[SFC修行]関西発着プレミアムクラスを5往復で完全解脱(PP2倍活用)

SFC PP2倍を大阪(関西)から

プレミアムポイント2倍のキャンペーンが発表されてから数日が経ち、この機会にせっせと予約をしている方も多いと思います。
これまで最短二日で解脱PP単価3円台で解脱など、東京(羽田)発着のオススメルートを記事にしてきましたが、このキャンペーンはもちろん誰でもどの発着地でも有効で、その効き目は甚大です。

東京ばかりに偏るのもアレなので、今回は大阪圏の大阪(関西)発着でのオススメルートを紹介します。
全てプレミアムクラスでの搭乗でわずか3日(10レグ)で解脱可能な旅程になります。
プレミアムクラスの豪華さ・2倍キャンペーンによるPP単価の良さ・大きな獲得PP×2倍による必要搭乗数と、三拍子揃った旅程です。

スポンサーリンク

ルート

今回のルートは大阪(関西)-沖縄(那覇)を4往復と大阪(関西)-石垣を1往復の合計5往復(10レグ)を三日間で搭乗するルートになります。

KIX-OKA_ISG
Great Circle Mapper

フライト

フライトの詳細を見ていきますが、日付ごとに分けて見ていきます。

以下の予約・運賃等は2021年3月25日時点の情報です。

1日目

ANA20210523_KIX-OKA
ANA HPより

初日のスタートはゴールデンウィークを翌週に控えた5月23日(日)から始めます。
まずは大阪(関西)08:00発ANA1731便にて沖縄(那覇)に向かいます。
関空は大阪中心部から少々遠くアクセスに時間がかかりますが、出発時間が8時ですので、問題ないでしょう。
プレミアムクラスを利用しますので、空港に早めに来てラウンジを楽しむ事も結構な事です。
(今回の旅程は全てプレミアムクラスを利用しますのでどの空港でもラウンジが利用可能となっています)
機材はA320(32P)となり、プレミアムクラスは2-2の2列で8席です。
フライト時間は2時間10分もありますが、プレミアムクラスを堪能している間に沖縄(那覇)には10:10に到着します。
沖縄(那覇)での乗継時間は45分と短時間ですので、ここでラウンジを楽しむのは少々厳しく、程なくして次の搭乗時間となります。

2レグ目は沖縄(那覇)10:55発ANA1734便にて大阪(関西)に戻ります。
おそらく折り返し便となる為、機材は先ほどと同じ32Pとなります。
フライト時間はジャスト2時間ですので、14:30に大阪(関西)に到着となります。
大阪(関西)での乗継時間は1時間35分もありますので、ここではラウンジを楽しむだけの時間があります。

ラウンジでの楽しい時間を過ごした後の3レグ目は14:30発のANA1737便にて本日2度目の沖縄(那覇)に向かいます。
機材は本日3度目となる32Pですので、これまでとは違う座席を指定するなどして挑むのが変化があって良いのではないでしょうか。
フライト時間は1レグ目と同じ2時間10分ですので、沖縄(那覇)には16:40到着となります。
沖縄(那覇)での滞在時間は3時間50分と今回の旅程での最長乗継時間となっており、しかも那覇空港は市内中心部に近くゆいレールも乗り入れている為、観光も可能なのではないでしょうか。
もちろん今までのフライトの疲れを癒すためにラウンジで過ごすのもアリです。


それぞれの時間を過ごした後の4レグ目は沖縄(那覇)20:35発ANA1740便に搭乗し大阪(関西)に戻ります。
機材はB737-800(738)と4レグ目にして違う機体となり、プレミアムクラスは32Pと同様に2-2の2列で計8席あります。
フライト時間は1時間55分と機材が違うからか時間帯の影響なのかは分かりませんが2レグ目より短縮されました。
大阪(関西)には22:30到着となり、本日の旅程が終了となります。

今回は安価な便を選んだ為20:35発の便を選択しましたが、もっと早く大阪(関西)に帰って来られる17:30発のANA1738便を選択する事で19:30に大阪(関西)に戻ってくる事も可能です。

2日目

2日目は1日目と全く同じ旅程となり割愛しますが、予約表は下記になります。

ANA20210524_KIX-OKA
ANA HPより

3日目

ANA20210525_KIX-ISG
ANA HPより

1日目、2日目と大阪(関西)-沖縄(那覇)の繰り返しでしたが、最終3日目は行き先が変わり大阪(関西)から石垣への往復フライトとなります。

往路は大阪(関西)09:00発のANA1747便の石垣行きで、機材は沖縄(那覇)便でも利用した738となります。
さすが定期便が就航する日本最南端の空港ですので、フライト時間は大阪(関西)からでも2時間35分と長時間フライトとなります。
しかしプレミアムクラスでの搭乗ですので、この長時間のフライトも苦にはなりません。
石垣到着は11:35となりますが、復路までの乗継時間は僅か40分ですので、観光もラウンジも楽しむ時間はありません。

復路は石垣12:15発ANA1748便に往路の到着からあっという間に復路の搭乗となります。
機材はおそらく折り返し便となる為、往路と同じ738になります。
フライト時間は2時間20分となっていますので、大阪(関西)には14:35に到着し今回の旅程5往復10レグの全てが終了です。

PP・マイル

1日目

 便名出発到着PP基本区間マイル付与マイル※1運賃種別※2運賃PP単価
11731大阪(関西)沖縄(那覇)2,2477391,153SVP¥28,46012.67
21734沖縄(那覇)大阪(関西)2,2477391,153SVP¥28,46012.67
31737大阪(関西)沖縄(那覇)2,2477391,153SVP¥28,46012.67
41740沖縄(那覇)大阪(関西)2,2477391,153SVP¥29,16012.98
合計   8,988 4,612 ¥114,54012.74
※1 付与マイル数は、ANAワイドゴールドカード保有・ステータス無しの場合
※2 運賃種別欄 SVP=SUPER VALUE PREMIUM

合計運賃 114,540
獲得PP 8,98817,976
PP単価 12.74円(6.37円
赤字はプレミアムポイント2倍キャンペーン適用後

2日目

 便名出発到着PP基本区間マイル付与マイル※1運賃種別※2運賃PP単価
51731大阪(関西)沖縄(那覇)2,2477391,153SVP¥28,46012.67
61734沖縄(那覇)大阪(関西)2,2477391,153SVP¥28,46012.67
71737大阪(関西)沖縄(那覇)2,2477391,153SVP¥28,46012.67
81740沖縄(那覇)大阪(関西)2,2477391,153SVP¥29,16012.98
合計   8,988 4,612 ¥114,54012.74
※1 付与マイル数は、ANAワイドゴールドカード保有・ステータス無しの場合
※2 運賃種別欄 SVP=SUPER VALUE PREMIUM

合計運賃 114,540
獲得PP 8,98817,976
PP単価 12.74円(6.37円
赤字はプレミアムポイント2倍キャンペーン適用後

3日目

 便名出発到着PP基本区間マイル付与マイル※1運賃種別※2運賃PP単価
91747大阪(関西)石垣2,8229691,513SVP¥33,64011.92
101748石垣大阪(関西)2,8229691,513SVP¥30,34010.75
合計   5,644 3,026 ¥63,98011.34
※1 付与マイル数は、ANAワイドゴールドカード保有・ステータス無しの場合
※2 運賃種別欄 SVP=SUPER VALUE PREMIUM

合計運賃 63,980
獲得PP 5,64411,288
PP単価 11.34円(5.67円
赤字はプレミアムポイント2倍キャンペーン適用後

合計

3日間の合計運賃293,060円で2倍キャンペーン適用後の獲得プレミアムポイントは47,240PPとなりPP単価は6.20円となります。

これにプレミアムポイント2021年のボーナスプレミアムポイント3,000PPを加算する事で合計プレミアムポイントは50,240PPとなり無事にプラチナステータスを獲得でき解脱する事ができます。

スポンサーリンク

まとめ

大阪圏の大阪(関西)発着で僅か三日間5往復10レグで解脱する事が可能な旅程を紹介しました。

全てプレミアムクラスで搭乗し、PP2倍キャンペーンとボーナスポイント3,000PPが付与されるキャンペーンによって、三日でのプラチナステータスが獲得可能な旅程が組む事ができます。
運賃合計が293,060円と30万円を切る運賃で、PP単価も6.20円とプレミアムクラスでは考えられない解脱までの運賃と単価になっています。

大阪圏の修行僧の方でもプレミアムクラスを利用する事でわずか三日で解脱可能ですので、この2倍キャンペーンを活用して一気にプラチナステータス獲得を目指してはいかがでしょうか。
もちろん、運賃とスケジュールのバランスを取りながら、日程を分割したり、飽きを防ぐ意味で2日目と3日目を入れ替えたりとアレンジも可能なフレキシビリティーがあるのも嬉しいところ。
ただし、搭乗は6月いっぱいまでに最終レグを終えなければPP2倍の恩恵を受けられなくなることは頭の隅に留めておく必要があります。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント