沖縄(那覇)発着BEST30(2月搭乗分)バリュートランジット28[SFC修行]

VALUE TRANSIT28 沖縄PP単価BEST30

最新版を含め、まだ間に合う前月搭乗分や過去のランキングはこちらに一覧があります。

先日発表されたANA VALUE TRANSIT28(2月搭乗分)2021年2月1日〜2月28日から、今回は修行の聖地・沖縄(那覇)のBEST30を紹介します。

全設定路線のPP単価2月搭乗分BEST100の記事は以下のリンクからどうぞ。

また、バリュートランジット28の詳細(運賃・マイル・PP)についてはこちらの記事をご覧ください

スポンサーリンク

沖縄(那覇)発着

沖縄(那覇)発着の設定路線数は181路線(前月比+2)が設定され、僅か2便ですが増加となりました。
PP単価10円を下回る路線は165路線(前月比+3)となっており、こちらも僅か3便の増加となりました。

それではBEST30をご覧ください。
(表中の最安運賃は旅客施設使用料を含みません)

出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価
1小松東京(羽田)沖縄752/4699,8002,1924.47
2小松東京(羽田)沖縄754/4739,8002,1924.47
3秋田東京(羽田)沖縄404/47111,1002,2944.84
4小松東京(羽田)沖縄756/47910,8002,1924.93
5庄内東京(羽田)沖縄396/46911,1002,2035.04
6庄内東京(羽田)沖縄398/47511,1002,2035.04
7沖縄東京(羽田)能登462/74911,3002,1865.17
8能登東京(羽田)沖縄748/47311,3002,1865.17
9庄内東京(羽田)沖縄400/47911,6002,2035.27
10能登東京(羽田)沖縄750/47911,8002,1865.40
11沖縄東京(羽田)秋田462/40512,4002,2945.41
12秋田東京(羽田)沖縄406/47512,4002,2945.41
13富山東京(羽田)沖縄316/47311,6002,1405.42
14大館能代東京(羽田)沖縄720/47312,8002,3475.45
15沖縄東京(羽田)庄内464/39712,1002,2035.49
16富山東京(羽田)沖縄320/47911,8002,1405.51
17大館能代東京(羽田)沖縄724/47913,3002,3475.67
18沖縄名古屋(中部)札幌(千歳)2470/483715,0002,5345.92
19札幌(千歳)名古屋(中部)沖縄4830/246515,6002,5346.16
20沖縄東京(羽田)大館能代996/72314,5002,3476.18
21沖縄東京(羽田)小松996/75513,7002,1926.25
22函館東京(羽田)沖縄554/47515,7002,5126.25
23札幌(千歳)東京(羽田)沖縄50/46916,6002,6416.29
24沖縄福岡名古屋(中部)1200/43411,2001,7666.34
25沖縄福岡名古屋(中部)1206/316011,2001,7666.34
26沖縄福岡名古屋(中部)1208/386211,2001,7666.34
27沖縄福岡名古屋(中部)1210/386611,2001,7666.34
28沖縄福岡名古屋(中部)1212/386811,2001,7666.34
29札幌(千歳)名古屋(中部)沖縄706/246916,5002,5346.51
30沖縄大阪(伊丹)松山766/164511,4001,7466.53
31沖縄大阪(伊丹)松山770/164911,4001,7466.53
32松山大阪(伊丹)沖縄1636/76511,4001,7466.53
33松山大阪(伊丹)沖縄1638/76711,4001,7466.53

沖縄(那覇)発着BEST30は北海道方面が5便、東北方面が10便、北陸方面が9便、名古屋路線が5便、松山路線が4便となっています。
今月も行き先が豊富な沖縄(那覇)発着ならではのランキングになりました。
PP単価も第1位は4円台で、BEST30の全てが7円以下となるのは流石はKING of VALUE-TRANSITの呼び声高い沖縄(那覇)ですね。
PP単価が同じ値ですので上位ランキングは33位(30位タイ)まで掲載しております。

スポンサーリンク

小松-東京(羽田)-沖縄(那覇)

沖縄(那覇)-東京(羽田)-小松
Great Circle Mapper

沖縄(那覇)発着2月搭乗分の第1位は、3ヶ月連続となりますが今月も小松-東京(羽田)-沖縄(那覇)が獲得しました。
もちろんの事ながら、この路線は全国ランキング第1位の路線となっており、同PP単価で1位タイで2便設定されています。
3ヶ月連続の1位で変化が無い訳でも無く、今月はPP単価が4.47円となっており、とうとう4円台も前半までPP単価の改善しています。
反対の便となる沖縄(那覇)-東京(羽田)-小松は、PP単価6.25円で21位で先月の6.16円から若干悪化してしまいましたが、往復で考えれば平均PP単価5.36円と先月より0.07円の改善となりました。
獲得プレミアムポイントは片道2,192PPですので、往復では4,384PPとなり大量のプレミアムポイントを獲得出来ます。

沖縄(那覇)-東京(羽田)-能登

沖縄(那覇)-東京(羽田)-能登
Great Circle Mapper

沖縄(那覇)発着2月搭乗分に第7位タイで往路・復路ともにPP単価5.17円でランクインしているのは、沖縄(那覇)-東京(羽田)-能登です。
往復共に同じPP単価ですので、往復搭乗でも平均PP単価は5.17円と、もちろん変化はありません。
ということは上記の小松路線よりも往復でのPP単価は良くなります。
獲得プレミアムポイントも片道2,186PP、往復で4,372PPですので小松路線とほぼ同数ですので、こちらも強くお勧めする優秀な路線となっています。

函館-東京(羽田)-沖縄(那覇)

HKD-HND-OKA
Great Circle Mapper

2月搭乗分の沖縄(那覇)発着で22位にランクインしたのが、函館-東京(羽田)-沖縄(那覇)です。
PP単価は6.25円、獲得PPは2,512ポイントと、何の変哲も無い優良な路線となっています。
しかしこの路線には反対便となる沖縄(那覇)-東京(羽田)-函館の設定が無く、東京(羽田)以外の経由地の路線もありませんので、沖縄(那覇)からバリュートランジットでの単純往復は出来ません。
今後調べてオススメできるルートとなれば、紹介していきたいと思います。

まとめ

2月搭乗分の沖縄(那覇)発着BEST30は、キング オブ バリュートランジットと言われる沖縄(那覇)だけあって素晴らしいの一言に尽きます。
BEST30全てが全国ランキング40位までに入り、先月同様に全てが7円以下となる優良路線の宝庫です。
先月と比較すると4円台は3便→4便へ、5円台は14便と変化は無く、6円台は17便→25便、7円台は32便→67便と先々月からの続いているPP単価の改善は今月も継続しています。
沖縄(那覇)は修行僧の聖地でもあるので沖縄拠点の修行僧の方はもちろん、その他の地域の修行僧でも参考になるランキングになっています。
沖縄(那覇)発着のランキングを参考に2021年のSFC修行の計画に役立てて頂けたら幸いです。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント