[SFC修行]1月搭乗分バリュートランジットBEST30(主要空港以外)

VALUE TRANSIT28 地方空港BEST30

先日発表されたANA VALUE TRANSIT28(1月搭乗分)2022年1月1日〜1月31日から、主要空港発着+小松発着のBEST30を紹介してきました。
これら主要空港発着以外にもPP単価10円以下の優良路線が多くあるので、本記事では非主要空港PP単価BEST30を紹介します。

全設定路線のPP単価1月搭乗分BEST100の記事は以下のリンクからどうぞ。

また、ランキングに載らなかった路線も含め2区間合計の獲得PP数をまとめてありますので参考にしてください。

バリュートランジット28の詳細(運賃・マイル・PP等)についてはこちらの記事をご覧ください。

スポンサーリンク

非主要空港発着

非主要空港発着の設定路線数は931路線が設定されていて、PP単価10円を下回る路線は6路線が設定されています。
PP単価7円台は無く・8円台が1便・9円台が5便と、主要空港と繋ぐ路線は除外しているにもかかわらず、なかなかどうして負けず劣らずの能力と言えます。
特に、PP単価の良い路線が自身の住んでいるエリアから出ているならラッキーです。

表中の最安運賃は旅客施設使用料を含んでいませんので、実際のPP単価は下記から変化しますのでご注意ください。
バリュートランジットを利用の場合は、出発地と到着地そして経由地x2の旅客施設利用料が加算されます。
例 沖縄-東京(羽田)-小松の場合は、120円+290円x2+0円=700円となります。

それではBEST30をご覧ください。

出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価
1広島札幌(千歳)函館1271 / 485313,6001,6588.20
2釧路札幌(千歳)広島4876 / 127216,4001,7279.50
3稚内札幌(千歳)広島4844 / 127217,3001,7799.72
4静岡沖縄石垣1263 / 244920,3002,0649.84
5石垣沖縄静岡2442 / 126420,3002,0649.84
6女満別札幌(千歳)仙台4866 / 481011,2001,1249.96
7釧路東京(羽田)鹿児島4772 / 247521,5002,13310.08
8長崎大阪(伊丹)青森784 / 185317,1001,67910.18
9静岡沖縄宮古1263 / 172920,6001,95910.52
10宮古沖縄静岡1722 / 126420,6001,95910.52
11宮崎大阪(伊丹)青森506 / 185317,1001,62210.54
12青森大阪(伊丹)宮崎1854 / 50717,1001,62210.54
13鹿児島東京(羽田)釧路622 / 74122,8002,13310.69
14鹿児島東京(羽田)函館624 / 475920,8001,93710.74
15鹿児島東京(羽田)函館2474 / 55520,8001,93710.74
16女満別札幌(千歳)仙台4862 / 314812,1001,12410.77
17秋田東京(羽田)鹿児島408 / 247918,6001,71910.82
18鹿児島東京(羽田)秋田624 / 40518,6001,71910.82
19鹿児島東京(羽田)秋田2472 / 40318,6001,71910.82
20鹿児島東京(羽田)大館能代2474 / 72119,3001,77210.89
21佐賀東京(羽田)秋田452 / 40318,6001,69410.98
22函館東京(羽田)鹿児島556 / 247921,3001,93711.00
23青森大阪(伊丹)長崎1854 / 78518,5001,67911.02
24仙台札幌(千歳)女満別3147 / 486512,4001,12411.03
25庄内東京(羽田)鹿児島394 / 62118,0001,62811.06
26庄内東京(羽田)鹿児島398 / 247718,0001,62811.06
27鹿児島東京(羽田)庄内620 / 39518,0001,62811.06
28岩国東京(羽田)秋田636 / 40716,9001,50311.24
29釧路東京(羽田)鹿児島742 / 62724,1002,13311.30
30青森大阪(伊丹)鹿児島1856 / 55119,1001,67711.39

BEST30のうち、PP単価10円を下回る路線数は前回の28路線から一気に減少し6便の設定となりましたが、これは当ブログで2022年搭乗分から小松発着を別記事で独立させた事が原因です。
小松発着を抜いて改めて比較すると+3便と改善しています。
方面の内訳は、北海道各地発着が12便・九州各地発着が19便、特に鹿児島発着が内14便と幅を利かせています。
17便の設定がある東北方面各地も面白く、宮古-静岡といった路線も使えそうです。

広島-札幌(新千歳)-函館

Great Circle Mapper

非主要空港発着1月搭乗分の第1位は広島-札幌(新千歳)-函館です。
PP単価は8.20円で全国ランキングでは109位になります。
なかなかの折り返し感は乗り継ぎマニアを満足させるもので、実際のフライトでは函館上空を通り過ぎる体験もあり得ます。
この路線の獲得PP数は1,658PPで、往復なら3,300を超える良い感じとなるのですが、反対行きの設定が1214位(PP単価14.42円)と振るわず、単純往復だと平均PP単価11.32円と悩ましい数値です。
地方-地方の路線にも関わらず全てANA便による運行ですので機材・運行会社バリエーションは乏しいですが、逆にミリオンマイラーを目指す位ANAロイヤリティが高い人には嬉しい組み合わせです。

静岡-沖縄(那覇)-石垣

Great Circle Mapper

往復で旅程を組む前提ならこちらがベストです。
静岡-沖縄(那覇)-石垣は往復共にPP単価9.84円で4位タイとなります。
往復平均PP単価も当然変わらず9.84円ですので、とても使い勝手が良い路線と言えます。
この往復で組んだ場合、沖縄(那覇)-石垣間はソラシド運行になり、上記路線と違い機内の印象の違いも楽しい組み合わせです。
難点は往復で40,000円を超える持ち出しでしょうか。
ここまで値が張るとシンプルにプレミアムクラスに手を出したくなる気もします。

釧路-東京(羽田)-鹿児島

kuh-hnd-koj
Great Circle Mapper

最後は、地方路線間のバリュートランジットBEST30で獲得PP数が最大の釧路-東京(羽田)-鹿児島を紹介します。
日本列島(本土)の最東端から最南端を結ぶ雄大な路線は獲得PP数2,133と強力で、往復4,266は魅力的です。
釧路-羽田間がエアドゥ・鹿児島-羽田間がソラシドで運行され、どちらも使用機材はB737になりますが、機内の雰囲気やサービスに違いがあり楽しめます。
前月は往復で組む場合のパフォーマンスが悪かったのですが今回は良く、鹿児島発が13位(PP単価10.69円)と一気に上昇、往復平均PP単価は10.38円と改善しました。
ですがこの路線の魅力は獲得PP数の大きさですから、10円台前半であれば納得できるかもしれません。
列島縦断(横断?)のスケールの大きな飛行経路はぜひ陸が見える側の窓側席で楽しみたい路線です。

スポンサーリンク

同時期のプレミアム28

主要空港を含めた全国版ベスト100ですが、本記事と同時期のプレミアムクラスのPP単価ランキングはこちらです。
組み合わせて旅程を組む場合などの参考にどうぞ。

まとめ

主要空港を軸に考えがちなSFC修行ですが、地方空港発着でも勝負になるPP単価の路線・便はそこそこあります。
この1月搭乗分でPP単価10円以下は6便ありますし、最良は8.20円と全国的に見てもなかなか強力で、当ブログで主要空港として扱っている名古屋(中部)や福岡などよりもPP単価が良い場合もあります。
地方だからと諦める必要は全くありません。

ランキングは小松発着を抜いた為、非常に変化が大きく比較は難しくなっています。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント