名古屋(中部)発着BEST30(1月搭乗分)バリュートランジット28[2023年SFC修行]

VALUE TRANSIT28 名古屋PP単価BEST30

最新版を含め、まだ間に合う前月搭乗分や過去のランキングはこちらに一覧があります。

2023年1月搭乗分のANA VALUE TRANSIT28(2023年1月1日〜1月31日)全国版についてPP単価BEST100の記事を書きました。

本記事では、その1月搭乗分の中から名古屋(中部)発着のBEST30を紹介します。
また、ランキングに載らなかった路線も含め2区間合計の獲得PP数を以下の記事でまとめまてあります。

バリュートランジット28の詳細についてはこちらの記事をご覧ください

名古屋(中部)発着

名古屋(中部)発着の設定路線数は58路線(前月比-3)が設定され、年末にやっと上昇に転じたかと思えばまた減少しパッとしません。
しかしPP単価10円を下回る路線は5便(前月比+1)とさほど変わらずですが、内容を見ると1位のPP単価は8.81円→8.68円ですが30位のPP単価は15.56円→12.34円と大きく改善しています。
ぱっと見の印象はあまり良くなくても内容はよくなっています。

表中の最安運賃は旅客施設使用料を含んでいませんので、実際のPP単価は下記から変化しますのでご注意ください。
バリュートランジットを利用の場合は、出発地と到着地そして経由地x2の旅客施設利用料が加算されます。
例 中標津-札幌(新千歳)-名古屋(中部)の場合は、0円+270円x2+440円=980円となります。

それではBEST30をご覧ください。

出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価実PP単価
1名古屋(中部)札幌(千歳)女満別703 / 486513,4001,5438.689.32
2名古屋(中部)東京(羽田)小松86 / 7538,8001,0058.769.93
3石垣沖縄名古屋(中部)2442※1/ 30418,4001,9839.289.74
4名古屋(中部)札幌(千歳)函館701 / 485313,6001,4569.3410.01
5名古屋(中部)札幌(千歳)女満別4835※5/ 486714,8001,5439.5910.23
6名古屋(中部)札幌(千歳)函館1107 / 485314,8001,45610.1610.84
7名古屋(中部)札幌(千歳)函館4835※5/ 485714,8001,45610.1610.84
8女満別札幌(千歳)名古屋(中部)4862 / 70615,7001,54310.1710.81
9中標津札幌(千歳)名古屋(中部)4882 / 70616,4001,58810.3310.94
10名古屋(中部)札幌(千歳)稚内707 / 484316,4001,57710.4011.02
11名古屋(中部)札幌(千歳)釧路703 / 487316,4001,52510.7511.40
12名古屋(中部)札幌(千歳)中標津703 / 488317,3001,58810.8911.51
13名古屋(中部)沖縄宮古309 / 172920,8001,87811.0811.57
14宮古沖縄名古屋(中部)1726 / 30820,9001,87811.1311.62
15名古屋(中部)沖縄宮古303 / 172321,4001,87811.4011.88
16名古屋(中部)福岡沖縄3159※2/ 121120,4001,76611.5512.06
17名古屋(中部)福岡沖縄3861※3/ 120520,4001,76611.5512.06
18名古屋(中部)福岡沖縄3865※3/ 120920,4001,76611.5512.06
19名古屋(中部)福岡沖縄3869※3/ 121720,4001,76611.5512.06
20名古屋(中部)沖縄石垣303 /2443※123,0001,98311.6012.06
21石垣沖縄名古屋(中部)1774 / 30823,5001,98311.8512.31
22稚内札幌(千歳)名古屋(中部)4842 / 71018,7001,57711.8612.48
23名古屋(中部)熊本沖縄331 / 186720,4001,70311.9812.38
24名古屋(中部)沖縄宮古1129 / 172522,8001,87812.1412.63
25中標津札幌(千歳)名古屋(中部)4886 / 71419,3001,58812.1512.77
26函館札幌(千歳)名古屋(中部)4854 / 71017,7001,45612.1612.83
27稚内札幌(千歳)名古屋(中部)4844 / 71419,3001,57712.2412.86
28名古屋(中部)鹿児島沖縄351 /2483※120,4001,65912.3012.71
29沖縄福岡名古屋(中部)1200 /3858※321,8001,76612.3412.85
30沖縄福岡名古屋(中部)1204 /3862※321,8001,76612.3412.85
31沖縄福岡名古屋(中部)1206 /3864※321,8001,76612.3412.85
32沖縄福岡名古屋(中部)1210 /3866※321,8001,76612.3412.85
33沖縄福岡名古屋(中部)1212 /3868※321,8001,76612.3412.85
34沖縄福岡名古屋(中部)2502 /3160※221,8001,76612.3412.85
※1ソラシドエア運行 ※2IBEXエアラインズ運行 ※3スターフライヤー運行 ※4オリエンタルエアブリッジ運行 ※5エアドゥ運行

上でも述べましたが1位のPP単価は変化が少ないものの30位はグッと改善し、案外使い勝手が良いのかもしれません。
獲得PP数が大きくなりにくい名古屋発着で8円台はなかなかです。

便数前月比
稚内2-2
女満別3±0
中標津3±0
釧路1-2
函館4±0
小松1±0
沖縄(那覇)12+6
宮古4+1
石垣3+1

行き先の分布は名古屋発着らしく北海道方面と沖縄方面が主役で、他には小松が1便ランクインしただけで、北海道方面か沖縄方面の二択といった状態は2023年も変わりません。

同時期のプレミアム28

名古屋(中部)発着に絞ったランキングではなく全国版ベスト100ですが、本記事と同時期のプレミアムクラスのPP単価ランキングはこちらです。
組み合わせて旅程を組む場合などの参考にどうぞ。

まとめ

日本列島のど真ん中である名古屋は、北へ行くにも南に行くにもそこそこの距離で行けてしまうので獲得PP数も微妙になってしまいます。
当ブログでは主要空港として扱っていますが地方空港発着を書くようになった今、名古屋発着は難しい立ち位置です。
PP単価の分布は8円台2便(前月比±0)・9円台3便(前月比+1)と、2022年は最後まで良くなかった名古屋(中部)発着ですが、2023年も幸先が良いスタートとはならないようです。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント