大阪圏発着BEST30(12月搭乗分)バリュートランジット28[SFC修行]

VALUE TRANSIT28 大阪(伊丹・関西・神戸)BEST30

先日発表されたANA VALUE TRANSIT28(12月搭乗分)2020年12月1日〜2021年1月5日についてPP単価BEST100の記事を上げました。

今回は、その中から大阪(伊丹・関西・神戸)発着のBEST30を紹介します。

バリュートランジット28の詳細についてはこちらの記事をご覧ください

大阪(伊丹・関西・神戸)発着

大阪(伊丹・関西・神戸)発着の設定路線数は263路線(前月比+2)が設定され、僅かですが増加となりました。
ですが、PP単価10円を下回る路線は63路線(前月比+13)となっており、先月に続き増加しました。

それではBEST30をご覧ください。
(表中の最安運賃は旅客施設使用料を含みません)

出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価
1大阪(伊丹)札幌(千歳)中標津777 / 488511,6001,6666.96
2釧路札幌(千歳)大阪(関西)4872 / 171211,4001,6037.11
3大阪(関西)札幌(千歳)中標津1713 / 488511,9001,6667.14
4中標津札幌(千歳)大阪(関西)4886 / 171811,9001,6667.14
5大阪(伊丹)沖縄石垣767 / 244913,6001,8787.24
6稚内札幌(千歳)大阪(関西)4844 / 171812,0001,6557.25
7大阪(関西)札幌(千歳)釧路1713 / 487511,9001,6037.42
8釧路札幌(千歳)大阪(関西)4876 / 171811,9001,6037.42
9石垣沖縄大阪(伊丹)1762 / 116814,4001,8787.67
10大阪(神戸)沖縄石垣2425 / 244914,4001,8787.67
11大阪(関西)札幌(千歳)函館1713 / 485711,9001,5347.76
12大阪(伊丹)福岡沖縄421 / 120512,7001,6357.77
13大阪(伊丹)福岡沖縄423 / 120912,7001,6357.77
14大阪(伊丹)福岡沖縄425 / 121112,7001,6357.77
15大阪(伊丹)福岡沖縄427 / 121512,7001,6357.77
16大阪(伊丹)福岡沖縄3155 / 120712,7001,6357.77
17中標津札幌(千歳)大阪(神戸)4884 / 482013,0001,6667.80
18大阪(関西)東京(羽田)富山992 / 3198,6001,0847.93
19大阪(関西)沖縄石垣1737 / 244915,1001,8788.04
20大阪(伊丹)熊本沖縄523 / 186712,7001,5768.06
21石垣沖縄大阪(伊丹)1764 / 76415,2001,8788.09
22大阪(神戸)札幌(千歳)中標津577 / 488313,5001,6668.10
23大阪(伊丹)鹿児島沖縄541 / 248312,7001,5368.27
24大阪(伊丹)鹿児島沖縄1145 / 248512,7001,5368.27
25大阪(伊丹)札幌(千歳)函館1157 / 485712,8001,5348.34
26大阪(伊丹)沖縄宮古767 / 172914,8001,7738.35
27石垣沖縄大阪(神戸)1768 / 242615,7001,8788.36
28大阪(神戸)東京(羽田)小松412 / 7539,6001,1368.45
29石垣沖縄大阪(神戸)1764 / 242415,9001,8788.47
30函館札幌(千歳)大阪(神戸)4854 / 482013,0001,5348.47

大阪発着BEST30は沖縄方面が16便、北海道方面が12便、北陸方面が2便となっています。
その内訳は沖縄方面が約半分を占め、先月に続き12月搭乗分の大阪圏発着は今回も沖縄方面が強い結果となりました。

大阪(伊丹)-札幌(新千歳)-中標津

ITM-CTS-SHB
Great Circle Mapper

12月搭乗分の第1位は先月と同じく大阪(伊丹)-札幌(新千歳)-中標津になります。
PP単価は先月の7.08円から今月は6.96円と遂に6円台に突入し改善が見られました。
獲得PPは1,666ポイント、往復で3,332ポイント3,000オーバーのプレミアムポイントを獲得可能ですのでオススメ出来ます。
大阪圏発着路線という枠で見た場合、BEST30以内に5便(伊丹1便・関西2便・神戸2便)ランクインしていて、その5便で日帰りの旅程も簡単に組み立てが可能なので、使い勝手の面でもオススメできる路線ではないでしょうか。

大阪(伊丹)-沖縄(那覇)-石垣

ITM-OKA-ISG
Great Circle Mapper

12月搭乗分の沖縄方面最上位は、この大阪(伊丹)-沖縄(那覇)-石垣になります。
先月は神戸発の石垣行きが沖縄方面最上位でしたが、今月は伊丹発が沖縄方面での最上位となりました。
PP単価の面では先月の神戸発が7.14円でしたが、今月の伊丹発は7.24円となり0.1円の悪化となってしまいました。
しかしながら、この路線は大阪圏発着BEST30の中で獲得PPが最大となっており、片道で1,878PP、往復で3,756PPと大量のプレミアムポイントを獲得可能ですので、オススメ出来る路線です。
設定数は大阪(伊丹・関西・神戸)の3空港の往復合計で16便設定されていて、その中でもPP単価10円以下の便は14便あり、中標津路線と同様にかなり使い勝手の良い路線ではないでしょうか。

大阪(関西)-東京(羽田)-富山

KIX-HND-TOY
Great Circle Mapper

大阪(伊丹・関西・神戸)発着12月搭乗分で北陸方面でランクインした二つのうち一つが、18位にランクインしているこの大阪(関西)-東京(羽田)-富山です。
獲得PPは1,084PPとバリュートランジットの中では少ない獲得PPですが、運賃はなんと8,600円と12月の全体ランキングでも最安値の運賃なので、少ない獲得PPの割にPP単価は7円台を守り7.93円となってます。
関空発着で考えると往路である上記の便は7円台で優秀なPP単価ですが、復路はランク外の60位でPP単価はなんとか10円を切る9.87円となっており、往復だとPP単価8.90円とギリギリ9円を下回るPP単価ですので、そこそこオススメと言えるのではないでしょうか。

同時期のプレミアム28

大阪(伊丹・関西・神戸)発着に絞ったランキングではなく全国版ベスト100ですが、本記事と同時期のプレミアムクラスのPP単価ランキングはこちらです。
組み合わせて旅程を組む場合などの参考にどうぞ。

まとめ

今回のVALUE TRANSIT28は通常通りの1ヶ月分ではなく2020年12月1日〜2021年1月5日の設定なのでご注意ください。

今月の大阪(伊丹・関西・神戸)BEST30は、沖縄方面が16便、北海道方面12便、北陸方面が2便と沖縄方面がほぼ半分を占めるランキングとなりました。

しかし先月同様に北海道方面である中標津便が第1位を獲得するなど、ランキングの上位は北海道方面が占めていて、北海道方面が最も注目すべき路線となっています。
北海道東部・北部で12月の気候を考えると尻込みしてしまいますが、オフシーズンだからこそ安くPP単価も良いのでしょう。
しかし、タッチ修行であれば厳しい気候も問題にはなりません。

PP単価が10円を切る路線は先月に引き続き増加し、今月は63便(前月比+13)となり大阪(伊丹・関西・神戸)発着は期待のできる発着地となっています。

今年の最後となる12月搭乗分ですので2020年プラチナステータス獲得のラストスパートの参考になりますし、設定期間は2021年1月5日までになっていますので、2021年SFC修行のファーストフライトにも利用可能なので、大阪(伊丹・関西・神戸)利用の修行僧の参考になればと思います。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント