[SFC修行]沖縄(那覇)発着BEST30(9月搭乗分)バリュートランジット28

VALUE TRANSIT28 沖縄(那覇)BEST30

先日、ANA VALUE TRANSIT28(9月搭乗分)についてPP単価BEST100の記事を上げました。

そしてその後、主要空港として東京(羽田・成田)・名古屋(中部)・大阪圏3空港(伊丹・関西・神戸)・福岡の各空港発着ベスト10をまとめて記事にしました。

そして今回は、バリュートランジット天国である沖縄(那覇)発着のVALUE TRANSIT28の9月搭乗分PP単価BEST30を紹介していきます。

バリュートランジットが良くわからないという方は以下の記事をご覧ください。

沖縄(那覇)発着は、全国各地からの接続さえ確保できれば誰にでも有用なモノであり、活用の幅がとても広いのも特徴です。
全国各地のSFC修行僧の皆様の参考になれば幸いです。

沖縄(那覇)発着

沖縄(那覇)発着の設定便数は181便、前月比-17と減少になってしまいましたが、設定便数は安定の数です。
その中でPP単価10円を切る路線数は165路線と8月からは64便増加しています。
設定便数が減ったにもかかわらず単価10円を切る便は増加しているので、9月はやはり期待出来る月となっています。
沖縄(那覇)発着のTOP30は相変わらず全体ランキングでも全てTOP100に入る優良路線ばかりなのも相変わらずです。
(表中の最安運賃は旅客施設使用料を含みません)

出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価
1庄内東京(羽田)沖縄398 / 47510,2002,2034.63
2札幌(千歳)大阪(関西)沖縄1712 / 173711,8002,5074.71
3沖縄東京(羽田)小松1096 / 75510,4002,1924.74
4沖縄東京(羽田)大館能代996 / 78911,2002,3474.77
5沖縄東京(羽田)能登462 / 74910,5002,1864.80
6沖縄東京(羽田)稚内460 / 57114,3002,8944.94
7稚内東京(羽田)沖縄572 / 47714,3002,8944.94
8沖縄東京(羽田)庄内996 / 39711,2002,2035.08
9沖縄東京(羽田)秋田462 / 40511,8002,2945.14
11沖縄東京(羽田)庄内460 / 39511,7002,2035.31
10秋田東京(羽田)沖縄406 / 47511,8002,2945.14
12沖縄大阪(関西)札幌(千歳)1734 / 171313,4002,5075.35
13沖縄大阪(伊丹)松山766 / 16459,8001,7465.61
14沖縄大阪(伊丹)松山770 / 16499,8001,7465.61
15松山大阪(伊丹)沖縄1636 / 7659,8001,7465.61
16松山大阪(伊丹)沖縄1638 / 7679,8001,7465.61
17大館能代東京(羽田)沖縄788 / 47314,3002,3476.09
18小松東京(羽田)沖縄754 / 47313,5002,1926.16
19沖縄名古屋(中部)札幌(千歳)2470 / 71715,7002,5346.20
20大館能代東京(羽田)沖縄790 / 47914,7002,3476.26
21小松東京(羽田)沖縄756 / 47913,9002,1926.34
22沖縄福岡名古屋(中部)1200 / 385811,3001,7666.40
23沖縄福岡名古屋(中部)1202 / 386011,3001,7666.40
24沖縄福岡名古屋(中部)1206 / 316011,3001,7666.40
25沖縄福岡名古屋(中部)1208 / 386211,3001,7666.40
26沖縄福岡名古屋(中部)1212 / 386611,3001,7666.40
27沖縄福岡名古屋(中部)1082 / 386811,3001,7666.40
28札幌(千歳)東京(羽田)沖縄64 / 47717,1002,6416.47
29能登東京(羽田)沖縄748 / 47314,3002,1866.54
30沖縄東京(羽田)札幌(千歳)994 / 6517,5002,6416.63

今回の沖縄(那覇)発着BEST30で最下位にあたる沖縄(那覇)-東京(羽田)-札幌(新千歳)は全国ランキング第48位ですが、先月の沖縄(那覇)30位は全体の36位でしたので、9月分は他の空港発着の路線が相対的に良くなって来ている事の現れでしょう。

東北・北陸-東京(羽田)-沖縄(那覇)

BEST30のうち、13便が東京(羽田)経由の東北・北陸路線です。

OKA-HND-SYO-_ONJ_AXT_NTQ_KMQ
Great Circle Mapper

前月と同様にランキングTOP30のほぼ半分を東京(羽田)経由の東北・北陸方面の庄内・小松・能登・秋田・大館能代が占めています。
9月搭乗分の第1位は庄内-東京(羽田)-沖縄(那覇)で、前月は小松-東京(羽田)-沖縄(那覇)に1位の座を奪われましたが、7月搭乗分から返り咲き1位となりました。
しかもPP単価は驚きの4.63円と、下半期のダッシュを掛けるに最適と言えます。
この路線を利用しない訳にはいかないのでその復路便を探すと、沖縄(那覇)-東京(羽田)-庄内は第8位に現れ、PP単価が5.08円と惜しくも4円台には届きませんが、往復セットで組んだ場合では獲得PP4,406、往復平均のPP単価は4.86円としっかり4円台での往復旅程が可能です。

その他、小松・大館能代・能登・秋田もTOP30以内で往復の組み立てが可能です。
それぞれのルートを往復で見ると、

  • 小松 獲得PP4,384・PP単価5.45円
  • 大館能代 獲得PP4,694・PP単価5.43円
  • 能登 獲得PP4,372・PP単価5.67円
  • 秋田 獲得PP4,588・PP単価5.14円

となっており、どれを選んでも獲得PPは4,000を超え、PP単価も5円台なのでこれは見逃せない路線です。

沖縄(那覇)-東京(羽田)-稚内

9月搭乗分での注目路線は沖縄(那覇)-東京(羽田)-稚内です。
南の島から日本最北の地へと日本列島を縦断できる路線になっています。

OKA-HND-WKJ
Great Circle Mapper

この路線8月搭乗分ではランク外の38位と39位でしたが、9月搭乗分では6位と7位に一気に躍進、TOP10入りを果たしました。
しかも日本列島を縦断する長距離フライトの組み合わせになる為、獲得PPは2,894、往復で組んだら5,788PPと一気に6,000ポイント近いプレミアムポイントを獲得出来る路線となっています。
往復共TOP10入りしている路線なのでPP単価も4.94円、堂々の4円台で往復可能です。

既に肌寒い秋の季節感の稚内(9月平均気温16.8℃)とまだまだ夏が終わらない沖縄(9月平均気温27.6℃)を1日で体験しながらの修行は面白そうです。

沖縄(那覇)-福岡-名古屋(中部)

今回の注目ルートとしてもう一本挙げたいのが、沖縄(那覇)-福岡-名古屋(中部)です。

OKA-FUK-NGO
Great Circle Mapper

この沖縄(那覇)-福岡-名古屋(中部)は22位から27位までの間に6便も設定されていて、全て同額の11,300円でPP単価6.40円、獲得PP1,766になっています。
復路便はTOP30にランクインしませんでしたが、39位から42位に4便設定されていて、こちらも全て同額の12,200円でPP単価6.91円です。
往復で組むと獲得PP3,532、PP単価6.65円で利用可能です。
往路6便、復路4便と設定便数が豊富なので旅程が組みやすいのが良い点です。
また、SFC不遇の地である名古屋(中部)ベースの修行僧にとってこのルートは救いに船となりそうです。

まとめ

今回の9月搭乗分は8月搭乗分と比較すると、どの路線もPP単価は劇的に良くなりました。
沖縄(那覇)-福岡-名古屋(中部)は旅程の自由度が高い路線にもかかわらず6円台で往復可能です。
特にバリュートランジット28沖縄(那覇)発着の定番路線である、東京(羽田)経由の東北・北陸方面ではPP単価4円台に到達し眩い輝きを放っています。
それに加えて今月TOP10に入りPP単価4円台でかつプレミアムポイントが3,000近く獲得出来る稚内路線の登場など、沖縄(那覇)発着TOP30の9月搭乗分はSFC修行僧にとっては間違いなく目の離せないランキングになったのではないでしょうか。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント