羽田発着BEST30(1月搭乗分)バリュートランジット28[SFC修行]

VALUE TRANSIT28 東京(羽田)BEST30

先日発表されたANA VALUE TRANSIT28(1月搭乗分)2021年1月6日〜1月31日についてPP単価BEST100の記事を上げました。

今回は、その中から東京(羽田)発着のBEST30を紹介します。

バリュートランジット28の詳細についてはこちらの記事をご覧ください

東京(羽田)発着

東京(羽田)発着の設定路線数は133路線(前月比-1)が設定され、路線数は先月からの大きな変化はありませんでした。
PP単価10円を下回る路線は67路線(前月比+1)となっており、僅か1便ですが増加となりました。

それではBEST30をご覧ください。
(表中の最安運賃は旅客施設使用料を含みません)

出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価
1東京(羽田)沖縄石垣471 / 177713,1002,2465.83
2東京(羽田)沖縄石垣475 / 244913,1002,2465.83
3東京(羽田)沖縄石垣469 / 177114,5002,2466.46
4東京(羽田)沖縄石垣477 / 178114,5002,2466.46
5石垣沖縄東京(羽田)1764 / 46214,5002,2466.46
6石垣沖縄東京(羽田)2450 / 47814,7002,2466.54
7東京(羽田)沖縄宮古473 / 172714,1002,1416.59
8東京(羽田)沖縄宮古469 / 172514,5002,1416.77
9宮古沖縄東京(羽田)1730 / 109815,2002,1417.10
10東京(羽田)沖縄石垣461 / 176517,0002,2467.57
11沖縄福岡東京(羽田)1200 / 384215,7002,0557.64
12沖縄福岡東京(羽田)1202 / 25015,7002,0557.64
13沖縄福岡東京(羽田)1206 / 25215,7002,0557.64
14沖縄福岡東京(羽田)1208 / 25815,7002,0557.64
15沖縄福岡東京(羽田)1210 / 26415,7002,0557.64
16沖縄福岡東京(羽田)1212 / 27015,7002,0557.64
17沖縄福岡東京(羽田)1214 / 27215,7002,0557.64
18沖縄福岡東京(羽田)2498 / 25415,7002,0557.64
19石垣沖縄東京(羽田)1766 / 99617,2002,2467.66
20沖縄岩国東京(羽田)1268 / 63815,7002,0067.83
21沖縄広島東京(羽田)1862 / 68415,7001,9967.87
22沖縄熊本東京(羽田)1868 / 64815,7001,9937.88
23宮古沖縄東京(羽田)1722 / 99617,0002,1417.94
24石垣大阪(関西)東京(羽田)1748 / 99218,3002,2738.05
25沖縄高松東京(羽田)1622 / 53815,7001,9468.07
26沖縄鹿児島東京(羽田)2484 / 247415,7001,9448.08
27沖縄大阪(伊丹)東京(羽田)764 / 2815,7001,9288.14
28沖縄大阪(伊丹)東京(羽田)766 / 3415,7001,9288.14
29沖縄大阪(伊丹)東京(羽田)770 / 4015,7001,9288.14
30沖縄大阪(関西)東京(羽田)1732 / 382215,7001,9288.14
31沖縄大阪(関西)東京(羽田)1734 / 382415,7001,9288.14
32沖縄大阪(関西)東京(羽田)1738 / 9815,7001,9288.14

今月のBEST30は全てが沖縄方面でした。
内訳は石垣路線が9便、宮古路線が4便、経由地違いの沖縄(那覇)路線が19便と、毎月のことですがやはり東京(羽田)発着では沖縄方面の強さを感じるランキングとなっています。
ちなみにPP単価が同じ値でしたので上位ランキングは32位(27位タイ)まで掲載しております。

石垣路線

HND-OKA-ISG
Great Circle Mapper

東京(羽田)発着12月搭乗分の第1位は先月と同じくPP単価5円台(5.83円)の東京(羽田)-沖縄(那覇)-石垣です。
1位と2位の東京(羽田)-沖縄(那覇)-石垣は、先月より運賃が100円値上がりし、若干ですがPP単価が悪化しましたが、全体ランキングでも17位と18位となっていますので、かなり優秀な路線です。
ちなみに復路である石垣-沖縄(那覇)-東京(羽田)の最上位は5位となっており、PP単価は6.46円とこちらも優良なPP単価となっています。
獲得PPは2,246PP(往復で4,492PP)と大量のプレミアムポイントを獲得する事が可能で、往復利用時の平均PP単価は6.14円となっておりオススメの路線です。

宮古路線

HND-HND-MMY
Great Circle Mapper

東京(羽田)発着1月搭乗分で石垣路線に続く優良PP単価の路線が宮古路線です。
4便のみのランクインですがPP単価も6円台と優秀な路線ですし、獲得PPも石垣路線に引けを取らない2,141PPのプレミアムポイントを獲得する事が可能です。
7位の往路と9位の復路で往復すると、PP単価は7.09円、獲得PPは4,282PPとなっており、7円台前半のPP単価で4,000オーバーの獲得PPはかなり優秀な路線ではないでしょうか。

沖縄(那覇)路線

HND-FUK_IWK_HIJ_KMJ_TAK_KOJ_ITM_KIX-OKA
Great Circle Mapper

TOP30のうち、約2/3の19便が沖縄(那覇)路線になります。
経由地は先月同様に大阪(伊丹)・大阪(関西)・福岡・岩国・広島・熊本・高松・鹿児島の8つがランクインしました。
東京(羽田)-沖縄(那覇)路線の設定数はランク外も含め合計で40便の設定があり、どの便もPP単価8円台かそれ以下となっており、どれもオススメ路線になっています。
獲得PPは、福岡経由が2,055PP、岩国2,006PP・広島1,996PP・熊本1,993PP・高松1,946PP・鹿児島1,944PP、大阪(伊丹・関西)1,928PPとなっているので、運賃と獲得PPをしっかりと確認してから購入することが非常に重要となります。

同時期のプレミアム28

東京(羽田)発着に絞ったランキングではなく全国版ベスト100ですが、本記事と同時期のプレミアムクラスのPP単価ランキングはこちらです。
組み合わせて旅程を組む場合などの参考にどうぞ。

まとめ

今回のVALUE TRANSIT28は通常通りの1ヶ月分ではなく2021年1月6日〜1月31日の設定なのでご注意ください。

今月も東京(羽田)発着BEST30は沖縄方面の便で全てを占めるランキングとなりました。
上位2便の石垣路線は先月より若干ですがPP単価の悪化が見られましたが、1位から6位まで占める石垣路線はまだまだ優秀な路線となっています。

宮古路線は先月の3便から1便増加し4便のランクイン数となっており、PP単価も獲得PPも優れているオススメの路線です。

沖縄(那覇)路線は経由地の違う19便がランクインしていますが、ランク外も含めると計40便の設定数を誇る優秀な路線で、その全てが優良なPP単価となっており、非常に使い勝手の良い路線になっています。

2021年SFC修行スタートの月となる1月搭乗分(2021年1月6日〜1月31日)の東京(羽田)発着のBEST30を参考に、2021年SFC修行のファーストフライトの計画を立てては如何でしょうか。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント