[ANA]今週のトクたびマイル(1月4日発表分)

トクたびマイル

ANAから毎週火曜日に発表されるトクたびマイル。
本記事は2022年1月4日発表分の紹介です。
このトクたびマイルは、通常よりも少ないマイルで特典航空券を利用出来るとてもおトクな方法です。
毎週対象路線が変更されますので、今週はどんな路線が対象なのかをまとめます。

対象期間

12月14日発表分の対象路線は、予約発券期間が2022年1月5日(水)から1月11日(火)まで、対象搭乗期間は2022年1月6日(木)から1月12日(水)までとなります。

対象路線

今週分の対象路線を必要マイル数毎に見ていきます。

3,000マイル

3,000マイルの対象路線は以下の27路線(先週比±0)です。

通常時必要マイル
東京(羽田)庄内大阪(関西)札幌(新千歳)函館岩国松山大分宮崎5,000〜6,000
大阪(伊丹)高知福岡新潟青森長崎沖縄(那覇)5,000〜6,000
名古屋(中部)新潟熊本札幌(新千歳)5,000〜6,000
札幌(新千歳)釧路秋田新潟大阪(関西)5,000〜6,000
長崎五島福江5,000
沖縄(那覇)大阪(神戸)福岡石垣松山鹿児島5,000〜6,000
通常時必要マイル数:緑は5,000マイル・赤は6,000マイル
Great Circle Mapper
Great Circle Mapper

通常時必要マイル数5,000マイル(上)と6,000マイル(下)の路線を見ると、よりお得な6,000マイル 路線が多いのは嬉しい設定です。

4,000マイル

4,000マイルの対象路線は以下の1路線(先週比-2)です。

通常時必要マイル
大阪(関西)石垣7,000
Great Circle Mapper

5,500マイル

5,500マイルの対象路線は以下の2路線(先週比+2)です。

通常時必要マイル
東京(羽田)宮古8,500
名古屋(中部)石垣8,500
Great Circle Mapper

まとめ

2022年最初のトクたびマイル、1月4日発表分のトクたびマイルの対象路線を紹介しました。

5,500マイルの路線が2路線で復活、単中距離路線のオンパレードだった昨年最後に比べ、通常の分布に戻り短距離から長距離まで満遍なくラインナップされています。

設定路線総数は30路線の中で、3,000マイルの路線のうち、一部は元々レギュラーシーズンでも3,000マイルで元々4,500マイルだった路線も3,000マイルの扱いになったのはローシーズンの決まり事で、当然ながらお得感で言えば元々4,500マイル 区間になります。
ローシーズンだからと全てがお得かと言うとそうではなく、変わらない路線もあるのでそこは注意が必要ですが、上の表の赤で書いた路線は確実にローシーズンの恩恵を受けられます。
逆に緑で記載した路線は割引率では望ましくない路線と言えます。

発着地の内訳は、東京(羽田)発着が9路線(先週比-3)・大阪(伊丹・関西・神戸)発着が10路線(先週比+3)・名古屋(中部)発着が4路線(先週比±0)・福岡発着が2路線(先週比-3)、札幌(新千歳)発着が6路線(先週比+1)となりました。

今回は主要幹線は東京(羽田)-大阪(関西)/札幌(新千歳)が3,000マイル で設定されています。
そして、最近の感染者数を見ると手放しでは喜べませんが沖縄(那覇)の設定が多いのはなぜか心躍らされます。

ANAマイルを貯める

ANAマイルは飛行機に搭乗しなくても、普段のお買い物などで3,000〜6,000マイル程度なら比較的簡単に蓄積できます。
その際、ANAカードは必須です。
複数枚発行の技を使えばお買い物などさほどしなくても自動で毎年トクたびマイルを利用できます

トクたびマイルはSFC修行などで得たマイルをお得に利用する事が出来ますが、特典航空券となるのでプレミアムポイントは付与されません。
SFC修行としては利用価値は全くありません。
しかし、これを利用して解脱後にふらっと旅に出てみるのはいかがでしょうか。
また、特典航空券であってもライフタイムマイルは積算されます。
通常の修行僧に比べてミリオンマイラーを目指す人は少ないでしょうが、ミリオンマイラー修行に関しては特典航空券でも問題なくライフタイムマイルを蓄積できます。
お金をかけずにライフタイムマイルを蓄積できる(しかも必要マイル数も少なめ)ので、究極の修行僧であるミリオンマイル修行には非常に有効です。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント