札幌(新千歳)発着BEST30(10月搭乗分)バリュートランジット28[2022年SFC修行]

VALUE TRANSIT28 札幌PP単価BEST30

先日発表されたANA VALUE TRANSIT28(10月搭乗分)2022年10月1日〜10月29日から、今回は「クイーンofバリュートランジット」札幌(新千歳)のBEST30を紹介します。

最新版を含め、まだ間に合う前月搭乗分や過去のランキングはこちらに一覧があります。

全設定路線のPP単価10月搭乗分BEST100の記事は以下のリンクからどうぞ。

本記事では、10月搭乗分の中から札幌(新千歳)発着BEST30を紹介します。
また、ランキングに載らなかった路線も含め2区間合計の獲得PP数をまとめてあります。

バリュートランジット28の詳細(運賃・マイル・PP等)についてはこちらの記事をご覧ください。

札幌(新千歳)発着

札幌(新千歳)発着の設定路線数は384路線(前月比-1)が設定され、設定路線数はほぼ横ばいでダントツの全国ナンバーワン発着地の座は揺るぎません。
PP単価10円を下回る路線は133路線(前月比+68)となり、一気に元気な札幌が復活です。
6円台0便(±0便)・7円台2便(+1便)・8円台30便(+19便)・9円台101便(+48便)と、7円台以降の増加量が多く、非常に手厚いランキングです。

表中の最安運賃は旅客施設使用料を含んでいませんので、実際のPP単価は下記から変化しますのでご注意ください。
バリュートランジットを利用の場合は、出発地と到着地そして経由地x2の旅客施設利用料が加算されます。
例 沖縄-大阪(関西)-札幌(千歳)の場合は、240円+440円x2+270円=1,390円となります。

それではBEST30をご覧ください。

出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価実PP単価
1沖縄名古屋(中部)札幌(千歳)2520 / 483519,300 2,5347.628.16
2札幌(千歳)大阪(伊丹)沖縄774 / 76719,4002,5077.748.21
3札幌(千歳)東京(羽田)沖縄64 / 109521,3002,6418.078.54
4札幌(千歳)名古屋(中部)鹿児島712 / 251715,900 1,9378.218.80
5札幌(千歳)東京(羽田)沖縄62 / 47721,7002,6418.228.69
6沖縄東京(羽田)札幌(千歳)994 / 6521,7002,6418.228.69
7沖縄東京(羽田)札幌(千歳)462 / 6722,1002,6418.378.84
8沖縄東京(羽田)札幌(千歳)460 / 6122,2002,6418.418.88
9札幌(千歳)東京(羽田)沖縄4720 / 47522,6002,6418.569.03
10長崎東京(羽田)札幌(千歳)670 / 474317,8002,0808.569.04
11沖縄東京(羽田)札幌(千歳)464 / 6922,9002,6418.679.14
12札幌(千歳)大阪(伊丹)福岡772 / 315515,9001,8298.699.27
13長崎東京(羽田)札幌(千歳)2434 / 6918,3002,0808.809.28
14熊本東京(羽田)札幌(千歳)2412 / 5917,8002,0178.829.33
15宮崎名古屋(中部)札幌(千歳)344 / 71516,600 1,8798.839.45
16札幌(千歳)名古屋(中部)宮崎4830 / 34516,600 1,8798.839.45
17札幌(千歳)東京(羽田)長崎64 / 66718,4002,0808.859.33
18長崎東京(羽田)札幌(千歳)664 / 6718,4002,0808.859.33
19鹿児島東京(羽田)札幌(千歳)620 / 471918,3002,0668.869.35
20鹿児島東京(羽田)札幌(千歳)2472 / 5718,3002,0668.869.35
21山口宇部東京(羽田)札幌(千歳)700 / 7917,1001,9308.869.38
22佐賀東京(羽田)札幌(千歳)452 / 5518,1002,0418.879.36
23宮崎東京(羽田)札幌(千歳)602 / 6117,8002,0068.879.38
24宮崎東京(羽田)札幌(千歳)2452 / 5917,8002,0068.879.38
25宮崎東京(羽田)札幌(千歳)2462 / 7917,8002,0068.879.38
26宮崎東京(羽田)札幌(千歳)2464 / 473917,8002,0068.879.38
27鹿児島東京(羽田)札幌(千歳)624 / 6718,4002,0668.919.39
28鹿児島東京(羽田)札幌(千歳)628 / 7718,4002,0668.919.39
29鹿児島東京(羽田)札幌(千歳)2478 / 473518,4002,0668.919.39
30沖縄大阪(関西)札幌(千歳)1734 / 171322,4002,5078.939.49

BEST30の内訳は、沖縄(那覇)が10便(前月比-3)と前回の増加分を吐き出した反面、鹿児島は6便(前月比+5)と逆に先月の減少分を回復しました。
他の九州勢では長崎4便(前月比±0)・熊本1便(前月比-1)・宮崎が6便(前月比±0)とあまり変わらずです。
前回ランク外に落ちた山口宇部は21位に復帰し、6位だった福岡は12位へと後退しました。
1位のPP単価は変わらず30位9.52円→8.93円へと改善、全体的に上向きな傾向を前回から継続しています。

沖縄(那覇)-名古屋(中部)-札幌(新千歳)

CTS-NGO-OKA
Great Circle Mapper

札幌(新千歳)発着の不動の1位である沖縄(那覇)は今回も名古屋経由、沖縄(那覇)-名古屋(中部)-札幌(新千歳)が第1位になりました。
前回と変わらないPP単価7.62円は充分に魅力的で、獲得PP数も2,534PPと満足できるレベルです。
往復で組む場合も前回同様に2位の伊丹経由と組むのが最良のPP単価を出しますが、こちらは2,507PPの獲得ですので、往復合計は5,041PPです。
2位の往路がPP単価を改善(8.06円→7.74円)した為、往復平均PP単価は7.68円(前回7.84円)まで改善し戦闘力をさらに増加させています。

長崎-東京(羽田)-札幌(新千歳)

CTS-HND-NGS
Great Circle Mapper

続いて札幌(新千歳)-東京(羽田)-長崎です。
このところ変わり映えしない上位ラインナップですが今回も同様です。
順位は4位から10位へと大きく下げましたがPP単価は8.56円と変わらず、魅力はキープしたままです。
この路線の往路は28位→17位・PP単価も9.52円→8.85円と大きく改善、往復での魅力は前回を上回ります。
往復平均PP単価は8.70円(前回9.04円)と二ヶ月連続で改善、ついに8円台突入となりました。
獲得PP数もそこそこ大きく4,160PP、魅力が増え続けているこの路線は注目です。

宮崎-名古屋(中部)-札幌(新千歳)

Great Circle Mapper

こちらも変わり映えない紹介ですが、宮崎-名古屋(中部)-札幌(新千歳)も往復パフォーマンスの良い路線です。
札幌-宮崎で最上位の復路が名古屋経由の15位、獲得PP数は羽田経由に比べ127ポイント少なく1,879PPと他の経由地と比較するとやや少なめです。
往路も名古屋経由(15位タイ)が最上位で、その組み立てで往復した場合の平均PP単価も8.83円(前回と変わらず)です。
これまでは長崎と比べ往復平均PP単価がよく獲得総数(3,758PP)が少ない立ち位置でしたが、長崎がPP単価を改善したことでPP単価も獲得総数も劣る事になりましたが、札幌発着の往復性能では相変わらず3番手の路線ですから選択肢として考えたい路線です。

同時期のプレミアム28

札幌(新千歳)発着に絞ったランキングではなく全国版ベスト100ですが、本記事と同時期のプレミアムクラスのPP単価ランキングはこちらです。
組み合わせて旅程を組む場合などの参考にどうぞ。

まとめ

10月搭乗分の札幌(新千歳)発着ランキングも前回と変わらず沖縄と九州方面が占拠する状況です。
紹介する3路線も全く変化はありませんが、細かくランキングを見ると30位のPP単価の改善や7円台の路線数が増えるなど底上げ感があり光が見えてきています。
九州か沖縄かの二択となる札幌発着ですが、沖縄(那覇)に優良PP単価の路線で繋ぎさらに良好なPP単価の路線につなぐ規模の大きな旅程も可能性がありそうです。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント