名古屋(中部)発着BEST30(3月搭乗分)バリュートランジット28[2022年SFC修行]

VALUE TRANSIT28 名古屋PP単価BEST30

最新版を含め、まだ間に合う前月搭乗分や過去のランキングはこちらに一覧があります。

2022年3月搭乗分のANA VALUE TRANSIT28(2022年3月1日〜3月26日)全国版についてPP単価BEST100の記事を書きました。

本記事では、その3月搭乗分の中から名古屋(中部)発着のBEST30を紹介します。
また、ランキングに載らなかった路線も含め2区間合計の獲得PP数を以下の記事でまとめまてあります。

バリュートランジット28の詳細についてはこちらの記事をご覧ください

スポンサーリンク

名古屋(中部)発着

名古屋(中部)発着の設定路線数は39路線(前月比±0)が設定され、PP単価10円を下回る路線は7便(前月比±0)となっており、前回同様に名古屋(中部)発着は苦難の時期です。
他の主要空港発着と比較すると群を抜いて設定数や優良便数が少なく、名古屋はバリュートランジットに於いてはのはや主要空港と呼べない惨状です。
東海道新幹線を有するJR東海のお膝元は飛行機より鉄道が強いということなのでしょうか。

表中の最安運賃は旅客施設使用料を含んでいませんので、実際のPP単価は下記から変化しますのでご注意ください。
バリュートランジットを利用の場合は、出発地と到着地そして経由地x2の旅客施設利用料が加算されます。
例 中標津-札幌(新千歳)-名古屋(中部)の場合は、0円+270円x2+440円=980円となります。

それではBEST30をご覧ください。

出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価
1名古屋(中部)札幌(千歳)女満別715 / 486713,3001,5438.62
2石垣沖縄名古屋(中部)2442 / 30417,5001,9838.83
3名古屋(中部)沖縄石垣309 / 244917,9001,9839.03
4名古屋(中部)東京(羽田)小松86 / 7539,2001,0059.15
5名古屋(中部)札幌(千歳)函館4835 / 485713,7001,4569.41
6名古屋(中部)沖縄宮古309 / 172917,9001,8789.53
7名古屋(中部)札幌(千歳)釧路707 / 487514,7001,5259.64
8名古屋(中部)札幌(千歳)中標津703 / 488319,0001,58811.96
9中標津札幌(千歳)名古屋(中部)4882 / 70619,0001,58811.96
10中標津札幌(千歳)名古屋(中部)4884 / 71019,0001,58811.96
11名古屋(中部)札幌(千歳)稚内707 / 484319,0001,57712.05
12名古屋(中部)福岡沖縄3159 / 121127,3001,76615.46
13名古屋(中部)福岡沖縄3869 / 121727,3001,76615.46
14名古屋(中部)福岡沖縄3863 / 120927,5001,76615.57
15沖縄福岡名古屋(中部)2502 / 316027,6001,76615.63
16沖縄福岡名古屋(中部)1200 / 385828,0001,76615.86
17沖縄福岡名古屋(中部)1206 / 386428,5001,76616.14
18名古屋(中部)沖縄石垣303 / 244332,8001,98316.54
19沖縄福岡名古屋(中部)1210 / 386629,7001,76616.82
20名古屋(中部)福岡沖縄3861 / 120730,2001,76617.10
21名古屋(中部)沖縄石垣305 / 177134,4001,98317.35
22沖縄福岡名古屋(中部)1212 / 386831,1001,76617.61
23名古屋(中部)沖縄宮古303 / 172333,5001,87817.84
24名古屋(中部)熊本沖縄331 / 186730,5001,70317.91
25石垣沖縄名古屋(中部)1768 / 30635,7001,98318.00
26名古屋(中部)長崎対馬371 / 465121,7001,17218.52
27名古屋(中部)鹿児島沖縄351 / 248330,8001,65918.57
28沖縄鹿児島名古屋(中部)2484 / 35231,1001,65918.75
29宮古沖縄名古屋(中部)1728 / 30835,5001,87818.90
30沖縄宮崎名古屋(中部)2468 / 251031,1001,64018.96

BEST30のうち沖縄方面が21便(前月比+1便)・北海道方面が7便(前月比±0便)・残りは小松が1便となっていて、方面分布はあまり変化していません。
相変わらず北海道・沖縄方面が強いのは変わりませんが、前回に続きPP単価が悪化傾向なのが気になるところです。

名古屋(中部)-札幌(新千歳)-女満別

NGO-CTS-MMB
Great Circle Mapper

名古屋(中部)発着1月搭乗分No.1は5ヶ月連続となる名古屋(中部)-札幌-女満別です。
相変わらずの1位ではあるもののPP単価はさらに悪化し、前々月6.68円→前月7.32円から今回は8.62円と悪化傾向が止まりません。
ここまで悪化してしまうと、この路線の問題点も含め使い辛いと言わざるを得ません。
問題点は言わずもがな、復路便が30位以降にも存在しない点です。
せっかくのPP単価を保って往復で組むのは難しく、2位以下に接近してしまったPP単価となっては、この路線を積極的に選択する必然は無くなったと言って良いでしょう。

名古屋(中部)-沖縄(那覇)-石垣

Great Circle Mapper

ここも不動の2位、二つ目の紹介も先月同様(往復は逆)に石垣-沖縄(那覇)-名古屋(中部)です。
獲得PP数の大きさが名古屋(中部)発着で最大である点や、沖縄(那覇)-石垣間がソラシド運行である点も飽きのこない路線です。

女満別路線と違い往復で組みやすく、その際のパフォーマンス低下が少なく往復なら事実上1位になり、獲得PP数の大きさ以上に重要な要素とも言えるこの路線は2位と3位で往復が組めます。
獲得PP数3,966PP・平均PP単価 8.93円は前回の8.19円からは大きく悪化しているものの、往復での8円台は名古屋(中部)発着では唯一無二です。
機材面でのバリエーション・獲得PP数・往復でのパフォーマンス、三拍子揃った素晴らしい路線であり、名古屋発着の2022年修行ではこの路線の採用は必須です。

名古屋(中部)-札幌(新千歳)-中標津

NGO-CTS-SHB
Great Circle Mapper

往復旅程を考えた場合、沖縄方面一辺倒になりがちな名古屋(中部)発着ですが、今回は中標津の順位が良い感じです。

名古屋(中部)-札幌(新千歳)-中標津なのですが、紹介するにはPP単価が10円を超えてしまうので躊躇われますが、名古屋(中部)発着となるとこれが現状です。
8位/9位の組み合わせで往復が組め、往復平均PP単価11.96円で総獲得PP数は3,176PPです。
札幌-中標津間はプロペラ機の運行が楽しく、B737だけになりがちな名古屋に変化を与えてくれます。

スポンサーリンク

同時期のプレミアム28

名古屋(中部)発着に絞ったランキングではなく全国版ベスト100ですが、本記事と同時期のプレミアムクラスのPP単価ランキングはこちらです。
組み合わせて旅程を組む場合などの参考にどうぞ。

まとめ

2022年に入ってから徐々に悪化傾向が続く名古屋(中部)発着ですが、一捻りが必要なのは変わらず上級者向けの発着地と言える状況です。
国際線修行が事実上封じられているここ数年、一番煽りを受けてるのは名古屋かもしれません。
このところ連続1位の女満別は相変わらず往復で組むことにテクニックが必要で、とうとう8円台にまで悪化してしまっては食指が動きません。
一方で安定の石垣は変わらない魅力で修行僧にアピールしています。

前回、運行会社/機材で変わり種を1路線紹介しましたが、今回も取上げはしませんでしたがコードシェア便を楽しむにはベストの発着地で、ピーチ以外の国内コードシェアすべてが存在しています。
ぜひランキングを参考にしてください。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント