福岡発着BEST30(1月搭乗分)バリュートランジット28[2022年SFC修行]

VALUE TRANSIT28 福岡PP単価BEST30

先月末に発表されたANA VALUE TRANSIT28(1月搭乗分)2022年1月1日〜1月31日の中から、今回は福岡発着のBEST30の紹介になります。

最新版を含め、まだ間に合う前月搭乗分や過去のランキングはこちらに一覧があります。

全設定路線についてはPP単価BEST100の記事がありますので以下の記事をご覧ください。

本記事では、その1月搭乗分の中から福岡発着のBEST30を紹介します。
また、ランキングに載らなかった路線も含め2区間合計の獲得PP数を以下の記事でまとめてあります。

バリュートランジット28の詳細(運賃・マイル・PP等)についてはこちらの記事をご覧ください。

スポンサーリンク

福岡発着

福岡発着の設定路線数は177路線(前月比-1)が設定され、前月とほぼ変わらない設定数となりました。
PP単価10円を下回る路線は8路線(前月比+6)となり、設定路線数はほぼ横ばいの一方で優良路線は激増で、福岡発着としては良いラインナップと言えます。

表中の最安運賃は旅客施設使用料を含んでいませんので、実際のPP単価は下記から変化しますのでご注意ください。
バリュートランジットを利用の場合は、出発地と到着地そして経由地x2の旅客施設利用料が加算されます。
例 福岡-名古屋(中部)-札幌(新千歳)の場合は、110円+440円x2+270円=1,260円となります。

それではBEST30をご覧ください。

出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価
1福岡札幌(千歳)女満別289 / 486515,0001,9457.71
2函館札幌(千歳)福岡4854 / 29015,8001,8588.50
3福岡札幌(千歳)釧路289 / 487316,6001,9278.61
4稚内札幌(千歳)福岡4842 / 29018,6001,9799.40
5福岡名古屋(中部)札幌(千歳)3160 / 483517,9001,8829.51
6札幌(千歳)名古屋(中部)福岡706 / 315918,4001,8829.78
7福岡名古屋(中部)札幌(千歳)432 / 70318,5001,8829.83
8札幌(千歳)名古屋(中部)福岡4830 / 386318,7001,8829.94
9福岡名古屋(中部)札幌(千歳)3858 / 70718,9001,88210.04
10福岡大阪(伊丹)青森420 / 185116,4001,61410.16
11青森大阪(伊丹)福岡1856 / 42916,5001,61410.22
12福岡東京(羽田)釧路254 / 477321,5002,08210.33
13福岡東京(羽田)札幌(千歳)240 / 5521,2002,01510.52
14福岡大阪(伊丹)青森426 / 185517,0001,61410.53
15福岡大阪(伊丹)青森3156 / 185317,0001,61410.53
16札幌(千歳)東京(羽田)福岡50 / 24721,4002,01510.62
17福岡東京(羽田)札幌(千歳)254 / 7121,5002,01510.67
18福岡東京(羽田)札幌(千歳)3846 / 472921,5002,01510.67
19福岡東京(羽田)札幌(千歳)266 / 473921,7002,01510.77
20福岡大阪(伊丹)札幌(千歳)420 / 77319,7001,82910.77
21福岡大阪(伊丹)札幌(千歳)426 / 77919,7001,82910.77
22福岡東京(羽田)帯広256 / 476722,1002,03910.84
23青森大阪(伊丹)福岡1854 / 42717,8001,61411.03
24福岡大阪(伊丹)札幌(千歳)3156 / 77520,2001,82911.04
25福岡東京(羽田)旭川244 / 478323,5002,11411.12
26旭川東京(羽田)福岡4784 / 26123,5002,11411.12
27札幌(千歳)東京(羽田)福岡58 / 25522,4002,01511.12
28釧路東京(羽田)福岡4772 / 25323,2002,08211.14
29福岡東京(羽田)秋田240 / 40318,6001,66811.15
30青森大阪(伊丹)福岡1852 / 315518,1001,61411.21

先月のBEST30と比べると第1位のPP単価は約2円も改善し30位を見ても0.4円改善と、全体的に良い傾向のランキングになりました。
内訳を見ていくと、札幌(新千歳)路線は14便(前月比+2)と変わらない強さを見せ、札幌(新千歳)以外の北海道方面路線が9便(前月比-4)と減ったとは言え、北海道方面が上位に大量ランクインしました。
ほとんどが北海道方面で埋め尽くされる中で、青森・秋田が7便ランクインする点も方面分布は変わりません。

福岡-札幌(新千歳)-女満別

FUK-CTS-MMB
Great Circle Mapper

先日アップした記事(大阪発着名古屋(中部)発着)でも幅を利かせる女満別ですが、福岡発着でもダントツの1位で、福岡-札幌(新千歳)-女満別が唯一のPP単価7円台を出してきました。
興味深い点は大阪(関西)発と名古屋(中部)発は4867便なのに対して、この福岡発では4865便という点。
特定の1便だけがエラー運賃のような状況ではなく、札幌(新千歳)-女満別が極めて強力な運賃設定になっていることが伺えます。

女満別路線の最大の問題である復路設定ですが福岡発着でも同様で、東京(羽田)経由が第41位でPP単価11.51円と厳しいです。
その旅程(福岡-札幌(新千歳)-女満別-東京(羽田)-福岡)で周遊的な往復を組んだ場合、獲得PP数は4,108PPで平均PP単価は9.71円とあまり好ましくありません。
第1位の路線で女満別に行ったものの、復路で単価を悪化させるのでは使い勝手が悪いと言えます。

福岡-名古屋(中部)-札幌(新千歳)

FUK-NGO-CTS
Great Circle Mapper

では、手軽に往復旅程を組める中でのベスト路線はというと、札幌(新千歳)-名古屋(中部)-福岡があります。
福岡発着では定番の札幌路線で、経由地もこの名古屋(中部)以外に東京(羽田)や大阪(伊丹)があり選択の自由度も高い路線です。
名古屋(中部)経由は5位から9位に往復満遍なく並び、羽田経由と比べ獲得PP数は劣りますが価格面で優位であり、こちらを選びたいところ。
往復での獲得PP数は1,882PPと控えめですが、ベストの組み合わせ(5位と6位)でのPP単価は9.64円と、福岡発着ではまあまあ使える往復路線となります。
前回のPP単価は9.72円だったので、少なからず改善傾向にあることも見逃せません。

ベスト組み合わせでは、往路がIBEX/エアドゥ・復路がANA/IBEXの運行であり、9位と8位の組み合わせではPP単価は9.99円になってしまいますがスターフライヤー/ANA・エアドゥ/スターフライヤーとすることもでき運行会社の組み合わせも楽しく、往復4便全てバラバラにして搭乗体験をするのも興味が湧きます。

福岡-大阪(伊丹)-青森

FUK-ITM-AOJ
Great Circle Mapper

上で紹介した札幌(新千歳)路線以外の北海道方面路線は、単品ではPP単価が良くランキング上位に散りばめられていますが、いざ往復で組もうとなると片側のPP単価が悪いことが多く悩ましいところであります。
そんな中、第10位の福岡-大阪(伊丹)-青森は優秀です。
第10位の往路のすぐ下(11位)に復路がランクインしていて、往復の使い勝手では北海道の地方空港路線よりも良さそうです。
獲得PP数は片道1,614PP・往復3,228PP、往復平均PP単価も10.19円となんとも平凡で、運行会社を見ても全てANA運行とこちらも平凡です。

福岡発着のバリュートランジットの往復でPP単価10円を下回るのはなかなか難しく、10.19円なら採用レベルではあります。
そもそも、10円以下で簡単に往復できるのは上記の名古屋(中部)経由の札幌(新千歳)が唯一であり、行き先・機材の経験を求めるなら選択の余地があり、伊丹-青森の比較的距離のある区間をプロペラ機のQ84でフライトするのも貴重です。

スポンサーリンク

同時期のプレミアム28

福岡発着に絞ったランキングではなく全国版ベスト100ですが、本記事と同時期のプレミアムクラスのPP単価ランキングはこちらです。
組み合わせて旅程を組む場合などの参考にどうぞ。

まとめ

今月の福岡発着BEST30でも女満別旋風が来ていますが往復の組みにくさは変わらずで、PP単価7円台という福岡発着では垂涎の路線ではあるものの、流行る気持ちを抑えて札幌(新千歳)あたりでお茶を濁すのが賢明なようです。

福岡発着路線は、運行会社のバリエーションが面白く、ANA運行以外にIBEX運行・エアドゥ運行・スターフライヤー運行があり、ANA以外の組み合わせてSFC修行を楽しむことも可能です。

福岡からは日帰り往復は少々厳しく、一旦札幌(新千歳)に飛び札幌(新千歳)からの優れた路線を繋ぐ形が望ましいかもしれません。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント