[登録必須]初回搭乗FLYONキャンペーンを解説

FOPファーストフライトボーナス

JALマイレージバンクが毎年行っているキャンペーン、正式名称は「初回搭乗 FLY ON ポイントボーナスキャンペーン」は、FOP修行・回数修行を問わずJALの上級会員修行を実施する上で必須のキャンペーンです。
本記事では、キャンペーン詳細から登録方法までをわかりやすく図解入りで解説します。

スポンサーリンク

FLY ON ポイントとは

JALの上級会員にはいくつかの階級がありますが”修行”を行うなら、多くの場合でサファイア会員→JALグローバルクラブ(JGC)の発行が一つのゴールになります。
このJGCと言うクレジットカードは発行さえ出来てしまえば(カード年会費を払い続けている限り)ほぼ永久に上級会員資格をキープできるのです。

FLY ONポイントが30,000ポイントで獲得できるステータス「ブロンズ」ではこのカードを発行する条件にはならず、50,000ポイント以上のサファイアステータスや更に高みを目指して100,000ポイントのダイヤモンドステータスを以てカード申し込み資格が与えられます。
サファイアステータスを目指す最大の理由は「手っ取り早くJGCを手に入れたい」からであり、JGCさえ発行できてしまえばダイヤモンドステータスまでは必要ないと考える人が多いのです。
もちろん、ダイヤモンドステータスに意味がないのではなく、JGCを手に入れてから修行の面白さが忘れられずダイヤモンドまで勢い目指してしまう人もそれなりの数がいます。

JGC修行

JGC発行に必要な条件は、搭乗ポイントであるFLY ONポイント50,000ポイント獲得または搭乗回数50回(かつFLY ON 15,000以上)を目指します。
FLY ON ポイントの計算方法は以下の通り
基本区間マイル×積算率×FLY ONポイント換算率+搭乗ボーナス
となります。
積算率は先得や特便割引で75%・普通運賃やビジネスきっぷで100%・国際線ビジネスクラスで125%などとなっていて、換算率か国内線で2.0・アジア/オセアニアで1.5・その他1.0です。

ですから、例えば羽田-那覇(基本区間マイル984マイル)を先得割引(運賃3)で搭乗すると
基本区間マイル[984]×積算率[75%]×FLY ONポイント換算率[2.0]+搭乗ボーナス[0]=1,476
東京-NYをビジネスクラス(ビジネス運賃1)で搭乗すると
基本区間マイル[6,723]×積算率[125%]×FLY ONポイント換算率[1.0]+搭乗ボーナス[400]=8,804

これらを踏まえて、あるひとは国際線長距離路線を飛び回り、あるひとは換算率2.0を活かして国内線では長距離の羽田-那覇などを利用してFOPを積み上げていきます。

初回搭乗キャンペーン

上記の様にFLY ONポイントを積み上げる際の強力な味方がこの「初回搭乗 FLY ON ポイントボーナスキャンペーン」です。
JALカード会員(家族会員を含む)であれば、国内線/国際線を問わず期間中最初のJAL便名のフライトで5,000ポイントものFOPを付与してくれる神キャンペーンです。
羽田-那覇(運賃3)を4回(2往復)しても余りある5,000FOPですから、貰わない手はありません。

ANAのSFC修行でも同様に50,000ポイントは一つの目標ですが、JALの場合は事実上45,000ポイントで済む事になります。
例えば羽田-那覇(JALは運賃3/ANAは運賃7)だけを使って修行に挑む場合、ANAでは34回(17往復)必要なのに対し、JALでは31回(15往復半)で済んでしまいます。
羽田-那覇の75%積算運賃は概ね10,000円前後な事が多いですから、修行総費用として30,000円の差が出る事になります。

また、JALには回数修行と呼ばれる搭乗回数を条件にステータスを付与する制度もあります。
当ブログでも兼ねてから残業修行・単一路線の集中搭乗・セルフホッピング修行などの回数修行の手法を紹介していますが、航空券代を抑えるがために余りに短距離のフライトを繰り返した場合、回数とは別の条件をクリアできない事があります。
回数修行でサファイア会員になる為には「搭乗回数50回かつ15,000FOP以上」が必要ですから、ここでも初回搭乗ボーナスの5,000FOPは重要です。
短距離フライトを繰り返してもこの5,000FOPのおかげで15,000FOPに達する路線も多々あります。

なんにせよ、JALカードの発行とこのキャンペーンの登録はJGC修行の絶対条件とも言えるものなのです。

キャンペーン詳細

という事で、絶対に逃すことのできないキャンペーンですから、しっかりと条件・期間などを把握する必要があります。

キャンペーン対象者

キャンペーン対象者はJALカード本会員・家族会員です。
さあJGC修行を始めようという場合、今後のことを考えてJAL CLUB-Aカード以上のグレードのカードを発行している事が多いでしょうから問題なさそうですが、まだの場合は最低でもJALカード(一般)を発行しなければいけません。

キャンペーン期間

キャンペーンに登録できるのは2020年12月23日〜2021年12月31日まで。
キャンペーン期間は2021年1月1日〜2021年12月31日ですから、上記期間中に登録してこの期間中に最初の搭乗があれば5,000ポイントが付与されます。

対象路線・運賃

JALグループ国内線・JAL国際線
他社運行でJAL便名が付くコードシェア便も含まれますから、JALのHPで航空券の予約をする限りFDAなどの他社便でも問題ありません。
が、JGC修行をするにあたりJALグループに一度も搭乗しないのは稀だと思いますので、これも問題ないでしょう。
いずれの場合も、JALマイレージバンクのマイル積算運賃でなければなりません。
マイル特典航空券などフライトマイルが積算されないフライトは対象とはなりません。

FOP付与時期

通常のFOPとは別に5,000ポイントが積算されます。
通常ポイント積算の翌月上旬に付与されますが、積算日は通常ポイント積算日として扱われます。
ですから、12月に初回搭乗(修行僧ではあり得ないとは思いますが)した場合で12月中に通常のFOPが積算されれば、初回搭乗ボーナスだけ翌年に持ち越される心配はありません。
搭乗後、ポイント付与の時点でJALカードを退会した場合も対象外となってしまします。

登録手順

いたって簡単、あっけないくらいです。
まずJALのHPから当キャンペーンのページにアクセスします。

上のリンクから進むとこの様なページが現れます。

FOPファーストフライトボーナスSTEP1

「キャンペーン登録ボタンより・・・」に従う為、キャンペーン登録ボタンがあるページ下部へスクロールすると以下の様に登録ボタンをクリックします。

FOPファーストフライトボーナスSTEP2

キャンペーン登録ボタンをクリックすると、マイレージバンクのアカウントでログインしていない場合は以下の様なログイン画面が現れます。
ページの指示に従いJMBお得意様番号とパスワードを入力し、ログインをクリックします。

FOPファーストフライトボーナスSTEP3

以下の様な画面が出たら登録完了です。

FOPファーストフライトボーナスSTEP4

右下の「終了する」をクリックし画面を閉じます。

まとめ

昨年まではエントリー不要だったキャンペーンです。
JALカード会員であれば1年の最初のフライト後に勝手に5,000FOPが足されるイメージでした。
今年はエントリーしなければいけないので、登録を忘れる事だけは無い様にしなければいけません。

FOP修行では当然の事ですが、回数修行に於いても路線によってはこの5,000FOPが生命線となり得ます。
また、こちらはエントリーの必要はありませんが、カード入会初年度であれば入会搭乗ボーナス1,000マイル(CLUB-A以上のカードなら5,000マイル)もらえますし、初年度でなくても毎年初回のフライトに対して1,000マイル(CLUB-A以上は2,000マイル)がもらえます。
マイルですので修行の進捗には影響しませんが、マイル・FOPに関するキャンペーンは絶対に逃してはいけません。
それは修行僧の最初の心得と言っても過言ではありません。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント