長崎発着BEST30(1月搭乗分)バリュートランジット28[2023年SFC修行]

最新版を含め、まだ間に合う前月搭乗分や過去のランキングはこちらに一覧があります。

2023年のANA VALUE TRANSIT28(1月搭乗分)2023年1月1日〜1月31日が発表され、PP単価BEST100の記事を書きました。

その1月搭乗分から本記事では長崎発着のBEST30を紹介します。
また、ランキングに載らなかった路線も含め2区間合計の獲得PP数をまとめてありますので、旅程構築の参考資料として活用ください。

バリュートランジット28の詳細についてはこちらの記事で説明しています。

長崎発着

長崎発着の設定路線数は79路線が設定され、PP単価10円以下の路線は15路線と、総設定便数は地方路線らしいところですが10円以下路線は15便と比較的多く、九州では主要空港の福岡よりも地方が活況な傾向です。

表中の最安運賃は旅客施設使用料(PFC)を含んでいませんので、実際のPP単価は下記から変化しますのでご注意ください。
バリュートランジットを利用の場合は、出発地と到着地そして経由地x2の旅客施設利用料が加算されます。
例 長崎-名古屋(中部)-札幌(新千歳)の場合は、0円+440円x2+270円=1,150円となります。
実PP単価はこのPFCを含んだ際のPP単価です。

それではBEST30をご覧ください。

出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価実PP単価
1長崎名古屋(中部)札幌(千歳)372 / 70716,4001,9468.439.02
2札幌(千歳)東京(羽田)長崎56 /2435※118,9002,0809.099.57
3札幌(千歳)東京(羽田)長崎64 / 66718,9002,0809.099.57
4長崎東京(羽田)札幌(千歳)662 / 6118,9002,0809.099.57
5長崎東京(羽田)札幌(千歳)664 / 6718,9002,0809.099.57
6長崎東京(羽田)札幌(千歳)2432※1/ 6318,9002,0809.099.57
7長崎東京(羽田)札幌(千歳)670 /4743※519,0002,0809.139.62
8札幌(千歳)東京(羽田)長崎52 / 66319,4002,0809.339.81
9長崎東京(羽田)札幌(千歳)666 / 7119,4002,0809.339.81
10長崎東京(羽田)札幌(千歳)2434※1/ 6919,4002,0809.339.81
11札幌(千歳)名古屋(中部)長崎710 / 37318,3001,9469.409.99
12札幌(千歳)東京(羽田)長崎72 / 66920,1002,0809.6610.15
13長崎東京(羽田)札幌(千歳)2436※1/4735※520,2002,0809.7110.20
14長崎大阪(伊丹)青森784 / 185316,5001,6799.8310.23
15長崎大阪(伊丹)青森786 / 185516,6001,6799.8910.29
16札幌(千歳)東京(羽田)長崎4728※5/2437※121,1002,08010.1410.63
17青森大阪(伊丹)長崎1854 / 78518,6001,67911.0811.48
18小松東京(羽田)長崎754 /2435※118,1001,63111.1011.55
19小松東京(羽田)長崎756 / 66918,1001,63111.1011.55
20長崎東京(羽田)小松2436※1/ 75918,1001,63111.1011.55
21長崎東京(羽田)小松666 / 75518,2001,63111.1611.61
22小松東京(羽田)長崎752 / 66318,6001,63111.4011.86
23札幌(千歳)名古屋(中部)長崎4830※5/ 112322,2001,94611.4112.00
24長崎名古屋(中部)札幌(千歳)1124 /4835※523,3001,94611.9712.56
25秋田大阪(伊丹)長崎1654 / 78519,4001,55312.4912.93
26長崎大阪(伊丹)秋田784 / 165319,7001,55312.6913.12
27長崎大阪(伊丹)函館782 / 74522,6001,76212.8313.21
28長崎東京(羽田)稚内662 / 57130,1002,33312.9013.22
29仙台大阪(伊丹)長崎736 / 78519,3001,48912.9613.57
30長崎東京(羽田)秋田664 / 40522,5001,73312.9813.41
※1ソラシドエア運行 ※2IBEXエアラインズ運行 ※3スターフライヤー運行 ※4オリエンタルエアブリッジ運行 ※5エアドゥ運行

1位のPP単価は8.43円とそこそこ存在感があり、30位も地方空港として悪くはなく12.98円とまあまあです。
獲得PP数が大きくなりがちな長崎らしくそれなりのPP単価を出しています。
上位は札幌(新千歳)で13位まで埋まりPP単価10円以下は札幌に続く青森の2便までと、選択肢は限られます。
しかし以降に小松や秋田があり、優良路線につなぐことも可能性が高まります。
PP単価の分布は、8円台1便・9円台14便と、トップのPP単価にそこまで派手さはないものの9円台の分厚さがあり、安定した旅程構築ができそうです。

便数前月比
稚内1
札幌(新千歳)16
函館1
青森3
秋田3
仙台1
小松5

方面の分布は上位のほとんどを札幌(新千歳)が占め16便、続くのは小松ですがPP単価が札幌と比べ冴えません。
小松より青森がPP単価・獲得PP数も優れていて、どちらかといえば青森を選びたくなるところです。
他に秋田や北海道各地が並び、仙台があるのは珍しいポイントです。

同時期のプレミアム28

長崎発着に絞ったランキングではなく全国版ベスト100ですが、本記事と同時期のプレミアムクラスのPP単価ランキングはこちらです。
組み合わせて旅程を組む場合などの参考にどうぞ。

まとめ

地方空港としては比較的多いPP単価10円以下の路線ですがそのほとんどが札幌で、札幌(新千歳)が選択肢として最高です。
1位の名古屋経由は1,946PPですが羽田経由は2,000PPを超える獲得PP数も魅力です。
また、設定路線数全国No,1の札幌から複合旅程を組むのも大いに期待できます。
札幌からならPP単価6円台からの便が多数ある札幌から複合旅程を組めば、たとえ長崎から9円台往復でも平均PP単価をグッと圧縮することが可能になります。
札幌にはPP単価・獲得PP数も劣りますが青森・秋田・小松も捨て難いところです。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント