福岡発着BEST30(9月搭乗分)バリュートランジット28[SFC修行]

VALUE TRANSIT28 福岡PP単価BEST30

先月末に発表されたANA VALUE TRANSIT28(9月搭乗分)2021年9月1日〜9月30日の中から、今回は福岡発着のBEST30の紹介になります。

最新版を含め、まだ間に合う前月搭乗分や過去のランキングはこちらに一覧があります。

全設定路線についてはPP単価BEST100の記事がありますので以下の記事をご覧ください。

本記事では、9月搭乗分の中から福岡発着のBEST30を紹介します。
また、ランキングに載らなかった路線も含め2区間合計の獲得PP数を以下の記事でまとめてあります。

バリュートランジット28の詳細(運賃・マイル・PP等)についてはこちらの記事をご覧ください。

スポンサーリンク

福岡発着

福岡発着の設定路線数は187路線(前月比-2)が設定され、先々月から連続で若干の減少となりました。
PP単価10円を下回る路線は6路線(前月比±0)となっており、先月からの変化はありませんでした。
ランキング最下位の30位のPP単価は改善しているので、全体的には底上げしてきた印象でもあります。

表中の最安運賃は旅客施設使用料を含んでいませんので、実際のPP単価は下記から変化しますのでご注意ください。
バリュートランジットを利用の場合は、出発地と到着地そして経由地x2の旅客施設利用料が加算されます。
例 福岡-名古屋(中部)-札幌(新千歳)の場合は、110円+440円x2+270円=1,260円となります。

それではBEST30をご覧ください。


出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価
1福岡名古屋(中部)札幌(千歳)3864 / 71714,9001,8827.92
2福岡名古屋(中部)札幌(千歳)3862 / 71515,3001,8828.13
3札幌(千歳)名古屋(中部)福岡704 / 386316,4001,8828.71
4札幌(千歳)名古屋(中部)福岡706 / 315917,1001,8829.09
5福岡名古屋(中部)札幌(千歳)3858 / 70717,3001,8829.19
6福岡名古屋(中部)札幌(千歳)3160 / 483517,6001,8829.35
7石垣沖縄福岡1768 / 120816,1001,57510.22
8札幌(千歳)名古屋(中部)福岡710 / 386919,8001,88210.52
9福岡札幌(千歳)中標津1277 / 488321,1001,99010.60
10稚内札幌(千歳)福岡4842 / 29021,1001,97910.66
12函館名古屋(中部)福岡500 / 44718,7001,74810.70
11福岡名古屋(中部)函館3860 / 49918,7001,74810.70
15石垣沖縄福岡1762 / 120416,9001,57510.73
16石垣沖縄福岡1766 / 120616,9001,57510.73
13福岡沖縄石垣1209 / 244916,9001,57510.73
14福岡沖縄石垣1211 / 178116,9001,57510.73
17札幌(千歳)大阪(伊丹)福岡776 / 42719,8001,82910.83
18女満別札幌(千歳)福岡4866 / 128021,1001,94510.85
20石垣沖縄福岡1770 / 121017,2001,57510.92
19福岡沖縄石垣1207 / 177117,2001,57510.92
21釧路札幌(千歳)福岡4874 / 128021,1001,92710.95
23宮古沖縄福岡1722 / 120616,2001,47011.02
24宮古沖縄福岡1726 / 121016,2001,47011.02
22福岡沖縄宮古1207 / 172716,2001,47011.02
25石垣沖縄福岡1780 / 121617,4001,57511.05
26福岡沖縄石垣1201 / 176317,5001,57511.11
27福岡沖縄石垣1203 / 176517,6001,57511.17
28函館札幌(千歳)福岡4854 / 29021,1001,85811.36
29福岡大阪(伊丹)札幌(千歳)420 / 77320,9001,82911.43
30石垣沖縄福岡1774 / 121418,0001,57511.43

BEST30の内訳は、14便が沖縄(那覇)経由の石垣・宮古路線、9便が札幌(新千歳)路線、7便が札幌(新千歳)以外の北海道方面路線となっていて、先月より北海道比率が高まった分布です。

福岡-名古屋(中部)-札幌(新千歳)

FUK-NGO-CTS
Great Circle Mapper

福岡発着9月搭乗分での第1位は福岡-名古屋(中部)-札幌(新千歳)になります。
最近では不動の福岡発着第1位として君臨していますが、PP単価は先月の9.03円から7.92円と1円以上の大幅改善を果たしてます。
獲得PPは1,882ポイントと福岡発着としては大量のプレミアムポイントを獲得可能な路線です。
福岡-名古屋(中部)はスターフライヤー運行便となる為、ANAよりもゆったりとした座席を体感する事が出来ます。

他にも福岡-札幌(新千歳)路線は、経由地違いで往復とも複数便ランクインしており非常に使い勝手の良い路線です。
1位以外の同路線でもIBEX運行があったりと機材・運行会社の面でバリエーション豊富な路線でもあります。

石垣-沖縄(那覇)-福岡

FUK-OKA-ISG
Great Circle Mapper

次に紹介するのは、今月の福岡発着の沖縄方面での最上位となる石垣-沖縄(那覇)-福岡です。
PP単価は先月の9.14円からは悪化し10.22円となりましたが、PP単価10円未満は札幌(新千歳)しかないので他に活路を見出す場合はこの路線が良さそうです。
プレミアムポイントは1,575ポイントを獲得する事が出来ます。

PP単価10.73円で14位の往路と合わせて往復すると、平均PP単価は10.47円で獲得PPは3,150ポイントと優秀な路線です。
今月も往復合わせて11便ランクインしており、利便性も良い路線となっています。

福岡-名古屋(中部)-函館

FUK-NGO-HKD
Great Circle Mapper

最後に紹介するのは沖縄方面と札幌(新千歳)が目立つランキングで奮闘している中標津・女満別・稚内・釧路・函館の北海道地方路線です。
その中でPP単価最上位は中標津ですが、今回は観光シーズンともいえる9月ですので福岡-名古屋(中部)-函館を推したいと思います。
PP単価は10.60円とSFC修行では採用しにくい単価ですが1,748の獲得PPは納得できるプレミアムポイントとも言えます。

福岡から見て往路2便・復路1便がBEST30にランクインしていて旅程が組みやすく、観光地としても魅力的な函館です。
観光ついでにSFC修行といった使い方でも充分に楽しめそうです。

スポンサーリンク

同時期のプレミアム28

福岡発着に絞ったランキングではなく全国版ベスト100ですが、本記事と同時期のプレミアムクラスのPP単価ランキングはこちらです。
組み合わせて旅程を組む場合などの参考にどうぞ。

まとめ

今月も福岡発着BEST30は、PP単価10円以下の便がわずか6便ですが、全体的にはPP単価が改善された印象のランキングとなりました。
その中でも札幌(新千歳)が唯一の7円台であり、選択肢は少ないことが今回のランキングの残念なところと言えます。

福岡は他の発着地と比較すると毎月厳しいPP単価となってしまう発着地となりますが、このランキングをベースにしつつ他の発着地への足がかりとしてこのバリュートランジットを使った旅程などを組むのが策かもしれません。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント