[SFC修行]2月搭乗分バリュートランジットBEST30(主要空港以外)

VALUE TRANSIT28 地方空港BEST30

先日発表されたANA VALUE TRANSIT28(2月搭乗分)2022年2月1日〜2月28日から、主要空港発着+小松発着のBEST30を紹介してきました。
これら主要空港発着以外にもPP単価10円以下の優良路線が多くあるので、本記事では非主要空港PP単価BEST30を紹介します。

全設定路線のPP単価2月搭乗分BEST100の記事は以下のリンクからどうぞ。

また、ランキングに載らなかった路線も含め2区間合計の獲得PP数をまとめてありますので参考にしてください。

バリュートランジット28の詳細(運賃・マイル・PP等)についてはこちらの記事をご覧ください。

非主要空港発着

非主要空港発着の設定路線数は913路線(前月比-18便)が設定され、PP単価10円を下回る路線は18路線(前月比+12便)が設定されています。
前月にはなかったPP単価7円台が1便現れ・8円台が7便(前月比+6便)・9円台が10便(前月比+5便)と、主要空港発着が軒並み横ばいだったのと比べ改善著しい地方空港発着になっています。
特に、PP単価の良い路線が自身の住んでいるエリアから出ているならラッキーです。

表中の最安運賃は旅客施設使用料を含んでいませんので、実際のPP単価は下記から変化しますのでご注意ください。
バリュートランジットを利用の場合は、出発地と到着地そして経由地x2の旅客施設利用料が加算されます。
例 沖縄-東京(羽田)-小松の場合は、120円+290円x2+0円=700円となります。

それではBEST30をご覧ください。

出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価
1長崎大阪(伊丹)青森784 / 185313,0001,6797.74
2宮崎大阪(伊丹)青森506 / 185313,0001,6228.01
3青森大阪(伊丹)宮崎1854 / 50713,0001,6228.01
4青森大阪(伊丹)長崎1854 / 78514,4001,6798.58
5広島札幌(千歳)函館1271 / 485314,8001,6588.93
6青森大阪(伊丹)鹿児島1856 / 55115,0001,6778.94
7大分大阪(伊丹)青森1688 / 185313,6001,5128.99
8大分大阪(伊丹)青森1690 / 185513,6001,5128.99
9鹿児島大阪(伊丹)青森546 / 185315,5001,6779.24
10青森大阪(伊丹)鹿児島1854 / 317515,5001,6779.24
11釧路札幌(千歳)広島4876 / 127216,4001,7279.50
12青森大阪(伊丹)松山1856 / 164913,6001,4229.56
13稚内札幌(千歳)広島4844 / 127217,3001,7799.72
14青森大阪(伊丹)熊本1854 / 52715,8001,6199.76
15青森大阪(伊丹)熊本1852 / 162516,0001,6199.88
16青森大阪(伊丹)松山1854 / 164314,1001,4229.92
17松山大阪(伊丹)青森1638 / 185314,2001,4229.99
18松山大阪(伊丹)青森1646 / 185514,2001,4229.99
19熊本大阪(伊丹)青森1628 / 185516,2001,61910.01
20秋田東京(羽田)佐賀402 / 98118,0001,69410.63
21女満別札幌(千歳)仙台4866 / 481012,0001,12410.68
22秋田東京(羽田)鹿児島408 / 247918,6001,71910.82
23鹿児島東京(羽田)秋田624 / 40518,6001,71910.82
24鹿児島東京(羽田)秋田2472 / 40318,6001,71910.82
25庄内東京(羽田)佐賀394 / 98117,4001,60310.85
26釧路東京(羽田)鹿児島4772 / 247523,2002,13310.88
27鹿児島東京(羽田)大館能代2474 / 72119,3001,77210.89
28女満別札幌(千歳)仙台4862 / 314812,3001,12410.94
29庄内東京(羽田)鹿児島394 / 62118,0001,62811.06
30庄内東京(羽田)鹿児島398 / 247718,0001,62811.06
31鹿児島東京(羽田)庄内620 / 39518,0001,62811.06

BEST30のうち、PP単価10円を下回る路線数は前回の6便から一気に増加し18便の設定となりました。
ここ3ヶ月は連続増加していて頼もしい限りです。
方面の内訳は、北海道各地発着が6便(前月比-6便)・九州各地発着が22便(前月比+3便)・東北各地発着が27便(前月比+10便)となり、他には松山が4便・広島が3便といったところ。
今回は東北方面各地、特に青森が強烈に目立っています。
九州方面では前回14便の鹿児島一辺倒だったものが、長崎・宮崎・大分・熊本などを合わせ満遍なく設定されているようです。
今回は躍進著しい青森発着の三選を紹介します。

長崎-大阪(伊丹)-青森

Great Circle Mapper

非主要空港発着2月搭乗分の第1位の長崎-大阪(伊丹)-青森です。
PP単価は7.74円で全国ランキングでも41位と満足いく数値です。
線形を位見るとなかなかの列島横断で、この路線の獲得PP数は1,679PP、往復なら3,358PPもなかなかのモノです。
青森発の設定も4位(PP単価8.58円)と上位に顔を覗かせ、単純往復での平均PP単価も8.16円と主要空港発着に引けを取らない数値です。
地方-地方の路線にも関わらず全てANA便による運行で機材・運行会社バリエーションは乏しいのが難点と思う人もいそうですが、逆にミリオンマイラーを目指す位ANAロイヤリティが高い人には嬉しい組み合わせです。

宮崎-大阪(伊丹)-青森

Great Circle Mapper

第1位と似たようなマップになりますが、宮崎-大阪(伊丹)-青森を紹介します。
ランクは宮崎発が2位・青森発が3位(2位タイ)と上々で、往復平均PP単価は8.01円は上で紹介した長崎より優れます。
獲得PP数は往復で3,244PPと、長崎と比べるとやや少なくなりますが、平均PP単価・獲得PP数も僅かな差ですから、都合や好み・どちらを重視するかで選択できるのは嬉しいところです。

青森-大阪(伊丹)-鹿児島

Great Circle Mapper

最後は、またまた類似のマップですが青森-大阪(伊丹)-鹿児島を紹介します。
6位に青森発・9位に鹿児島発が入り、往復ともに充実している点も上記2路線と同様です。
往復での獲得PP数は3,354PPで、平均PP単価は9.09円もなかなかのモノです。
上記2路線と異なる点は、若干PP単価は悪化しますが10位にある青森発でIBEX運行があり、機内の雰囲気やサービス・特徴的な機材を楽しめます。

青森発着は他に熊本・大分・佐賀が上位にラインナップされ、青森と九州を結ぶ路線が活況です。
その中にはソラシド運行などもありバリエーション豊富です。

スポンサーリンク

同時期のプレミアム28

主要空港を含めた全国版ベスト100ですが、本記事と同時期のプレミアムクラスのPP単価ランキングはこちらです。
組み合わせて旅程を組む場合などの参考にどうぞ。

まとめ

主要空港を軸に考えがちなSFC修行ですが、地方空港発着でも勝負になるPP単価の路線・便はそこそこあります。
この2月搭乗分でPP単価10円以下は18便に増え、最良は7円台と全国的に見てもなかなか強力で、当ブログで主要空港として扱っている名古屋(中部)や福岡などよりもPP単価が良い場合もあります。
今回は青森と九州を結ぶ路線に焦点を当てましたが、他にも秋田・大館能代・庄内からの九州各地への便も上位で目立っています。
また、これら路線と主要空港発着を組み合わせるのも面白そうです。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント