大阪圏発着BEST30(12月搭乗分)バリュートランジット28[SFC修行]

VALUE TRANSIT28 大阪PP単価BEST30

最新版を含め、まだ間に合う前月搭乗分や過去のランキングはこちらに一覧があります。

ANA VALUE TRANSIT28(12月搭乗分)2021年12月1日〜12月31日についてPP単価BEST100の記事を書きました。

その12月搭乗分の中から大阪(伊丹・関西・神戸)発着のBEST30を紹介します。
また、ランキングに載らなかった路線も含め2区間合計の獲得PP数一覧は以下の記事でまとめてあります。

バリュートランジット28の詳細についてはこちらの記事をご覧ください

スポンサーリンク

大阪(伊丹・関西・神戸)発着

大阪(伊丹・関西・神戸)発着の設定路線数は275路線(前月比-5)が設定され、若干の減少となりました。
PP単価10円を下回る路線は24路線(前月比-7)となり、全体の設定数は微減で済んだもののPP単価の良い便はなかなかの減少幅なのは残念なところです。

表中の最安運賃は旅客施設使用料を含んでいませんので、実際のPP単価は下記から変化しますのでご注意ください。
バリュートランジットを利用の場合は、出発地と到着地そして経由地x2の旅客施設利用料が加算されます。
例 大阪(伊丹)-沖縄(那覇)-石垣の場合は、260円+120円x2+0円=500円となります。

ではBEST30をご覧ください。

出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価
1大阪(関西)札幌(千歳)女満別1713 / 486711,4001,6217.03
2女満別札幌(千歳)大阪(伊丹)4862 / 114413,0001,6218.02
3大阪(伊丹)札幌(千歳)女満別777 / 486713,4001,6218.27
4大阪(関西)東京(羽田)能登94 / 7479,6001,1308.50
5大阪(関西)東京(羽田)小松990 / 7519,7001,1368.54
6大阪(伊丹)沖縄石垣767 / 244916,1001,8788.57
7石垣沖縄大阪(伊丹)2442 / 76416,1001,8788.57
8大阪(神戸)東京(羽田)小松412 / 7539,8001,1368.63
9大阪(神戸)東京(羽田)能登412 / 7479,8001,1308.67
10大阪(伊丹)東京(羽田)能登986 / 7479,8001,1308.67
11大阪(伊丹)沖縄石垣1169 / 177116,4001,8788.73
12石垣沖縄大阪(伊丹)1762 / 116816,4001,8788.73
13石垣沖縄大阪(伊丹)1764 / 76216,4001,8788.73
14大阪(関西)東京(羽田)小松96 / 75310,1001,1368.89
15大阪(伊丹)札幌(千歳)函館1143 / 485713,7001,5348.93
16大阪(神戸)東京(羽田)富山412 / 3159,8001,0849.04
17大阪(伊丹)沖縄宮古767 / 172916,5001,7739.31
18宮古沖縄大阪(伊丹)1722 / 76416,5001,7739.31
19大阪(関西)東京(羽田)富山96 / 31510,1001,0849.32
20大阪(伊丹)東京(羽田)小松16 / 75310,8001,1369.51
21石垣沖縄大阪(伊丹)1768 / 76618,2001,8789.69
22釧路札幌(千歳)大阪(関西)4872 / 171215,6001,6039.73
23女満別札幌(千歳)大阪(関西)4866 / 171815,8001,6219.75
24大阪(伊丹)東京(羽田)富山16 / 31510,8001,0849.96
25大阪(伊丹)東京(羽田)能登26 / 74911,3001,13010.00
26沖縄福岡大阪(伊丹)1206 / 115416,4001,63510.03
27沖縄福岡大阪(伊丹)1208 / 42816,4001,63510.03
28沖縄福岡大阪(伊丹)1210 / 43016,4001,63510.03
29大阪(伊丹)東京(羽田)小松30 / 75511,4001,13610.04
30大阪(関西)東京(羽田)小松3824 / 75511,4001,13610.04

大阪圏発着BEST30は、沖縄方面が11便(前月比-3)、北陸方面が13便(前月比+3)、北海道方面が6便(前月比±0)となりました。
北陸方面が伸び沖縄方面が減少したものの、全体的に満遍なくランクインされている大阪発着らしいBEST30となっています。
1位は路線・価格・PP単価の一切変わらない安定感ですが、30位を見るとややPP単価が悪化し、少し間延びしたPP単価と言えます。

大阪(関西)-札幌(新千歳)-女満別

KIX-CTS-MMB
Great Circle Mapper

今月の第1位は前月と変わらず大阪(関西)-札幌(新千歳)-女満別です。
全国的にPP単価悪化傾向の11月搭乗分ですが、全く変わらない価格でPP単価は7.03円・獲得PPは1,621ポイントです。
前月と違うのは、復路が前月の61位から22位へと一気に躍進、往復旅程を組む際のパフォーマンスが大きく向上したことです。
往復での獲得PP数は3,242ポイントで、1位と22位の組み合わせで組んだ場合のPP単価は8.39円です。

しかし、前月同様に関西出発で伊丹に戻る旅程であれば1位と2位で組むことができ、平均PP単価7.53円と堂々の7円台で実施可能です。
北海道区間はプロペラ機による機窓が楽しそうな路線でもあります。

大阪(伊丹)-沖縄(那覇)-石垣

ITM-OKA-ISG
Great Circle Mapper

次に紹介するのは、大阪3空港発着で最大獲得PPを誇る大阪(伊丹)-沖縄(那覇)-石垣です。
大阪圏発着で最大獲得(1,878PP)が嬉しい石垣便は、前月の12位から躍進の6位にランクインしました。
しかし残念ながらPP単価はやや悪化し8.57円になります。
復路が直後の7位(実際は同点6位タイ)にランクインしているので、往復旅程を組んだ場合の平均PP単価も変わらずの8.57円で3,756PPの大量獲得が可能です。
往復で組みやすく平均PP単価も変わらないのはもちろん良いのですが、若干のPP単価悪化に目を瞑れるなら11位〜13位に同路線がランクインしているので、ダイヤを見ながら都合や効率で選択できる点もこの路線の良いところです。

大阪(伊丹)-沖縄(那覇)-宮古

itm-oka-mmy
Great Circle Mapper

今月のランキングのBEST30では往復可能な行き先が少なく、上記2路線以外では唯一、大阪(伊丹)-沖縄(那覇)-宮古です。
30路線で3箇所しか往復可能な路線がないということは、旅程を組む上ではマイナスですが、比較的長距離の路線が往復可能なのはせめてもの救いです。
で、その宮古ですが17位に往路・18位(17位タイ)に復路が並びどちらもPP単価は9.31円です。
MCT込みの価格でも10円を切るのは安心ですが、流石に上記2路線と比べると見劣りします。
石垣も女満別も行き飽きた強者が選択すべき路線でしょうか。

スポンサーリンク

同時期のプレミアム28

大阪(伊丹・関西・神戸)発着に絞ったランキングではなく全国版ベスト100ですが、本記事と同時期のプレミアムクラスのPP単価ランキングはこちらです。
組み合わせて旅程を組む場合などの参考にどうぞ。

まとめ

今月の大阪(伊丹・関西・神戸)BEST30は、沖縄方面が11便・北海道方面が6便に対し、北陸方面が13便と活況なのですが、いずれも往路だけがBEST30入りしていて往復旅程を組むとパフォーマンスが落ちてしまいます。
複雑に旅程を構築して楽しめる上級者であればアリかもしれませんが、特にこだわりがなければ上記3路線を抑えるのが安心です。

今回の大阪発着は特に伊丹の存在感が大きいように感じます。
関西・神戸に対してアクセス面で有利な方も多いでしょうから、その辺りはプラスと言えます。

今回は第1位でPP単価7.0円です。
PP2倍に目が眩んで慌てて変な(PP単価14円以上)路線を選んでしまうくらいなら、落ち着いて最後の一本はこちらで選択する方が良い場合もありそうです。
タイムリミットが近いですが、みなさん旅程は慎重に組みましょう。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント