こちらも0円 JAL 国際線燃油サーチャージ 2020年6月以降分

燃油サーチャージ

JALの燃油サーチャージ6月以降発券分が発表されました。
ANA同様に久しぶりの0円になりました。

燃油サーチャージ概況

2020年2月/3月におけるシンガポールケロシンの2ヶ月平均が1バレル50.62USドル、為替レートは1USドル=108.53円。
日本円換算のシンガポールケロシン市況価格は5,494円となりました。
これにより、6月発券分の燃油サーチャージが遂に、というか久しぶりに適用なしとなりました。
これは、2017年1月以来となります。

各方面の燃油サーチャージ額

各方面の変更前・変更後の日本発着国際線燃油サーチャージ額は以下の通りです。

 路線変更前変更後(6月以降)
A北米(除ハワイ)・欧州・中東・オセアニア10,500円適用なし(0円)
Bハワイ・インドネシア・インド・スリランカ6,000円
Cタイ・マレーシア・シンガポール・ブルネイ・ノヴォシビルスク4,500円
Dグアム・パラオ・フィリピン・ベトナム・モンゴル・イルクーツク3,000円
E東アジア(韓国・モンゴルを除く)2,500円
F韓国・極東ロシア500円

燃油サーチャージ算出基準

燃油サーチャージは以下の表に基づき決定されます。
今回は5,494円でしたので以下の表の「適用なし」となりました。

燃油価格/地域ABCDEF
6,000未満適用なし
7,000未満3,5002,0001,5001,000500200
8,000未満7,0004,0003,0002,0001,500300
9,000未満10,5006,0004,5003,0002,500500
10,000未満14,0008,5006,5004,0003,5001,000
11,000未満17,50011,0008,5005,0004,5001,500
12,000未満21,00013,50010,5006,5005,5002,000
13,000未満25,00016,00013,0008,0007,0002,500
14,000未満29,00018,50015,5009,5008,5003,000
15,000未満32,00020,50017,00011,0009,0003,500

※地域は上表に基づきます。燃油価格は2ヶ月平均、単位円、1人片道の金額

ANAと違う部分は14,000円以上15,000円未満の部分のみですので、今回は(今回も)完全にANAと一致してます。

まとめ

ANAのサーチャージ6月の記事でも書きましたが今回のサーチャージ改定は、平常時であれば大いに喜ばしいことです。
JALもANAのPP2倍キャンペーン同様、JAL FLY ON POINT2倍キャンペーンを適用期間はやや違いますが行われています。キャンペーンは中止になりました
こちらも、海外修行をどんどん進めて行きたい絶好の修行環境と言えます。緊急事態宣言のような事態がなければ。。。

円高も原油安も全てこの世界的な事態の影響が影を落とした結果でもあります。
PP2倍キャンペーンもそうです。
そもそもの国際線の旅客便は約90%が欠航し、そして搭乗できたとして到着国で入国できる確率もほぼゼロです。というか、入国できても14日間隔離なんかくらった日にはJGC修行どころではありません。
搭乗する便がなく入国できる国もなければ燃油サーチャージがゼロ円と言われても、私たちには「良い影響」も「悪い影響」も「搭乗する便」何もないのです。
SFC修行と同様、JGC修行も極寒の冬と言えます。

現状の事態さえなければと、恨めしい気持ちになってしまいますが、終息の際には原油高も円安も進んでいってします可能性も大いにあり、なんとも言えない気持ちにさせられます。

ANAのキャンペーンは6月いっぱいの搭乗が対象のPP2倍キャンペーンですが、JALでは7月いっぱい適用となります。中止
ANAよりは終息に間に合う可能性はありますが、現状を鑑みるとたとえ7月と言っても厳しい事には変わりません。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント