[SFC修行] ANA VALUE TRANSIT 28 (10月搭乗分)PP単価BEST100

VT28 PP単価BEST100

7月31日、ANA VARUE TRANSIT 28の10月搭乗分(10月1日〜10月24日)が発表されました。
PP単価順ベスト100の紹介、そして目玉路線、PP単価、前月発表と比べて変わった点などを解説します。

最新版はこちらの記事をご覧ください。

ANAVALUE TRANSITの詳細は以下の記事で詳しく解説しております。
バリュートランジットってどんなもの?という方はこちらをご覧ください。

PP単価BEST100

今回発表の設定路線2,090路線の中からプレミアムポイント単価上位100路線をピックアップします。
以下の表にある最安運賃には国内線旅客施設使用料(PFC)は含まれていません。
PFCの詳細は以下の記事をご覧ください。

それではまず1〜50位です。

出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価
1庄内東京(羽田)沖縄398 / 47512,1002,2035.49
2沖縄東京(羽田)能登462 / 74912,1002,1865.54
3沖縄東京(羽田)小松996 / 75512,3002,1925.61
4秋田東京(羽田)沖縄406 / 47513,2002,2945.75
5沖縄東京(羽田)秋田462 / 40513,2002,2945.75
6沖縄東京(羽田)庄内460 / 39512,8002,2035.81
7札幌(千歳)大阪(関西)沖縄1712 / 173714,6002,5075.82
8沖縄東京(羽田)大館能代996 / 78913,7002,3475.84
9沖縄東京(羽田)庄内996 / 39713,1002,2035.95
10能登東京(羽田)大阪(関西)748 / 9917,1001,1306.28
11沖縄大阪(関西)札幌(千歳)1734 / 171315,9002,5076.34
12東京(羽田)沖縄石垣477 / 178114,3002,2466.37
13石垣沖縄東京(羽田)1762 / 99414,7002,2466.54
14東京(羽田)沖縄石垣475 / 244915,1002,2466.72
15石垣沖縄東京(羽田)1764 / 46215,1002,2466.72
16大館能代東京(羽田)沖縄788 / 47316,2002,3476.90
17小松東京(羽田)沖縄754 / 47315,4002,1927.03
18宮古沖縄東京(羽田)1722 / 99615,1002,1417.05
19石垣沖縄東京(羽田)1766 / 99615,9002,2467.08
20札幌(千歳)東京(羽田)沖縄64 / 47718,8002,6417.12
21沖縄東京(羽田)札幌(千歳)994 / 6518,9002,6417.16
22秋田東京(羽田)沖縄404 / 47116,7002,2947.28
23大阪(関西)沖縄石垣1737 / 244913,7001,8787.29
24小松東京(羽田)沖縄756 / 47916,1002,1927.34
25大阪(関西)東京(羽田)富山992 / 3198,0001,0847.38
26能登東京(羽田)沖縄748 / 47316,2002,1867.41
27沖縄東京(羽田)札幌(千歳)462 / 6719,6002,6417.42
28大阪(伊丹)沖縄宮古767 / 172913,4001,7737.56
29石垣沖縄大阪(関西)1764 / 173414,2001,8787.56
30札幌(千歳)東京(羽田)沖縄58 / 47520,0002,6417.57
31沖縄東京(羽田)札幌(千歳)460 / 6120,0002,6417.57
32大阪(伊丹)沖縄石垣767 / 244914,3001,8787.61
33札幌(千歳)東京(羽田)鹿児島62 / 247715,8002,0667.65
34鹿児島東京(羽田)札幌(千歳)624 / 6715,8002,0667.65
35鹿児島東京(羽田)札幌(千歳)2474 / 472515,8002,0667.65
36鹿児島東京(羽田)札幌(千歳)2476 / 6915,8002,0667.65
37大館能代東京(羽田)沖縄790 / 47918,0002,3477.67
38能登東京(羽田)沖縄750 / 47916,9002,1867.73
39熊本名古屋(中部)札幌(千歳)334 / 483514,6001,8837.75
40山口宇部東京(羽田)小松700 / 75911,5001,4817.77
41札幌(千歳)東京(羽田)山口宇部50 / 69315,0001,9307.77
42沖縄東京(羽田)稚内460 / 57122,5002,8947.77
43稚内東京(羽田)沖縄572 / 47722,5002,8947.77
44佐賀東京(羽田)札幌(千歳)458 / 474315,9002,0417.79
45函館東京(羽田)沖縄554 / 47519,6002,5127.80
46富山東京(羽田)沖縄316 / 47116,7002,1407.80
47佐賀東京(羽田)札幌(千歳)982 / 6916,0002,0417.84
48石垣沖縄大阪(伊丹)1764 / 76414,8001,8787.88
49鹿児島東京(羽田)札幌(千歳)622 / 6316,3002,0667.89
50富山東京(羽田)沖縄320 / 47916,9002,1407.90

先月より減少しましたが、やはり沖縄(那覇)や石垣・宮古が絡んだ路線がTOP50の38便と殆どを占めています。
先月はPP単価4円台という恐るべき単価がありましたが、10月搭乗分は平常に戻り1位は庄内→沖縄(那覇)の5.49円でした。
先月にPP単価4円台・獲得PP3,000弱で当ブログでも旋風を巻き起こした稚内-沖縄(那覇)ですが、今月は順位を42位に下げてPP単価7.77円と平凡になりました。
沖縄方面以外で目を引くのは、TOP10入りした10位の能登-大阪(関西)と25位の大阪(関西)-富山です。
大阪(関西)発着でこのPP単価は素晴らしいのではないでしょうか。

続いて51〜100位です。

出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価
51沖縄東京(羽田)札幌(千歳)996 / 7120,9002,6417.91
52札幌(千歳)名古屋(中部)鹿児島4836 / 242715,5001,9378.00
53札幌(千歳)名古屋(中部)大分4836 / 316914,3001,7808.03
54東京(羽田)沖縄石垣473 / 177718,1002,2468.06
55東京(羽田)大阪(関西)沖縄3823 / 173715,6001,9288.09
56札幌(千歳)東京(羽田)佐賀72 / 45716,6002,0418.13
57佐賀東京(羽田)札幌(千歳)454 / 6516,6002,0418.13
58札幌(千歳)名古屋(中部)鹿児島706 / 35515,8001,9378.16
59沖縄名古屋(中部)札幌(千歳)2470 / 71720,7002,5348.17
60札幌(千歳)東京(羽田)鹿児島54 / 62316,9002,0668.18
61札幌(千歳)東京(羽田)山口宇部62 / 69715,8001,9308.19
62沖縄大阪(伊丹)松山766 / 164514,3001,7468.19
63沖縄大阪(伊丹)松山770 / 164914,3001,7468.19
64松山大阪(伊丹)沖縄1636 / 76514,3001,7468.19
65松山大阪(伊丹)沖縄1638 / 76714,3001,7468.19
66東京(羽田)沖縄宮古473 / 172917,6002,1418.22
67小松東京(羽田)鹿児島754 / 62313,3001,6178.23
68鹿児島東京(羽田)札幌(千歳)626 / 7317,0002,0668.23
69佐賀東京(羽田)札幌(千歳)456 / 7716,8002,0418.23
70萩・石見東京(羽田)札幌(千歳)726 / 6515,5001,8768.26
71佐賀東京(羽田)札幌(千歳)452 / 5516,9002,0418.28
72山口宇部東京(羽田)札幌(千歳)700 / 7916,0001,9308.29
73沖縄名古屋(中部)秋田2466 / 183918,1002,1838.29
74沖縄大阪(神戸)札幌(千歳)2426 / 482120,8002,5078.30
75長崎東京(羽田)札幌(千歳)666 / 7117,3002,0808.32
76札幌(千歳)東京(羽田)佐賀4724 / 45517,0002,0418.33
77青森大阪(伊丹)沖縄1852 / 76519,1002,2928.33
78大阪(神戸)沖縄宮古2425 / 172914,8001,7738.35
79佐賀東京(羽田)小松452 / 75313,3001,5928.35
80石垣沖縄大阪(神戸)1768 / 242615,7001,8788.36
81札幌(千歳)名古屋(中部)沖縄4830 / 246521,2002,5348.37
82大分名古屋(中部)札幌(千歳)3166 / 70714,9001,7808.37
83札幌(千歳)東京(羽田)佐賀56 / 45317,1002,0418.38
84北九州東京(羽田)札幌(千歳)3874 / 6116,5001,9668.39
85東京(羽田)大阪(伊丹)沖縄23 / 76716,2001,9288.40
86東京(羽田)沖縄宮古471 / 172718,0002,1418.41
87札幌(千歳)名古屋(中部)鹿児島4830 / 35316,3001,9378.42
88札幌(千歳)東京(羽田)萩・石見64 / 72715,8001,8768.42
89秋田名古屋(中部)沖縄1838 / 246518,4002,1838.43
90山口宇部東京(羽田)小松692 / 75312,5001,4818.44
91小松東京(羽田)山口宇部756 / 69912,5001,4818.44
92北九州東京(羽田)札幌(千歳)3876 / 472116,6001,9668.44
93北九州東京(羽田)札幌(千歳)3888 / 473716,6001,9668.44
94札幌(千歳)大阪(神戸)沖縄4820 / 242921,2002,5078.46
95鹿児島東京(羽田)札幌(千歳)620 / 471917,5002,0668.47
96鹿児島東京(羽田)札幌(千歳)2472 / 5917,5002,0668.47
97高知大阪(伊丹)沖縄1606 / 76714,3001,6868.48
98沖縄大阪(伊丹)新潟764 / 166116,8001,9798.49
99山口宇部東京(羽田)札幌(千歳)696 / 7116,4001,9308.50
100山口宇部東京(羽田)札幌(千歳)3812 / 472116,4001,9308.50

51位からは札幌(新千歳)と九州・中国地方を結ぶ便が半分の25便を占めています(ベスト100位では合計33便)。
沖縄(那覇)や札幌(新千歳)の絡まない路線は40位と90位91位の山口宇部⇔小松、67位の小松→鹿児島が個性的です。
先月同様に小松空港発着はBEST100にランクインし存在感を放っています。

PP単価4円台は無くなり0路線(前月比-7)、5円台は9路線(前月比-3)、6円台は7路線(前月比-42)、7円台は35路線(前月比-57)、8円台は140路線(前月比+76)の設定になりました。

前回発表と比較

今回のPP単価ベストは、9月搭乗分と同じく庄内-東京(羽田)-沖縄(那覇)ですが、PP単価は4.63円から5.49円と悪化しました。
それでもまだまだ強力な路線ではないでしょうか。

9月搭乗分と比較すると、設定本数に関しては8月が2,180本、9月が2,126本、そして10月はさらに減少し2,090本となり54本減少しました。

全体的に見ると設定便数が減少傾向でPP単価4円台も無くなり、5円台、6円台、7円台も大幅減となり、PP単価の面でもかなりの悪化傾向なのは残念なところです。

まとめ

今回のVALUE TRANSIT28は通常通りの1ヶ月分ではなく10月1日〜10月24日の設定なのでご注意ください。

本来であれば行楽シーズンの10月ですから、修行のセカンドベストシーズンと比較するべきではありませんが。驚愕のPP単価だったバリュートランジット9月搭乗分と比較するとかなり物足りなく感じる10月搭乗分です。
そうは言っても、いつも通りの通常営業になったと開き直れば、まだまだ優良な路線は豊富にあります。

沖縄(那覇)発着と札幌(新千歳)発着が殆どで単純には利用し辛いですが、各自の拠点空港から沖縄(那覇)や札幌(新千歳)にスーパーバリューなどで向かい、バリュートランジット28に接続するのがSFC修行には有効な作戦である事は変わりません。

最終的な航空券代には旅客施設使用料(PFC)が加算され特に乗継利用ではPP単価が利用空港によって想像以上に上昇する場合がありますのでご注意ください。

2020年も残り3ヶ月となる10月搭乗分、残りわずかの修行期間となりますが、このTOP100のランキングを参考し、一気にプレミアムポイントを獲得できるバリュートランジット利用してプラチナステータス獲得を狙いましょう。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント