[JGC修行]FOP5円台の沖縄(那覇)-名古屋を使い羽田発着日帰り5,000FOPの旅程

羽田発沖縄経由名古屋行

約1ヶ月先となる2021年6月に破格のFOP単価5円台を叩き出す、沖縄(那覇)-名古屋(中部)を発見したので紹介します。
東京(羽田)発着の日帰り旅程を組む事で、1日で5,000FOPを獲得出来る非常に優秀な旅程となります。
さらに、クラスJを利用する事で旅程全体の平均FOP単価も改善する事が可能となり得るので、その点についても記述します。

スポンサーリンク

今回のメイン路線

破格のFOP単価を叩き出す今回のメイン路線は沖縄(那覇)-名古屋(中部)です。
FOP単価が5円台は日程限定ですが、他の日程でも6円台から7円台とかなり優秀な路線となっています。

沖縄(那覇)-名古屋(中部)

NGO-OKA
Great Circle Mapper

安価な日程は2021年6月15日(火)となっており、沖縄(那覇)発着で往復ともに5円台でフライトする事が可能となります。

それではフライトの詳細を見ていきます。
本記事の予約・運賃等は以下全て2021年5月17日時点の情報です。

JAL20210615_OKA-NGO-OKA
JAL HPより

往路は沖縄(那覇)を12:10発のJTA042便にて名古屋(中部)に向かいます。
機材JTA運行のB737-800(73H)となっており、フライト時間は2時間10分となっており名古屋(中部)には14:20到着となります。
名古屋(中部)での乗継時間は50分とコーヒーブレイクにはちょうどいいかもしれません。

復路は15:10発のJTA047便で機材は往路と同様の73Hです。
フライト時間は5分長くなり2時間15分となります。
沖縄(那覇)に17:25到着となり、このメイン路線の沖縄(那覇)-名古屋(中部)の前後にフライトを組み、羽田発着の日帰り旅程を構築します。

 便名座席運賃種別FOP基本区間マイル付与マイル※運賃FOP単価
1JTA042普通席先得割引1,214809759¥6,6605.49
2JTA047普通席先得割引1,214809759¥7,1605.90
合計   2,428 1,518¥13,8205.69
※ 付与マイル数は、JALカードCLUB-A保有・ステータス無しの場合

往路が6,660円・復路が7,160円となり、往復で13,820円となります。
FOP単価は5.69円となり、優秀なFOP単価となっています。

東京(羽田)発着での日帰り旅程を組むには、最低乗継時間を考えると11:40までに沖縄(那覇)に到着し、17:55以降に沖縄(那覇)を出発する便を選択する必要があります。

東京(羽田)発着を組み合わせる

NGO-OKA-HND
Great Circle Mapper

今回の旅程はメインルートである沖縄(那覇)-名古屋(中部)の往復に東京(羽田)-沖縄(那覇)を接続する事で日帰り旅程を完成させます。
旅順は東京(羽田)-沖縄(那覇)-名古屋(中部)-沖縄(那覇)-東京(羽田)の合計4レグなります。

JAL20210615_HND-OKA-HND
JAL HPより

スタートとなる東京(羽田)発のフライトは、07:30発JAL903便・08:20発JAL905便のどちらかが選択可能ですが今回はより安価な07:30発の便を選択します。
機材はJALの最新機材となるA350-900(359)となり、2時間45分のフライトで沖縄(那覇)には10:15に到着となります。
今回のメインルートである名古屋(中部)行きまでの乗継時間は1時間55分ありますので、有名な空港食堂で早めの昼食をとっておくのも良さそうです。

メインルートである沖縄(那覇)-名古屋(中部)の往復フライトは沖縄(那覇)に17:25到着となっていますので、接続可能な東京(羽田)に戻る便は18:45発JAL918便もしくは、19:50発JAL920便が選択可能ですが、こちらもより安価な19:50発の便を選択します。
機材は東京からと同じ359となり、フライト時間は2時間20分で東京(羽田)に22:10に到着。
本旅程の4レグ全てが終了となります。

 便名座席運賃種別FOP基本区間マイル付与マイル※運賃FOP単価
1JAL903普通席スーパー先得1,476984923¥16,41011.12
2JTA042普通席スーパー先得1,214809759¥6,6605.49
3JTA047普通席スーパー先得1,214809759¥7,1605.90
4JAL920普通席スーパー先得1,476984923¥13,2108.95
合計   5,380 3,364¥43,4408.07
※ 付与マイル数は、JALカードCLUB-A保有・ステータス無しの場合

合計運賃 43,440
獲得FOP 5,380
FOP単価 8.07

東京(羽田)から沖縄(那覇)に向かう1レグ目が、FOP単価が11.12円と厳しい値ですが、沖縄(那覇)-名古屋(中部)の往復が破格の運賃でFOP単価5円台となり、旅程全体では8.07円と優秀な単価です。
獲得FOPも5,000を超える大量のポイント獲得出来ます。

スポンサーリンク

クラスJにアップグレード

冒頭でもお伝えしたように、クラスJを利用する事でさらにFOP単価を抑えつつ、多くのポイントを獲得可能となります。

JAL20210615_HND-OKA-NGO-OKA-HND_class-J
JAL HPより
 便名座席運賃種別FOP基本区間マイル付与マイル※運賃FOP単価
1JAL903クラスJ先得割引1,6729841,045¥17,41010.41
2JTA042普通席先得割引1,214809759¥6,6605.49
3JTA047クラスJ先得割引1,376809860¥8,1605.93
4JAL920クラスJ先得割引1,6729841,045¥14,2108.50
合計   5,934 3,709¥46,4407.83
※ 付与マイル数は、JALカードCLUB-A保有・ステータス無しの場合

今回は2レグ目のクラスJの運賃が高値でFOP単価が悪化してしまうので普通席としますが、その他の3フライトは全て+1,000円でクラスJにアップグレードする事が可能です。

合計運賃 46,440
獲得FOP 5,934
FOP単価 7.83

3フライト分をクラスJにアップグレードする事で、獲得FOPは554ポイント加算され5,934ポイントになります。
最も重要なFOP単価も0.24円改善され7.83円と7円台に突入する事が出来ます。

まとめ

破格の運賃を叩き出している沖縄(那覇)-名古屋(中部)路線を利用した東京(羽田)発着の日帰り旅程を紹介しました。
全体的に接続時間に余裕があり1日でわずか4フライトですので、初心者にも安心・体力的に自信がない方でも特にクラスJなら足元にゆとりがあり快適です。

東京(羽田)から接続する事で、FOP単価8円台で5,000超えるポイントを獲得可能な優秀な旅程です。
更にクラスJにアップグレードする事で、FOP単価7円台まで改善する事が可能となります。

今回は6月15日(火)ならば7円台ですが、他の日でも全てクラスJでのフライトで8円台なら手配可能な日も多く存在しますので、この旅程を参考にして頂ければ幸いです。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント