遂に最強PP単価 SFC合宿二分割で最安プラチナ獲得 GoTo適用で更に

SFC合宿2

前の記事では一撃50,000PP獲得でプラチナ解脱というSFC合宿について書きました。
しかし、この合宿は8泊9日という社会人にはかなり厳しい必要日数が大きなハードルになります。
そこで今回は、上記の一撃50,000PPを二分割して25,000PPづつにしてしまえば日程的な自由度が上がり、より多くの修行僧に実行可能なプランになるのではないかと考えました。
結果としてはPP単価も好転し申し分ないプランに仕上がります。
今回も東京(羽田)発着で検討しています

メインルートは一撃解脱と同様

今回もメインルートに据えるのは沖縄(那覇)-東京(羽田)-稚内です。
9月搭乗に於いてこのルートは1日のうちに往復が可能で、しかもPP単価も強烈に良いという二兎を追う者が二兎を得たルートですので、強力なプランを組み上げるならこのルートを中心に組むのが吉なのです。

沖縄(那覇)-東京(羽田)-稚内

前記事のおさらいになりますが、今回のメインルートの詳細です。

OKA-HND-WKJ
Great Circle Mapper

9月搭乗分のバリュートランジット28でPP単価4.94円(PFC含まず)の沖縄(那覇)-東京(羽田)-稚内です。
このルートを前記事では8連続で搭乗し、東京(羽田)発着のアクセスを工夫する事で一撃50,000PPを成し遂げました。
今回は二分割にする事でより万人受けする手軽さを狙い、以下のフライトを4セットを2回に分けて利用します。
改めて、沖縄(那覇)-東京(羽田)-稚内の詳細は以下の通りです。

 便名機材出発到着PP基本区間マイル付与マイル※1運賃種別※2
1460772沖縄(那覇)8:00東京(羽田)10:201,676984922VT
2571321東京(羽田)10:45稚内12:351,218679636
3572321稚内13:15東京(羽田)15:101,218679636VT
4477773東京(羽田)15:40沖縄(那覇)18:101,676984922
合計      5,788 3,116 
※1 付与マイル数は、ANAワイドゴールドカード保有・ステータス無しの場合
※2 運賃種別欄 SV=SUPER VALUE VT=VALUE TRANSIT

基本的な考え方は前回の記事と全く同じで、メインルートのスタート前日に那覇入りし、最終セットのメインルート終了の18:40以降に那覇を出発し東京に帰れる便を利用し合宿完了なのですが、今回は一組の合宿でメインルートを4セットとします。
一組での獲得PP数で25,000PPを狙い、それを二組実行する事でプラチナステータス獲得・修行解脱を目指します。

4往復を二組で考える

この沖縄(那覇)-稚内路線は片道2,894ポイント(往復5,788PP)獲得です。
前回は8往復でしたので、今回は4往復し前後の東京(羽田)発着を組み上げます。
那覇から稚内へのメインルート4往復すると23,152PPの獲得ですので、合宿一組あたりの目標獲得PP数である25,000PPに対し1,848PPの不足です。
発着地の東京(羽田)から沖縄(那覇)入りまでで不足分の1,848PPを補うことができれば、目標獲得PP数に達し二分割合宿が成立します。
修行僧なら東京(羽田)-沖縄(那覇)のスーパーバリュー等の運賃7で1,476PPの獲得は常識です。
単純にメインルート前後に羽田-那覇スーパーバリュー往復を組み合わせるだけで(やや過達ですが)26,104PPと簡単にクリア出来ます。

このルートを4連続で往復する日程を探し出すのは前回の8連続に比べれば容易です。
ここで興味深いのは、このメインルートである沖縄(那覇)-稚内のVT28は月曜日〜木曜日が安く、金曜日〜日曜日が比較的高額な傾向があります。
その辺りを踏まえて今回はメインフライトを月曜〜木曜にこなせるように、東京(羽田)9月6日発・9月10日着と東京(羽田)9月13日発・9月17日着の4泊5日を二組で構成します。

搭乗日往復運賃獲得PPPP単価
前半
9/7(月)¥31,0005,7885.36
9/8 (火)¥31,0005,7885.36
9/9 (水)¥31,0005,7885.36
9/10 (木)¥31,0005,7885.36
後半
9/14 (月)¥31,0005,7885.36
9/15 (火)¥31,0005,7885.36
9/16(水)¥31,0005,7885.36
9/17(木)¥31,0005,7885.36
合計¥248,00046,3045.36

前記事の8連続では若干価格が上がる金曜〜日曜を避けられませんでしたが、敢えて二分割する事で航空券価格の旨味のあるところだけを抽出し利用する事が出来ます。
上記の表のように4レグのフライトを4日連続を2回繰り返し、合計32レグの合計金額は248,000円(前記事比-6,600円)、PP単価は5.36(前記事比0.14円改善)と前記事の8連続より更に良いPP単価になります。

東京(羽田)発着でのアクセス

今回も東京(羽田)発着で考えますので、合宿前半初日(9/6)と前半最終日(9/10)の東京(羽田)⇔沖縄(那覇)が必要です。

東京(羽田)-沖縄(那覇)の運賃7は、先ほども述べた通り1,476PPですから往復2,952PPで充分に達成ですので簡単です。
東京(羽田)-沖縄(那覇)の運賃7往復2,952PP+メイン4セット23,152PPで合計26,104PPの計算となって、この4泊5日の合宿を二組実施してプラチナ達成となります。

合宿前半用の東京(羽田)とのアクセスは以下のフライトを利用します。

ANA20200906-HND-OKA
ANA HPより

那覇入りの便は、東京(羽田)を最も安価なANA477便で沖縄(那覇)に向かい翌日以降のフライトに備えます。
このフライトは単体でもPP単価5.29円という素晴らしい単価ですので修行全体への貢献も期待できます。

ANA20200910-OKA-HND
ANA HPより

最終フライトは9月10日の20:40発ANA1098便と21:05発ANA478便が安く同額ですが、今回は後で説明するダイナミックパッケージ利用プランが安かった便と揃えANA478便を選択しています。
どちらを選択してもPP単価などに違いはありませんので各自の都合で選べます。

搭乗日便名機材出発到着PP基本区間マイル付与マイル※1運賃種別※2運賃
9/6 (日)477773東京(羽田)15:40沖縄(那覇)18:101,476984922SV¥7,810
9/10 (木)478738沖縄(那覇)21:05東京(羽田)23:301,476984922SV¥11,810
合計      2,952 1,844 ¥19,620
※1 付与マイル数は、ANAワイドゴールドカード保有・ステータス無しの場合
※2 運賃種別欄 SV=SUPER VALUE VT=VALUE TRANSIT

この往復での合計の金額は19,620円、平均のPP単価は6.65円になります。
続いて後半戦のアクセスフライトは以下の通りです。

ANA20200913-HND-OKA
ANA HPより

前半戦と同様にANA477便が最も安く選択肢として最良です。
一度経験した後なので夕方以降に那覇観光を楽しむ余裕がありそうな時間帯です。

ANA20200917-OKA-HND
ANA HPより

最後の帰還フライトも前半戦同様の理由でANA478便を選択しました。
こちらも同額のANA1098便でやや早く家路につくことも可能です。

搭乗日便名機材出発到着PP基本区間マイル付与マイル※1運賃種別※2運賃
9/13 (日)477773東京(羽田)15:40沖縄(那覇)18:101,476984922SV¥7,810
9/17 (木)478738沖縄(那覇)21:05東京(羽田)23:301,476984922SV¥11,710
合計      2,952 1,844 ¥19,520
※1 付与マイル数は、ANAワイドゴールドカード保有・ステータス無しの場合
※2 運賃種別欄 SV=SUPER VALUE VT=VALUE TRANSIT

前半戦と比べて100円だけですが安くなりました。
往復の合計金額は19,520円、PP単価は6.61円です。

宿泊費を算定する

これでフライトの構成・金額が策定できました。
続いて宿泊の手配を検討します。
こちらの選択方法も前記事同様、ANAダイナミックパッケージ(航空券+ホテル)で那覇宿泊で最安で出てくる宿泊施設を候補として定めgoogle検索で最安の宿泊費を検索します。
ダイナミックパッケージで出てきた最安のホテル「HOTEL StoRK」をgoogle検索で調べるとBooking.comが安く一泊2,470円(7月21日時点)と出ます。

HOTEL_StoRK_20200906-10
Booking.comより

このホテルで前半戦9/6~9/10までの4泊をした場合、宿泊代金の総額は9,880円です。
後半戦の9/13~9/17の後半戦も全く同額ですので、前後半トータルの宿泊代金の総額は19,760円です。

ダイナミックパッケージ活用

前記事と同じくダイナミックパッケージの活用も検討します。
スーパーバリューでの羽田-那覇2往復では50,000PPに対して過達気味なこともあり、運賃8の包括旅行DP割引運賃(マイル積算50%)でジャストに近い効率的な修行になる可能性があります。
羽田-那覇2往復のフライトを含めてGoToトラベルキャンペーン対象になるとなれば検討するべきです。

前半戦のダイナミックパッケージは以下の通りです。

ダイナミックパッケージ沖縄5日-1
ANA HPより

マイル50%積算の羽田-那覇往復とホテル4泊のパッケージで24,000円

ダイナミックパッケージ沖縄5日-2
ANA HPより

そして後半戦分のダイナミックパッケージは26,800円。

これらのフライトの獲得PP数は片道984PP、往復で1,968PPです。
あとは、宿泊期間中は毎日稚内行きのバリュートランジット28往復を繰り返します。

総費用・PP単価

スーパーバリューにて那覇に入るプランと、ダイナミックパッケージを組み合わせたプランの二つのパターンで金額を算出してきました。
以下は宿泊代金を含んでいるので純粋なPP単価とは言えませんが、修行に掛かった費用で割り戻し参考PP単価とします。

総費用獲得PP数PP単価宿泊費込みPP単価
羽田-那覇スーパーバリュー利用¥306,90052,2085.505.88
ダイナミックパッケージ利用¥298,80050,2405.95

スーパーバリューで那覇入りしホテルを別手配する場合の総費用は306,900円、参考PP単価は5.88円になります。
ダイナミックパッケージで組み立てた場合の総費用は298,800円、参考PP単価は5.95円になります。

ダイナミックパッケージ活用でPP単価が低下しますが、スーパーバリュー利用のパターンでは2,208PPもオーバーするので、この場面ではPP単価よりも修行総費用で良し悪しを判断しなければいけません。
ダイナミックパッケージ活用パターンはとうとう300,000円を下回る金額でSFC修行ができるとんでもない構成であります。
そしてこれには宿泊費が含まれ、他に必要なお金は自宅から羽田空港まで2往復分の運賃・那覇空港からホテルまでの交通費8往復分、あとは食費だけで済んでしまいます。

GoToキャンペーン適用なら

この記事を作成時点でGoToキャンペーンの詳細が定まっておらず、また非常に流動的です。
現状では、宿泊代金・パッケージ旅行の代金の35%引き(一泊当たり最大20,000円引)、東京を目的とする旅行・東京都民の旅行が適用外となっており、今後変更等があるかもしれませんのでご注意ください。

スーパーバリューで組んだプランの場合、航空券は全て単品ですのでGoTo対象外であり、今回のパターンでの宿泊代金の19,760円の35%である6,916円が割引かれ、最終的な宿泊代金は12,844円になります。
GoToキャンペーン適用後の総費用は299,984円になります。
そうなった場合の参考PP単価は5.75円になります。
ダイナミックパッケージ活用パターンではダイナミックパッケージの(航空券+ホテル)が適用対象になるので、最終的なダイナミックパッケージの旅行代金は17,780円割引かれ33,020円になり、航空券も含めた総費用は281,020円ですので参考PP単価は5.59円と最優位に躍り出ます。
ここまでくるともう修行の費用概念が吹き飛んでしまいそうな総費用とPP単価です。

上記の割引の他にクーポン15%の予定もあるので、さらに魅力的なプランになり得ます。

まとめ

GoToトラベルが適用されなくても修行総費用で300,000円を切り最強と言える戦闘力で、キャンペーン適用なら最高で280,000です。
しかもこのPP単価は宿泊代金を含んだ金額で算出したものです。

前記事での問題点だった8泊9日という時間的なハードルを二分割で緩和した結果、思わぬ副産物として最強PP単価が出てきました。
特にダイナミックパッケージ活用の場合、二分割した事でGoToの効き具合が更に良くなります。

今回の問題点は、全く同じ旅程を2回繰り返す事でしょうか。
連続8泊に比べれば容易いプランに見えますが、それでも4泊5日で同じことを繰り返す様は、想像してみると案外厳しく感じるかもしれません。

前記事同様、最大の懸念事項は欠航リスクです。
8泊プランと比べて調整しろがあるとは言え、台風シーズンもまだ終わらない9月ですから、万が一欠航の憂き目に遭遇した場合は、どこかに留め置かれたり、丸1日フライト出来ない危険性があります。

一撃ならぬ二撃でプラチナであり、調整しろや途中で鋭気を養う猶予もあるので8泊プランより更に難易度が低い修行プランと言えそうです。
今から始めるにもとても心強い沖縄合宿二分割は、半分だけの実行ももちろん可能です。
既に半分消化している修行僧や、他のフライトを経験したい向きには前半もしくは後半部分だけでもこのPP単価は是非とも検討対象としたいものです。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント