羽田発着BEST30(12月搭乗分)バリュートランジット28[SFC修行]

VALUE TRANSIT28 東京(羽田)BEST30

先日発表されたANA VALUE TRANSIT28(12月搭乗分)2020年12月1日〜2021年1月5日についてPP単価BEST100の記事を上げました。

今回は、その中から東京(羽田)発着のBEST30を紹介します。

バリュートランジット28の詳細についてはこちらの記事をご覧ください

東京(羽田)発着

東京(羽田)発着の設定路線数は134路線(前月比-±0)が設定され、路線数は先月からの変化はありませんでした。
しかしPP単価10円を下回る路線は66路線(前月比+17)となっており、先月に続き単価の良い便は増加となりました。

それではBEST30をご覧ください。
(表中の最安運賃は旅客施設使用料を含みません)

出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価
1東京(羽田)沖縄石垣471 / 177713,0002,2465.79
2東京(羽田)沖縄石垣475 / 244913,0002,2465.79
3東京(羽田)沖縄石垣477 / 178114,5002,2466.46
4石垣沖縄東京(羽田)1764 / 46214,5002,2466.46
5石垣沖縄東京(羽田)2450 / 47814,7002,2466.54
6東京(羽田)沖縄宮古473 / 172714,1002,1416.59
7東京(羽田)沖縄石垣461 / 176515,3002,2466.81
8宮古沖縄東京(羽田)1730 / 109815,2002,1417.10
9東京(羽田)沖縄石垣467 / 176716,2002,2467.21
10東京(羽田)沖縄宮古467 / 172315,5002,1417.24
11沖縄福岡東京(羽田)1200 / 384215,5002,0557.54
12沖縄福岡東京(羽田)1202 / 25015,5002,0557.54
13沖縄福岡東京(羽田)1206 / 25215,5002,0557.54
14沖縄福岡東京(羽田)1208 / 25815,5002,0557.54
15沖縄福岡東京(羽田)1210 / 26415,5002,0557.54
16沖縄福岡東京(羽田)1212 / 27015,5002,0557.54
17沖縄福岡東京(羽田)1214 / 27215,5002,0557.54
18沖縄福岡東京(羽田)2498 / 25415,5002,0557.54
19東京(羽田)沖縄石垣469 / 177117,1002,2467.61
20沖縄岩国東京(羽田)1268 / 63815,5002,0067.73
21沖縄広島東京(羽田)1862 / 68415,5001,9967.77
22沖縄熊本東京(羽田)1868 / 64815,5001,9937.78
23沖縄高松東京(羽田)1622 / 53815,5001,9467.97
24沖縄鹿児島東京(羽田)2484 / 247415,5001,9447.97
25沖縄大阪(伊丹)東京(羽田)764 / 2815,5001,9288.04
26沖縄大阪(伊丹)東京(羽田)766 / 3415,5001,9288.04
27沖縄大阪(伊丹)東京(羽田)770 / 4015,5001,9288.04
28沖縄大阪(伊丹)東京(羽田)1168 / 2615,5001,9288.04
29沖縄大阪(関西)東京(羽田)1732 / 382215,5001,9288.04
30沖縄大阪(関西)東京(羽田)1734 / 382415,5001,9288.04
31沖縄大阪(関西)東京(羽田)1738 / 9815,5001,9288.04

今月のBEST30は全てが沖縄方面でした。
内訳は経由地違いの沖縄(那覇)路線が20便、石垣路線が8便、宮古路線が3便になっています。
毎月のことですが、やはり東京(羽田)発着では沖縄方面の強さを感じるランキングとなっています。
ちなみにPP単価が同じ値でしたので上位ランキングは31位(25位タイ)まで掲載しております。

石垣路線

HND-OKA-ISG
Great Circle Mapper

東京(羽田)発着12月搭乗分の第1位は先月に引き続きPP単価5円台、5.79円東京(羽田)-沖縄(那覇)-石垣です。
1位と2位の東京(羽田)-沖縄(那覇)-石垣は全体ランキングでも9位と10位でTOP10入りしている優秀な路線で、PP単価は両便とも同一PP単価の5.79円とかなり優良なPP単価となっています。
獲得PPは2,246PPと大量のプレミアムポイントを獲得する事が可能ですので、一気に稼ぎたい方にはオススメの路線です。

沖縄(那覇)路線

HND-FUK_IWK_HIJ_KMJ_TAK_KOJ_ITM_KIX-OKA
Great Circle Mapper

TOP30のうち、2/3の20便がこの沖縄(那覇)路線です。
先月は大阪(伊丹)大阪(関西)福岡経由の3つの経由地のみのランクインでしたが、今月は3つに加え岩国広島熊本高松鹿児島の5つの経由がランクインしました。
東京(羽田)-沖縄(那覇)路線の設定数はランク外も含め合計で41便の設定があります。
しかもどの便もPP単価8円台かそれ以下ですので、非常に使いやすい路線になっています。
獲得PPを見ると同じ沖縄(那覇)路線ですが、福岡経由は2,055PP、岩国2,006PP・広島1,996PP・熊本1,993PP・高松1,946PP・鹿児島1,944PP、大阪(伊丹・関西)1,928PPとなっているので、購入の際は運賃と獲得PPを確認する事が非常に重要となります。

宮古路線

HND-HND-MMY
Great Circle Mapper

東京(羽田)発着12月搭乗分でランクインした残りの一つの路線が宮古路線になります。
BEST30には6位(6.59円)、8位(7.10円)、10位(7.24円)の3便のみのランクインとなっていますが、上位である6位と8位の組み合わせで東京(羽田)発着の日帰りの旅程を組む事が可能です。
往復で考えるとPP単価は6.84円、獲得PPは4,282PPとPP単価・獲得PP共にかなり優秀な路線となっていますので、見逃せない路線ではないでしょうか。

同時期のプレミアム28

東京(羽田)発着に絞ったランキングではなく全国版ベスト100ですが、本記事と同時期のプレミアムクラスのPP単価ランキングはこちらです。
組み合わせて旅程を組む場合などの参考にどうぞ。

まとめ

今回のVALUE TRANSIT28は通常通りの1ヶ月分ではなく2020年12月1日〜2021年1月5日の設定なのでご注意ください。

今月の東京(羽田)発着BEST30は沖縄方面の便で全てを占めるランキングとなりました。
1位から5位まで石垣路線が独占し、先月よりもPP単価の改善が見られました。
沖縄(那覇)路線は、経由地は違いますが合計で20便がランクインし、とても使い勝手の良い路線になっています。
宮古路線は3便がランクインし、便数こそ少ないですが、日帰りが可能な便が上位にランクインしているので、PP単価も獲得PPも優れている路線になっています。

今年の最後となる12月搭乗分ですので2020年プラチナステータス獲得のラストスパートの参考になりますし、設定期間は2021年1月5日までになっていますので、2021年SFC修行のファーストフライトにも利用可能なので参考にしては如何でしょうか。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント