53
9福岡大阪(伊丹)青森426 / 185516,5001,61410.2210.71
10青森大阪(伊丹)福岡1856 / 42916,5001,61410.2210.71
11宮崎大阪(伊丹)青森510 / 185516,6001,62210.2310.65
12熊本大阪(伊丹)青森1628 / 185516,6001,61910.2510.67
13青森大阪(伊丹)長崎1854 / 78518,6001,67911.0811.48
14鹿児島大阪(伊丹)青森546 / 185318,8001,67711.2111.62
15青森大阪(伊丹)宮崎1852 / 50518,2001,62211.2211.64
16青森大阪(伊丹)宮崎1854 / 114918,2001,62211.2211.64
17大分大阪(伊丹)青森1688 / 185317,1001,51211.3111.76
18大分大阪(伊丹)青森1148 / 185517,2001,51211.3811.83
19大分大阪(伊丹)青森1690 / 185517,2001,51211.3811.83
20青森大阪(伊丹)宮崎1854 / 50919,0001,62211.7112.13
21青森大阪(伊丹)松山1856 / 164916,9001,42211.8812.36
22青森大阪(伊丹)福岡1854 / 42719,7001,61412.2112.70
23青森大阪(伊丹)大分1852 / 168718,6001,51212.3012.75
24松山大阪(伊丹)青森1646 / 185517,7001,42212.4512.93
25青森大阪(伊丹)福岡1852 /3155※220,1001,61412.4512.94
26松山大阪(伊丹)青森1640 / 185317,8001,42212.5213.00
27青森大阪(伊丹)鹿児島1854 / 54721,0001,67712.5212.93
28青森大阪(伊丹)熊本1852 / 162520,3001,61912.5412.96
29青森大阪(伊丹)熊本1854 / 52720,8001,61912.8513.27
30青森大阪(伊丹)松山1854 / 164319,3001,42213.5714.05
※1ソラシドエア運行 ※2IBEXエアラインズ運行 ※3スターフライヤー運行 ※4オリエンタルエアブリッジ運行 ※5エアドゥ運行

1位のPP単価は6.94円と全国レベルで考えても16位に入る輝かしさで、30位の13.57円は流石に設定便数の少なさが影響したようで敢えて取り上げるような数値ではありません。

便数前月比
松山4
福岡6
大分4
長崎3
熊本4
宮崎5
鹿児島2
沖縄(那覇)2

行き先分布の設定便数の少なさが影響するのか8路線とやや寂しいものの、九州方面を中心に四国と沖縄が入ってくる路線で構成され、獲得PP数の大きな路線飲みの構成なのは嬉しいポイントです。

同時期のプレミアム28

青森発着に絞ったランキングではなく全国版ベスト100ですが、本記事と同時期のプレミアムクラスのPP単価ランキングはこちらです。
組み合わせて旅程を組む場合などの参考にどうぞ。

まとめ

2022年にも度々全国1位のPP単価を叩き出していた青森は2023年も期待が高く持てそうです。
1位の青森-大阪(伊丹)-沖縄(那覇)はPP単価は6円台・その復路が2位で7円台と、良好な往復組みが可能で、以降の便も獲得PP数は軒並み1,500PP以上と、使い勝手の優れる路線が並びます。
PP単価の分布は、6円台1便・7円台1便・8円台0便・9円台4便と、少ない設定便数から寂しい並びに見えます。
青森発着は少数精鋭の路線をうまく使うのがポイントのようです。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント