羽田発着BEST30(8月搭乗分)バリュートランジット28[2022年SFC修行]

VALUE TRANSIT28 羽田PP単価BEST30

最新版を含め、まだ間に合う前月搭乗分や過去のランキングはこちらに一覧があります。

2022年のANA VALUE TRANSIT28(8月搭乗分)2022年8月1日〜8月31日が発表され、PP単価BEST100の記事を書きました。

その8月搭乗分から本記事では東京(羽田)発着のBEST30を紹介します。
また、ランキングに載らなかった路線も含め2区間合計の獲得PP数をまとめてありますので、旅程構築の参考資料として活用ください。

バリュートランジット28の詳細についてはこちらの記事で説明しています。

東京(羽田)発着

東京(羽田)発着の設定路線数は160路線(前月比+7)が設定され、微かな増加となり、PP単価10円以下の路線は12路線(前月比-1)と、前回の大幅悪化から見ると下げ止まった感があります。

表中の最安運賃は旅客施設使用料(PFC)を含んでいませんので、実際のPP単価は下記から変化しますのでご注意ください。
バリュートランジットを利用の場合は、出発地と到着地そして経由地x2の旅客施設利用料が加算されます。
例 東京(羽田)-沖縄(那覇)-石垣の場合は、370円+240円x2+0円=850円となります。
実PP単価はこのPFCを含んだ際のPP単価です。

それではBEST30をご覧ください。

出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価実PP単価
1東京(羽田)沖縄石垣477 / 178115,3002,2466.817.19
2石垣沖縄東京(羽田)1762 / 99415,7002,2466.997.37
3石垣沖縄東京(羽田)1764 / 46216,2002,2467.217.59
4石垣沖縄東京(羽田)2450 / 242616,2002,2467.217.59
5石垣沖縄東京(羽田)2442 / 46417,0002,2467.577.95
6東京(羽田)沖縄石垣2423 / 244917,6002,2467.848.21
7東京(羽田)沖縄宮古2423 / 172917,5002,1418.178.57
8宮古沖縄東京(羽田)1722 / 99618,0002,1418.418.80
9宮古沖縄東京(羽田)1190 / 46418,5002,1418.649.04
10東京(羽田)沖縄石垣473 / 177719,6002,2468.739.11
11東京(羽田)沖縄石垣471 / 177120,7002,2469.229.59
12沖縄大阪(伊丹)東京(羽田)1168 / 2618,5001,9289.6010.26
13沖縄大阪(伊丹)東京(羽田)762 / 2819,3001,92810.0110.68
14東京(羽田)大阪(伊丹)沖縄23 / 76720,1001,92810.4311.09
15石垣沖縄東京(羽田)1780 / 109624,0002,24610.6911.06
16沖縄福岡東京(羽田)1200 / 107622,1002,05510.7511.16
17沖縄福岡東京(羽田)1202 / 25222,1002,05510.7511.16
18沖縄福岡東京(羽田)1204 / 25622,1002,05510.7511.16
19沖縄福岡東京(羽田)1206 / 25822,1002,05510.7511.16
20沖縄福岡東京(羽田)1208 / 26222,1002,05510.7511.16
21沖縄福岡東京(羽田)1210 / 26622,1002,05510.7511.16
22沖縄福岡東京(羽田)1212 / 27222,1002,05510.7511.16
23沖縄福岡東京(羽田)1214 / 27422,1002,05510.7511.16
24沖縄福岡東京(羽田)2502 / 25422,1002,05510.7511.16
25石垣沖縄東京(羽田)1774 / 47624,2002,24610.7711.15
26宮古沖縄東京(羽田)1730 / 109823,1002,14110.7911.19
27石垣沖縄東京(羽田)1768 / 46824,4002,24610.8611.24
28東京(羽田)福岡沖縄241 / 120322,6002,05511.0011.40
29東京(羽田)福岡沖縄247 / 120522,6002,05511.0011.40
30東京(羽田)福岡沖縄251 / 120722,6002,05511.0011.40
31東京(羽田)福岡沖縄253 / 120922,6002,05511.0011.40
32東京(羽田)福岡沖縄257 / 121122,6002,05511.0011.40
33東京(羽田)福岡沖縄263 / 121522,6002,05511.0011.40
34東京(羽田)福岡沖縄267 / 121722,6002,05511.0011.40
35東京(羽田)福岡沖縄3845 / 250122,6002,05511.0011.40

28位タイで35位までの掲載です。
相変わらず東京(羽田)発着BEST30の方面ラインナップは変化が少なく、沖縄方面が上位独占するランキングです。
内訳は沖縄(那覇)20便(前月比+5)・宮古が4便(前月比±0)・石垣が11便(前月比±0)と、今回もランキング全てを沖縄方面が独占、35便の掲載で沖縄(那覇)が+5便と事実上全く変化ない形になりました。
1位のPP単価は6.41円→6.99円→6.81円と、前回の大幅悪化からやや盛り返し改善、30位は8.52円→10.84円→11.00円と悪化傾向が継続していて、あまり好ましいランキングではありません。
前回に続き残念なランキングです。

東京(羽田)-沖縄(那覇)-石垣

HND-OKA-ISG
Great Circle Mapper

PP単価が悪い方向で大騒ぎな中、東京(羽田)-沖縄(那覇)-石垣が今回も羽田発着第1位と、極めて安定しています。
望ましく無いPP単価のランキングにあって改善を果たしましたが、改善幅は0.2円弱と心細い印象です。
しかしそれでも6円台での第1位ですから、片道2,246PPという東京(羽田)発着最大PPを獲得できるこの路線を選択して旅程を組むのが最前です。
2位に入った復路も6円台に改善していて、ベストの組み合わせ(1位と2位)で往復旅程を組んだ場合の平均PP単価は6.90円(前回7.08円)と、往復平均でも6円台にまとまります。
今回も多数の便が上位にランクインしているのでフレキシブルな旅程構築が可能です。

東京(羽田)-沖縄(那覇)-宮古

HND-OKA-MMY
Great Circle Mapper

同じく沖縄方面の東京(羽田)-沖縄(那覇)-宮古で、前回と同じく7位にランキングされました。
獲得PP数2,142PPと石垣同様に大量獲得が魅力の路線ですが、PP単価は8.17円(前回8.06円)と、前回ついに8円台にまで落ち今回も悪化傾向は止まらず厳しくなってきました。
上述の石垣と同様に往復での旅程が組みやすく、逆行路線は第8位にあります。
7位・8位で往復旅程を組んだ場合の平均PP単価は8.29円(前回8.36円)と、往復ではPP単価が改善したのは嬉しいポイントで、。

沖縄(那覇)-大阪(伊丹)-東京(羽田)

HND-ITM-OKA
Great Circle Mapper

多数の乗継地がある羽田-那覇は今回も大阪(伊丹)経由が最上位ですが12位(前回10位)と、ややランクを悪化させました。
安定感のなかった伊丹経由ですが2ヶ月連続で福岡経由より上位にランクインし、往復合わせて3便入り、今回も伊丹経由が一押しです。
いつもの顔ぶれである岩国・広島・熊本・鹿児島経由がベスト30から消え、大阪(伊丹)か福岡の二択になります。
福岡経由が獲得PP数は最も有利ですが今回もPP単価で勝る伊丹経由を使うべきで、往復で3,856PPです。
ベストの組み合わせになる12位の復路と14位の往路で往復を組んだ場合の往復平均PP単価は10.01円と際どく、PP単価・獲得PP数では石垣や宮古を差し置いてまで選択する理由はなさそうで、那覇からさらに旅程を組むなどの場合に使いたいところです。

同時期のプレミアム28

東京(羽田)発着に絞ったランキングではなく全国版ベスト100ですが、本記事と同時期のプレミアムクラスのPP単価ランキングはこちらです。
組み合わせて旅程を組む場合などの参考にどうぞ。

まとめ

2022年8月の東京(羽田)発着VT28BEST30は、相変わらず2021年後半から代わり映えのしない方面・行き先となり、前回大幅悪化したPP単価も大きな改善は見られません。
PP単価の分布は、6円台2便(前月比+1)・7円台4便(前月比±0)・8円台4便(前月比-3)・9円台2便(前月比+1)と、中堅どころが激減した前回に続き薄いランキングに興醒めです。
お盆休みをまたぐシーズンであり、総じて単価が悪いまま、台風による欠航リスクが高いシーズンでもあります。
そんな中、沖縄方面一辺倒なのもあまり良い印象ではなく、かと言って沖縄方面以外の選択肢は事実上なく、羽田ベースのSFC修行僧には厳しい夏です。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント