福岡発着BEST30(11月搭乗分)バリュートランジット28[SFC修行]

VALUE TRANSIT28 福岡PP単価BEST30

PP単価の算出に間違いがあり、修正作業を行いました。
間違い箇所は打ち消し線・訂正内容は赤字で書いてあります。

BEST30以下で間違いがあった為、オススメ3路線等は変更していません。

先月末に発表されたANA VALUE TRANSIT28(11月搭乗分)2021年10月31日〜11月30日の中から、今回は福岡発着のBEST30の紹介になります。

最新版を含め、まだ間に合う前月搭乗分や過去のランキングはこちらに一覧があります。

全設定路線についてはPP単価BEST100の記事がありますので以下の記事をご覧ください。

本記事では、11月搭乗分の中から福岡発着のBEST30を紹介します。
また、ランキングに載らなかった路線も含め2区間合計の獲得PP数を以下の記事でまとめてあります。

バリュートランジット28の詳細(運賃・マイル・PP等)についてはこちらの記事をご覧ください。

スポンサーリンク

福岡発着

福岡発着の設定路線数は135路線(前月比-44)175路線(前月比-4)が設定され、他空港発着と同じく大幅減少が悲しい状況です。前月とほぼ変わらない設定数となりました。
PP単価10円を下回る路線は6路線(前月比-1)となり、わずか1便の減少数で済んだののは幸いです。

表中の最安運賃は旅客施設使用料を含んでいませんので、実際のPP単価は下記から変化しますのでご注意ください。
バリュートランジットを利用の場合は、出発地と到着地そして経由地x2の旅客施設利用料が加算されます。
例 福岡-名古屋(中部)-札幌(新千歳)の場合は、110円+440円x2+270円=1,260円となります。

それではBEST30をご覧ください。

出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価
1福岡札幌(千歳)女満別289 / 486516,5001,9458.48
2福岡札幌(千歳)釧路289 / 487316,5001,9278.56
3稚内札幌(千歳)福岡4842 / 29017,1001,9798.64
4函館札幌(千歳)福岡4854 / 29017,1001,8589.20
5福岡名古屋(中部)札幌(千歳)432 / 70318,6001,8829.88
6札幌(千歳)名古屋(中部)福岡706 / 315918,7001,8829.94
7福岡名古屋(中部)札幌(千歳)3160 / 483519,2001,88210.20
8福岡大阪(伊丹)青森420 / 185116,5001,61410.22
9青森大阪(伊丹)福岡1856 / 42916,5001,61410.22
10札幌(千歳)大阪(伊丹)福岡1144 / 42518,8001,82910.28
11福岡名古屋(中部)札幌(千歳)3858 / 70719,8001,88210.52
12札幌(千歳)名古屋(中部)福岡4830 / 386319,9001,88210.57
13青森大阪(伊丹)福岡1854 / 42717,5001,61410.84
14青森大阪(伊丹)福岡1852 / 315517,9001,61411.09
15札幌(千歳)東京(羽田)福岡50 / 24723,0002,01511.41
16福岡大阪(伊丹)札幌(千歳)420 / 77321,0001,82911.48
17札幌(千歳)名古屋(中部)福岡710 / 386921,8001,88211.58
18福岡東京(羽田)札幌(千歳)250 / 6723,4002,01511.61
19福岡東京(羽田)札幌(千歳)252 / 6923,4002,01511.61
20福岡大阪(伊丹)青森426 / 185518,9001,61411.71
21福岡大阪(伊丹)青森3156 / 185319,0001,61411.77
22札幌(千歳)大阪(伊丹)福岡778 / 42921,6001,82911.81
23札幌(千歳)東京(羽田)福岡58 / 25524,1002,01511.96
24福岡東京(羽田)札幌(千歳)246 / 6524,1002,01511.96
25札幌(千歳)仙台福岡4800 / 311223,0001,89912.11
26札幌(千歳)東京(羽田)福岡62 / 25924,6002,01512.21
27札幌(千歳)東京(羽田)福岡64 / 26124,6002,01512.21
28福岡東京(羽田)釧路254 / 477325,7002,08212.34
29札幌(千歳)東京(羽田)福岡4712 / 24924,9002,01512.36
30札幌(千歳)東京(羽田)福岡4716 / 25325,3002,01512.56

BEST30の内訳は、先月と比べると激変の様相です。
13便と最多を誇ったが沖縄(那覇)経由の石垣・宮古路線がランク外に追いやられ、札幌(新千歳)路線は19便(前月比+8)と大躍進、先月6便だったが札幌(新千歳)以外の北海道方面路線が1便だけ減らし5便となりました。
ほとんどが北海道方面で埋め尽くされる中で、紅一点と言うべきか青森行きの便が6便ランクインし、燻銀の輝きを見せています。

福岡-札幌(新千歳)-女満別

FUK-CTS-MMB
Great Circle Mapper

福岡発着11月搭乗分での第1位は福岡-札幌(新千歳)-女満別です。
名古屋(中部)発着でも急上昇の女満別が第1位に輝きましたが、名古屋発着と同様に往復が難しい設定です。
獲得PPは1,945ポイントと福岡発着として1・2を争う大量のプレミアムポイントを獲得可能な路線です。
PP単価は8.48円と素晴らしく、獲得ポイントの大きさと相まって魅力的な路線です。

しかし同路線の復路設定は無く、経由地を東京(羽田)に変更してなんとか60位63位(PP単価13.13円)と使い物にならないレベルであります。
他の路線を組み合わせて複雑に組み立てるなら選択肢の一つになる、という印象です。

福岡-大阪(伊丹)-青森

FUK-ITM-AOJ
Great Circle Mapper

北海道方面の路線が幅を利かせているランキングの中で異彩を放つ福岡-大阪(伊丹)-青森を紹介します。
第8位にランクインしたこの路線はPP単価10.22円・獲得PP数1,614PPとまずまずの優良路線と言えそうです。

第1位の女満別と違い、往復で上位にランクインしており、第9位の復路もPP単価は同一です。
他にも往路が20/21位、復路が13/14位に別時間帯のフライトが設定され、スケジュールの柔軟性が高く、便によってはIBEX運行に当たる場合もあり記載バリエーションも楽しめる路線です。

福岡-○○-札幌(新千歳)

FUK-ITM_NGO_HND_SDJ-FUK
Great Circle Mapper

最後に紹介するのは、ベスト30の過半数を大きく上回る19便がランクインした福岡-○○-札幌(新千歳)(&その復路)です。
経由地を見ると、主要空港である羽田・中部・伊丹の他に仙台があるのが新鮮です。
獲得PP数は東京(羽田)経由が最も多く2,015PP、次いで仙台経由の1,899PP・名古屋(中部)経由1,882PP・大阪(伊丹)経由1,829PPと続きます。
PP単価では、第5位(往路)が9.88円と最良で往復ともに満遍なくラインナップしていて、経由地・PP単価・獲得PP数どれを優先するかで自由に選択可能なのは嬉しい点です。

PP単価の良い名古屋(中部)経由で往復した場合、往復平均PP単価は9.91円とギリギリ10円を下回ることができますし、獲得PP数が最多となる東京(羽田)経由で往復すると総獲得PPは4,030PPと大台突破が頼もしい路線です。

スポンサーリンク

同時期のプレミアム28

福岡発着に絞ったランキングではなく全国版ベスト100ですが、本記事と同時期のプレミアムクラスのPP単価ランキングはこちらです。
組み合わせて旅程を組む場合などの参考にどうぞ。

まとめ

今月の福岡発着BEST30はPP単価7円台が無くなり8円台が3便と、いつも通りの寂しいランキングと言えます。
しかし全国的な沖縄方面の不調の影響で、全体で見ると悪く無く見えるのが不思議です。

最後に紹介した札幌(新千歳)路線は、選択によってはIBEX運行・エアドゥ運行・スターフライヤー運行があり、場合によってはANA以外の組み合わせてSFC修行を楽しむことも可能です。

通常であれば他空港発着と比較して見劣りがちな福岡発着ですが、全国的に不調の11月においてそこは問題では無く、機材バリエーションの豊富さと、福岡と言う立地を生かした北海道方面までの長距離フライトが修行僧の背中を押します。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント