札幌(新千歳)発着BEST30(8月搭乗分)バリュートランジット28[2022年SFC修行]

VALUE TRANSIT28 札幌PP単価BEST30

先日発表されたANA VALUE TRANSIT28(8月搭乗分)2022年8月1日〜8月31日から、今回は「クイーンofバリュートランジット」札幌(新千歳)のBEST30を紹介します。

最新版を含め、まだ間に合う前月搭乗分や過去のランキングはこちらに一覧があります。

全設定路線のPP単価8月搭乗分BEST100の記事は以下のリンクからどうぞ。

本記事では、8月搭乗分の中から札幌(新千歳)発着BEST30を紹介します。
また、ランキングに載らなかった路線も含め2区間合計の獲得PP数をまとめてあります。

バリュートランジット28の詳細(運賃・マイル・PP等)についてはこちらの記事をご覧ください。

札幌(新千歳)発着

札幌(新千歳)発着の設定路線数は388路線(前月比+3)が設定され、設定路線数においてダントツの全国ナンバーワン発着地が更に設定数を増やしました。
PP単価10円を下回る路線は49路線(前月比+1)となり、激減だった前回の悪い流れは止まったように見えます。
6円台0便(±0便)・7円台0便(-2便)・8円台6便(+1便)・9円台43便(+2便)と、凶悪なまでの悪化だった前回と比べるとややホッとする踏みとどまりですが、とうとう7円台が消滅しました。

表中の最安運賃は旅客施設使用料を含んでいませんので、実際のPP単価は下記から変化しますのでご注意ください。
バリュートランジットを利用の場合は、出発地と到着地そして経由地x2の旅客施設利用料が加算されます。
例 沖縄-大阪(関西)-札幌(千歳)の場合は、240円+440円x2+270円=1,390円となります。

それではBEST30をご覧ください。

出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価実PP単価
1札幌(千歳)東京(羽田)沖縄64 / 109522,6002,6418.569.03
2沖縄東京(羽田)札幌(千歳)994 / 6523,0002,6418.719.18
3札幌(千歳)大阪(伊丹)沖縄774 / 76722,0002,5078.789.25
4沖縄東京(羽田)札幌(千歳)462 / 6723,4002,6418.869.33
5札幌(千歳)東京(羽田)沖縄62 / 47523,5002,6418.909.37
6沖縄大阪(関西)札幌(千歳)1734 / 171322,5002,5078.979.53
7沖縄大阪(伊丹)札幌(千歳)762 / 114322,8002,5079.099.57
8沖縄東京(羽田)札幌(千歳)464 / 6924,1002,6419.139.60
9札幌(千歳)大阪(伊丹)福岡772 / 315516,7001,8299.139.71
10沖縄東京(羽田)札幌(千歳)2422 / 472525,1002,6419.509.98
11宮崎東京(羽田)札幌(千歳)2464 / 473919,1002,0069.5210.02
12山口宇部東京(羽田)札幌(千歳)700 / 7918,4001,9309.5310.06
13札幌(千歳)東京(羽田)沖縄58 / 242325,2002,6419.5410.02
14札幌(千歳)東京(羽田)長崎64 / 66719,9002,0809.5710.05
15長崎東京(羽田)札幌(千歳)2434 / 6919,9002,0809.5710.05
16札幌(千歳)東京(羽田)宮崎50 / 245519,3002,0069.6210.12
17札幌(千歳)東京(羽田)宮崎52 / 60519,3002,0069.6210.12
18鹿児島東京(羽田)札幌(千歳)624 / 6719,9002,0669.6310.12
19札幌(千歳)東京(羽田)鹿児島58 / 62520,0002,0669.6810.17
20札幌(千歳)東京(羽田)鹿児島62 / 247720,0002,0669.6810.17
21札幌(千歳)東京(羽田)鹿児島66 / 62720,0002,0669.6810.17
22佐賀東京(羽田)札幌(千歳)982 / 6919,8002,0419.7010.20
23札幌(千歳)東京(羽田)佐賀64 / 45519,9002,0419.7510.24
24札幌(千歳)東京(羽田)長崎56 / 243520,3002,0809.7610.25
25長崎東京(羽田)札幌(千歳)666 / 7120,3002,0809.7610.25
26長崎東京(羽田)札幌(千歳)2436 / 7520,3002,0809.7610.25
27札幌(千歳)東京(羽田)鹿児島54 / 62320,2002,0669.7810.27
28札幌(千歳)東京(羽田)鹿児島56 / 247520,2002,0669.7810.27
29山口宇部東京(羽田)札幌(千歳)3814 / 473118,9001,9309.7910.32
30佐賀東京(羽田)札幌(千歳)452 / 5520,0002,0419.8010.29

BEST30の内訳は、沖縄(那覇)が0便(前月比-4)と前回とやや減らし、鹿児島が6便(前月比+5)・長崎5便(前月比-1)・熊本0便(前月比-3)・宮崎が3便(前月比-1)と九州方面も多少の増減はあるものの大きな変化はありません。
沖縄・九州方面で埋め尽くされる中で山口宇部が1便増やし2便になりました。
方面のラインナップは代わり映えせず、前回大幅に悪化した余波なのか、7円台が消滅するという悲しい事態に陥りましたが、福岡がランクインしてきたのは目新しい点です。

札幌(新千歳)-大阪(伊丹)-沖縄(那覇)

OKA-HND-CTS
Great Circle Mapper

札幌(新千歳)発着に1位はずっと沖縄(那覇)ですが、時々経由地を変えます。
今回は沖縄(那覇)-東京(羽田)-札幌(新千歳)が第1位になりました。
前回(伊丹経由)の7.26円から8.56円と、遂に札幌(新千歳)発着に7円台がなくなり、前回以上にショッキングな状況です。
しかし獲得PP数は札幌(新千歳)-沖縄(那覇)間で最大の2,641PPになり、名古屋経由より107ポイント・伊丹経由より134ポイント多い獲得数は魅力的な路線です。
前回1位だった伊丹経由もPP単価は大幅悪化したものの3位以降にしっかり入っています。
往復を組む際は1位と2位で組むことができ、往復平均PP単価は8.63円になります。
獲得PP数は5,282PPと比較的満足できるところです。

長崎-東京(羽田)-札幌(新千歳)

CTS-HND-NGS
Great Circle Mapper

沖縄に次いで九州各地が元気です。
9位に福岡が入るという珍しい状況ですが、往復では以下に紹介する宮崎とこの札幌(新千歳)-東京(羽田)-長崎が良いパフォーマンスです。
最上位で14位と、華々しさはありませんが、往復で組む前提なら直下15位(14位タイ)と組み合わせての往復が可能です。
往復平均PP単価は9.57円(前回9.06円)で、獲得PP数は4,160PPです。
沖縄以外でPP単価10円以下で往復できるという点と、札幌発着ではなかなかお目にかかれないソラシド運行が割り当てられる点、そしてPP単価で同値の宮崎より獲得PP数が大きい点が魅力の路線です。

宮崎-東京(羽田)-札幌(新千歳)

CTS-HND-KMI
Great Circle Mapper

長崎と並びPP単価が優れている宮崎-東京(羽田)-札幌(新千歳)です。
ランキング11位・PP単価9.52円(前回9.22円)となかなかのパフォーマンスで、エアドゥ+ソラシド運行などもあり楽しい路線ですが、獲得プレミアムポイントは長崎と比べやや少ない2,006ポイントの獲得です。
往復を組む場合は16位・PP単価9.62円で、往復平均PP単価は9.57円となります。
奇しくも長崎と同じPP単価ですので選択肢が増えるので有用です。

同時期のプレミアム28

札幌(新千歳)発着に絞ったランキングではなく全国版ベスト100ですが、本記事と同時期のプレミアムクラスのPP単価ランキングはこちらです。
組み合わせて旅程を組む場合などの参考にどうぞ。

まとめ

8月搭乗分の札幌(新千歳)発着ランキングは前回同様に沖縄と九州方面が占拠する感じの中に山口宇部と福岡がランク入りする形になりました。
全国的に好ましく無い8月搭乗分に於いて、札幌(新千歳)の好ましい感じではありません。
前回は「それでも7円台がある」と力説したのですが、今回はそれすらも無くなり目を覆いたくなる状況です。
札幌(新千歳)からの沖縄・九州方面路線は獲得PP数が大きいことが唯一の救いでしょうか。
ですが、敢えてこの夏はフライトしなくてもという感じがしてなりません。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント