沖縄(那覇)発着BEST30(5月搭乗分)バリュートランジット28[SFC修行]

VALUE TRANSIT28 沖縄(那覇)BEST30

先日発表されたANA VALUE TRANSIT28(5月搭乗分)2021年5月1日〜5月31日から、今回は修行の聖地・沖縄(那覇)のBEST30を紹介します。
(以下のキャンペーン対象搭乗期間です)

全設定路線のPP単価5月搭乗分BEST100の記事は以下のリンクからどうぞ。

また、ランキングに載らなかった路線も含め2区間合計の獲得PP数をまとめてあります。

また、バリュートランジット28の詳細(運賃・マイル・PP)については以下をご覧ください

スポンサーリンク

沖縄(那覇)発着

沖縄(那覇)発着の設定路線数は206路線(前月比-4)が設定され、若干の減少となりました。
しかしPP単価10円を下回る路線は154路線(前月比+4)と、こちらは増加しました。

表中の最安運賃は旅客施設使用料を含んでいませんので、実際のPP単価は下記から変化しますのでご注意ください。
バリュートランジットを利用の場合は、出発地と到着地そして経由地x2の旅客施設利用料が加算されます。
例 庄内-東京(羽田)-沖縄(那覇)の場合は、0円+290円x2+120円=700円となります。

それではBEST30をご覧ください。

出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価
1庄内東京(羽田)沖縄398 / 47711,1002,2035.04
2秋田東京(羽田)沖縄406 / 47512,4002,2945.41
3沖縄東京(羽田)秋田994 / 40512,4002,2945.41
4沖縄東京(羽田)能登462 / 74912,2002,1865.58
5沖縄東京(羽田)庄内460 / 39512,8002,2035.81
6大館能代東京(羽田)沖縄722 / 109713,8002,3475.88
7沖縄東京(羽田)大館能代994 / 72113,8002,3475.88
8沖縄東京(羽田)庄内464 / 39713,1002,2035.95
9沖縄東京(羽田)小松996 / 75513,4002,1926.11
10新潟福岡沖縄3184 / 120712,9002,0636.25
11沖縄福岡新潟1208 / 318713,1002,0636.35
12沖縄名古屋(中部)秋田304 / 183914,0002,1836.41
13秋田名古屋(中部)沖縄1838 / 30914,0002,1836.41
14小松東京(羽田)沖縄754 / 47314,1002,1926.43
15新潟名古屋(中部)沖縄1812 / 30912,9001,9866.50
16新潟大阪(伊丹)沖縄1658 / 76312,9001,9796.52
17新潟大阪(伊丹)沖縄1660 / 76712,9001,9796.52
18沖縄大阪(伊丹)新潟762 / 317313,1001,9796.62
19沖縄大阪(伊丹)新潟766 / 166113,1001,9796.62
20沖縄大阪(伊丹)新潟768 / 166313,1001,9796.62
21秋田東京(羽田)沖縄404 / 47115,4002,2946.71
22沖縄東京(羽田)大館能代464 / 72315,8002,3476.73
23大館能代東京(羽田)沖縄720 / 47315,8002,3476.73
24能登東京(羽田)沖縄748 / 47314,9002,1866.82
25小松東京(羽田)沖縄756 / 47915,2002,1926.93
26富山東京(羽田)沖縄316 / 47314,9002,1406.96
27沖縄東京(羽田)札幌(千歳)994 / 6518,4002,6416.97
28札幌(千歳)東京(羽田)沖縄62 / 47718,5002,6417.00
29沖縄大阪(伊丹)青森762 / 185316,3002,2927.11
30沖縄名古屋(中部)札幌(千歳)2520 / 483518,1002,5347.14

沖縄(那覇)発着BEST30は東北方面が11便、新潟路線が8便、北陸方面が6便、札幌(新千歳)路線が3便となります。
あいかわらず沖縄(那覇)発着は行き先が豊富なBEST30となっています。
1位のPP単価は若干ではありますが0.04円の改善となり、さすがKING of VALUE-TRANSITと呼ぶべき沖縄(那覇)です。
例え30位でもPP単価7.14円と総じて優良なランキングです。
しかも今月は新潟路線が出現するなど、先月より変化が見られたBEST30となっています。

庄内-東京(羽田)-沖縄(那覇)

庄内ー羽田ー那覇
Great Circle Mapper

沖縄(那覇)発着5月搭乗分の第1位は、庄内-東京(羽田)-沖縄(那覇)です。
2ヶ月連続で1位となり、PP単価は先月より0.04円改善され5.04円となり4円台まであと少しというところまで来ました。
往路がPP単価5.81円で5位にランクインしていますので、往復で考えると平均PP単価5.43円でプレミアムポイントを4,406ポイント獲得する事が可能な優秀な路線です。

沖縄(那覇)-新潟

Great Circle Mapper

今月の沖縄(那覇)発着の最も注目すべき路線がこの沖縄(那覇)-新潟路線です。
経由地は福岡・大阪(伊丹)・名古屋(中部)と3つあり合計8便のランクインとなりました
PP単価は最上位の福岡経由が6.25円で獲得PPも最も多く2,063となっていますので、往復で考えると平均PP単価6.30円で4,126ポイントを獲得可能な優秀な路線となります。
大阪(伊丹)や名古屋(中部)経由でもPP単価6.50〜6.62円で2,000弱のプレミアムポイントを獲得出来来ますので、どれを選んでも後悔のない路線です。

沖縄(那覇)-東京(羽田)-札幌(新千歳)

OKA-HND-CTS
Great Circle Mapper

最後は沖縄(那覇)-東京(羽田)-札幌(新千歳)です。
沖縄(那覇)発着BEST30の中で最大の2,641PPを獲得出来る路線となっています。
PP単価は往路が27位で6.97円、復路が28位で7.00円となっていますので、往復では平均PP単価6.99円で獲得PPは5,282と5,000を超えるプレミアムポイントを獲得出来ます。
順位こそ新潟路線の複数出現によって下がりましたが、内容としてはPP単価・獲得PP共に是非とも狙いたい路線の一つです。

スポンサーリンク

同時期のプレミアム28

沖縄(那覇)発着に絞ったランキングではなく全国版ベスト100ですが、本記事と同時期のプレミアムクラスのPP単価ランキングはこちらです。
組み合わせて旅程を組む場合などの参考にどうぞ。

まとめ

沖縄(那覇)発着の5月搭乗分は、設定便数が4便ほど減ったにもかかわらず、PP単価10円以下便が4便増加し、1位の庄内路線も若干ではありますがPP単価の改善が見られたので、PP単価的には改善したランキングとなりました。
先月までランク外だった新潟路線が複数ランクインするなど、行き先に変化が見られたBEST30です。
このランキングは那覇ベースの方はもちろんの事ながら、全国各地からのアクセスが良い為、他の地域の方にも参考になると思います。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント