[ANA/JAL]緊急事態宣言・まん延防止重点措置に伴う航空券特別対応(変更・取消)まとめ

空港カウンター

政府より緊急事態宣言の指定範囲の拡大、まん延防止等重点措置の指定/延長などが発表され、ANA/JAL両社の緊急事態宣言・まん延防止等重点措置に係る対応が2021年9月9日時点で更新されました。
それらに合わせて本記事をアップデート(9/10)しました。

スポンサーリンク

緊急事態宣言・まん延防止等重点措置に係る対応

航空会社では緊急事態宣言・まん延防止等重点措置が出ている地域の空港を発着する便の航空券に対し、特別対応を実施しています。

ANA

ANAでは以下の国内線航空券に於いて特別対応を実施しています。

対象路線対象搭乗日
大阪(伊丹・関西・神戸)発着便2021年9月1日〜9月30日搭乗分
東京(羽田)発着便2021年9月1日〜9月30日搭乗分
東京(成田)発着便2021年9月1日〜9月30日搭乗分
沖縄(那覇)発着便2021年9月1日〜9月30日搭乗分
宮古発着便2021年9月1日〜9月30日搭乗分
札幌(新千歳)発着便2021年9月1日〜9月30日搭乗分
福岡・北九州発着便2021年9月1日〜9月30日搭乗分
石垣発着路線2021年9月1日〜9月30日搭乗分
利尻・稚内・オホーツク紋別・女満別・旭川・根室中標津・釧路・帯広・函館発着便2021年9月1日〜9月30日搭乗分
小松発着便2021年9月1日〜9月30日搭乗分
名古屋(中部)発着便2021年9月1日〜9月30日搭乗分
福島発着便2021年9月1日〜9月30日搭乗分
静岡発着便2021年9月1日〜9月30日搭乗分
熊本発着便2021年9月1日〜9月30日搭乗分
仙台発着便2021年8月20日〜9月30日搭乗分
富山発着便2021年8月20日〜9月12日搭乗分
岡山発着便2021年8月20日〜9月30日搭乗分
広島発着便2021年8月20日〜9月30日搭乗分
高松発着便2021年8月20日〜9月30日搭乗分
松山発着便2021年8月20日〜9月12日搭乗分
鹿児島発着便2021年8月20日〜9月30日搭乗分
高知発着便2021年8月27日〜9月12日搭乗分
佐賀発着便2021年8月27日〜9月12日搭乗分
長崎発着便2021年8月27日〜9月12日搭乗分
宮崎発着便2021年8月27日〜9月30日搭乗分
赤字は8月25日更新分


上記の航空券に対し、変更・払戻の手数料を無料で扱ってもらえます。
ANAウェブサイトでの手続きは、搭乗予定日から10日以内の手続きが必要です。
また、搭乗日によって変更/キャンセルが可能になる日が異なりますので、詳しくは公式サイトで確認してください。

JAL

JALも航空券の特別対応が用意され、以下の航空券に対し特別対応を実施しています。

対象路線対象搭乗日
大阪(伊丹・関西・神戸)発着便2021年7月12日〜9月30日搭乗分
但馬発着便2021年8月20日〜9月30日搭乗分
東京(羽田・成田)発着便2021年7月12日〜9月30日搭乗分
沖縄(那覇)発着便2021年7月12日〜9月30日搭乗分
名古屋(中部・小牧)発着便2021年8月8日〜9月30日搭乗分
宮古・多良間発着便2021年7月12日〜9月30日搭乗分
福岡・北九州発着便2021年8月2日〜9月30日搭乗分
札幌(新千歳・丘珠)発着便2021年8月2日〜9月30日搭乗分
石垣・与那国発着便2021年7月12日〜9月30日搭乗分
小松発着便2021年8月2日〜9月30日搭乗分
熊本発着便2021年8月8日〜9月30日搭乗分
久米島・北大東・南大東発着便2021年7月12日〜9月30日搭乗分
静岡発着便2021年8月8日〜9月30日搭乗分
松山発着便2021年8月20日〜9月12日搭乗分
仙台・岡山・広島・高松・松山・鹿児島発着便2021年8月20日〜9月30日搭乗分
高知・長崎発着便2021年8月27日〜9月12日搭乗分
利尻・女満別・旭川・釧路・帯広・函館・奥尻・宮崎発着便2021年8月27日〜9月30日搭乗分
赤字は8月25日更新分

上記の航空券に対し、変更・払戻の手数料はかかりません。
変更可能期間は、搭乗予定日から30日以内か航空券有効期間のどちらか長い方までの期間での手続きが必要です。
また、対象搭乗便の変更/キャンセル手続き開始日は便により異なりますので、公式サイトで確認してください。

スポンサーリンク

まとめ

緊急事態宣言が延長されればやはり航空券特別対応も合わせて延長されました。
ほとんどの空港発着便が9月30日までの延長と相変わらず厳しい状況が続きますが、富山・松山・高知・佐賀・長崎が延長されなかったのは明るい兆しなのかもしれません。
そうはいっても対象が「発着便」となっているので、全国の大半の空港発着便が9月30日まで延長されていることを鑑みると、これらこれら4空港発着便も事実上は9月30日まで同様の扱いを受けられることになります。(例 富山-羽田は羽田発着に該当する)
航空券の特別対応が実施されていることにより、航空券を手配した後に感染状況が悪化し渡航を取りやめたい場合などには安心です。
航空会社としては「感染状況に関わらず取り敢えず予約だけでも」という事なのでしょう。
ガチガチに旅程を組み上げる修行僧としては例え変更手数料が無料になったとしても膨大な手続きの手間が増えるので及び腰になるところではありますが、2021年冬ダイヤのプレミアム28運賃も発表され2022年修行のゴングがなりました。
気持ち新たに予約合戦に挑みたいところであります。

新型コロナの感染状況が芳しくないが故のことですが、このような対応が延長され続けていることはあまり望ましいことではありません。
この記事もそれに合わせて随時更新される可能性がありますが、今回が最後になることを切に願う次第です。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント