大阪圏発着BEST30(8月搭乗分)バリュートランジット28[2022年SFC修行]

VALUE TRANSIT28 大阪PP単価BEST30

最新版を含め、まだ間に合う前月搭乗分や過去のランキングはこちらに一覧があります。

ANA VALUE TRANSIT28(2022年8月搭乗分)2022年8月1日〜8月31日についてPP単価BEST100の記事を書きました。

その8月搭乗分の中から大阪(伊丹・関西・神戸)発着のBEST30を紹介します。
また、ランキングに載らなかった路線も含め2区間合計の獲得PP数一覧は以下の記事でまとめてあります。

バリュートランジット28の詳細についてはこちらの記事をご覧ください

大阪(伊丹・関西・神戸)発着

大阪(伊丹・関西・神戸)発着の設定路線数は290路線(前月比+3便)が設定され、若干増えましたが、PP単価10円を下回る路線は14路線(前月比-7便)となり、設定数はほぼ変わらずも優良路線は連続で減ったランキングになりました。

表中の最安運賃は旅客施設使用料を含んでいませんので、実際のPP単価は下記から変化しますのでご注意ください。
バリュートランジットを利用の場合は、出発地と到着地そして経由地x2の旅客施設利用料が加算されます。
例 大阪(伊丹)-沖縄(那覇)-石垣の場合は、340円+240円x2+0円=820円となります。

ではBEST30をご覧ください。

出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価実PP単価
1大阪(関西)東京(羽田)小松96 / 7539,6001,1368.459.49
2大阪(関西)東京(羽田)小松990 / 7519,6001,1368.459.49
3大阪(関西)東京(羽田)能登94 / 7479,6001,1308.509.54
4大阪(関西)東京(羽田)富山96 / 3159,6001,0848.869.94
5大阪(神戸)東京(羽田)小松412 / 75310,1001,1368.899.54
6大阪(神戸)東京(羽田)能登412 / 74710,1001,1308.949.59
7大阪(伊丹)東京(羽田)能登986 / 74710,1001,1308.949.89
8大阪(関西)札幌(千歳)女満別1717 / 486714,6001,6219.019.61
9石垣沖縄大阪(伊丹)1762 / 116817,1001,8789.119.54
10大阪(神戸)東京(羽田)富山412 / 31510,1001,0849.3210.00
11大阪(伊丹)沖縄石垣767 / 244917,6001,8789.379.81
12石垣沖縄大阪(伊丹)1764 / 76218,0001,8789.5810.02
13大阪(関西)東京(羽田)小松3824 / 75510,9001,1369.6010.63
14大阪(関西)札幌(千歳)函館1713 / 485714,9001,5349.7110.35
15大阪(伊丹)沖縄宮古767 / 172917,8001,77310.0410.50
16大阪(関西)東京(羽田)富山992 / 32110,9001,08410.0611.14
17大阪(関西)東京(羽田)富山3824 / 31910,9001,08410.0611.14
18大阪(伊丹)札幌(千歳)女満別777 / 486716,6001,62110.2410.78
19女満別札幌(千歳)大阪(伊丹)4862 / 114416,6001,62110.2410.78
20大阪(伊丹)東京(羽田)小松30 / 75511,7001,13610.3011.25
21大阪(伊丹)東京(羽田)小松16 / 75311,8001,13610.3911.34
22大阪(伊丹)東京(羽田)小松36 / 75911,8001,13610.3911.34
23小松東京(羽田)大阪(伊丹)752 / 1911,8001,13610.3911.34
24小松東京(羽田)大阪(伊丹)754 / 2311,8001,13610.3911.34
25小松東京(羽田)大阪(伊丹)756 / 3911,8001,13610.3911.34
26大阪(伊丹)東京(羽田)能登26 / 74911,8001,13010.4411.40
27能登東京(羽田)大阪(伊丹)748 / 2511,8001,13010.4411.40
28能登東京(羽田)大阪(伊丹)750 / 3911,8001,13010.4411.40
29大阪(関西)札幌(千歳)中標津1713 / 488517,4001,66610.4411.03
30女満別札幌(千歳)大阪(関西)4866 / 171817,1001,62110.5511.15

大阪圏発着BEST30は、沖縄方面が4便(前月比-5便)と激減した反面、北陸方面は順調に20便(前月比+3便)・北海道方面は6便(前月比+2便)となりました。
沖縄方面に陰りが見え、北陸方面が主役の状況に変わりました。
PP単価を見ると1位が8.45円で変化がなく、30位は10.39円→10.55円と若干の悪化になりました。

大阪(関西)-東京(羽田)-小松

Great Circle Mapper

前回に引き続き大阪(関西)-東京(羽田)-小松が今回もNo.1になりました。
JRを利用するか迷うレベルのこの路線をあえて乗り継ぎでフライトする、SFC修行でなければ体験しなさそうなこの路線、片道で獲得できるPPは1,136PPなのは御愛嬌です。
往復を組む場合、復路の最良はPP単価10.39円は前月と変わらず、平均PP単価は9.42円で往復可能です。
獲得PP数は往復で2,272PPと、以下で紹介する石垣などと比べるとやや物足りないところです。
復路のPP単価があまり振るいませんが、小松発はバリュートランジットの好PP単価路線が多く、小松からさらに路線を組み合わせたいところです。

石垣-沖縄(那覇)-大阪(伊丹)

ITM-OKA-ISG
Great Circle Mapper

主役の座を小松・能登の北陸勢に譲った石垣-沖縄(那覇)-大阪(伊丹)ですが比較的往復は組みやすくなっています。
前回の4位から9位にまで陥落し見栄えは悪いですが、前回と変わらず往復パフォーマンスは良く、11位の復路と組み合わせると平均PP単価は9.24円(前回8.84円)はやや悪化したとは言え、今回も大阪発着の往復では最良となります。
往復での獲得PP数は3,756PPと大阪発着最大の獲得も嬉しいポイントです。

大阪(関西)-札幌(新千歳)-女満別

KIX-CTS-MMB
Great Circle Mapper

前回往復のパフォーマンスが改善し使いやすくなった大阪-女満別ですが、今回は伊丹発の大阪(伊丹)-札幌(新千歳)-女満別が8位に向上しました。
往復が組みやすいのは前月からの傾向ですが、今回も8位の往路(関西発)に18位の復路(伊丹着)を組み合わせられます。
往復平均PP単価は前回と変わらず9.62円とまずまずで、上記2路線に対しさほど見劣りしません。
この路線の獲得PP数は1,621PP(往復3,242PP)の獲得です。
発着空港が変わってしまう点はやや難点かもしれませんが、上級会員を目指すのであればこの程度は難なくこなしたいものです。

同時期のプレミアム28

大阪(伊丹・関西・神戸)発着に絞ったランキングではなく全国版ベスト100ですが、本記事と同時期のプレミアムクラスのPP単価ランキングはこちらです。
組み合わせて旅程を組む場合などの参考にどうぞ。

まとめ

全国的悪化傾向の中でなんとか踏ん張った前回のレベルをキープした今月の大阪(伊丹・関西・神戸)BEST30です。
北陸勢の勢いが強く目立ちますが、こと往復となると石垣や女満別が良さそうで、獲得数の大きさなども含めると今回は石垣が最良と言って良いかもしれません。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント