[SFC修行]週末18フライト16,264PPを獲得(羽田発着)

週末SFC修行 最苦行編

沖縄(那覇)-東京(羽田)ANA1094便という期間限定便が設定された事により、那覇から首都圏への飛行機通勤などが現実味を帯びています。

その期間限定便を利用し、東京(羽田)発着で金曜の夜から月曜の朝まで週末をフル活用する事で、大量のプレミアムポイントを獲得できる18フライトの旅程を紹介します。
流石に那覇拠点の通勤には抵抗を感じる人でも、覚悟さえ決まれば実施できる印象の旅程です。

スポンサーリンク

ルート

金曜日の仕事終わりに東京(羽田)から沖縄(那覇)に行き、週末の土日に沖縄(那覇)から1日8フライトの合計16フライトをこなし、月曜日の朝に沖縄(那覇)から東京(羽田)に戻ってくる合計18フライトを行います。

OKA-HND-KMQ-HND-ITM
Great Circle Mapper

旅順は、金曜日に東京(羽田)から沖縄(那覇)に行き、土曜日は沖縄(那覇)-東京(羽田)-小松-東京(羽田)-大阪(伊丹)-東京(羽田)-小松-東京(羽田)-沖縄(那覇)の8レグ、日曜日は土曜日と同じ8レグを繰り返し、そして月曜日の早朝に沖縄(那覇)から東京(羽田)に戻ってくる合計18レグとなります。

フライト

それではフライトの詳細を見ていきます。
以下の予約・運賃等は2021年5月14日時点の情報です。

1日目(金曜日)

ANA20210716_HND-OKA
ANA HPより

今回の旅程は金曜日の東京(羽田)から沖縄(那覇)へ向かうフライトでスタートです。
勤務後の東京(羽田)20:30発ANA672便で沖縄(那覇)に向かいます。
機材は中型ワイドボディ機のB787-8(78P)で、フライト時間は2時間40分ですので沖縄(那覇)には23:10に到着です。
翌日からのフライトに備える意味では、より早い便での那覇入りをしたいところではありますが、勤務時間や空港までのアクセスを考え、本旅程では最終便を採用します。

お宿探しにどうぞ

2・3日目(土・日曜日)

ANA20210717_OKA-HND-KMQ
ANA HPより

2、3レグ目はバリュートランジット28の7月搭乗分全国ランキング第2位の沖縄(那覇)-東京(羽田)-小松を利用します。

二日目のスタートとなる2レグ目は、期間限定便の沖縄(那覇)05:20発ANA1094で東京(羽田)に向かいます。
機材は昨日と同様の78Pでフライト時間は2時間10分、東京(羽田)にはまだまだ朝早い07:30に到着します。
東京(羽田)での接続時間は1時間ですので、ここで朝食をとる事が可能かもしれません。

3レグ目は、東京(羽田)08:30発ANA751便で小松に向かいます。
機材は小型ナローボディのB737-800(738)となり、フライト時間はジャスト1時間ですので小松には09:30到着です。
小松での乗継時間は40分と短時間ですが、コンパクトな空港ですので余裕で乗継可能でしょう。

ANA20210717_KMQ-HND-ITM
ANA HPより

4、5レグ目はバリュートランジット28の小松-東京(羽田)-大阪(伊丹)を利用します。

4レグ目は小松10:10発ANA754便で東京(羽田)に戻ります。
機材はおそらく折り返し機材となる為、3レグ目と同じ738です。
フライト時間は3レグ目より10分長くなった1時間10分、東京(羽田)には11:20に到着となります。
東京(羽田)での次との接続時間は40分と短めですので、ゆっくりする間は無いと思われます。

5レグ目は東京(羽田)12:00発の大阪(伊丹)行きとなり、機材は国際線仕様機のB787-8(78M)です。
フライト時間は1時間10分と短時間で、大阪(伊丹)には13:10に到着となります。
大阪(伊丹)での乗継時間は本日最長となる1時間50分もありますので、ここで遅めの昼食タイムでしょう。
ここまでで二日目の半分のフライトが終了です。

ANA20210717_ITM-HND-KMQ
ANA HPより

6、7レグ目はバリュートランジット28の大阪(伊丹)-東京(羽田)-小松を利用します。

ゆっくり食事を済ませた後の6レグ目は、大阪(伊丹)15:00発のANA30便で東京(羽田)に向かいます。
機材は5レグ目と同様の78Mで、フライト時間は1時間15分となります。
東京(羽田)には16:15に到着となり6レグ目が終了です。
接続時間は羽田空港での最低乗継時間ギリギリの35分となっていますので、焦らずキッチリと乗り継ぎましょう。

無事に乗り継いだ後の7レグ目は東京(羽田)16:50発ANA755便で本日2度目の小松行きで、機材は国際線仕様機のA320neo(32P)となります。
フライト時間が1時間と短時間ですので、小松に17:50到着です。
小松での乗継時間は40分と短めの乗継時間です。

ANA20210717_KMQ-HND-OKA
ANA HPより

8、9レグ目はバリュートランジット28の小松-東京(羽田)-沖縄(那覇)を利用します。

8レグ目は小松18:30発ANA758便の東京(羽田)行きとなります。
羽田-小松の便は折り返し機材となる事が多い為、7レグ目と同じ32Pになります。
フライト時間は1時間15分ですので、東京(羽田)には19:45に到着します。
東京(羽田)での接続時間は45分、夕食をとるにはやや厳しい感じです。

二日目のラストフライトとなる9レグ目は東京(羽田)20:30発ANA1099便で沖縄(那覇)に帰ります。
機材は78Pで、フライト時間は2時間40分の長時間フライトになります。
沖縄(那覇)には23:10に到着となり、二日目の終了です。

三日目も全く同様のフライトを粛々を乗り続けます。

4日目(月曜日)

ANA20210719_OKA-HND
ANA HPより

今回の旅程のラストフライトとなる18レグ目は、沖縄(那覇)05:20発ANA1094便で東京(羽田)に戻ります。
機材は本旅程で6度目となる78P、フライト時間は2時間10分で東京(羽田)には07:30に到着します。

これで本旅程の18フライトの全てが終了となります。

スポンサーリンク

PP・マイル

 便名出発到着PP基本区間マイル付与マイル※1運賃種別※2運賃PP単価
11099東京(羽田)沖縄(那覇)1,476984922SV¥15,11010.24
21094沖縄(那覇)東京(羽田)1,676984922VT¥12,7005.79
3751東京(羽田)小松516211197
4754小松東京(羽田)516211197VT¥14,04012.36
523東京(羽田)大阪(伊丹)620280262
630大阪(伊丹)東京(羽田)620280262VT¥12,64011.13
7755東京(羽田)小松516211197
8758小松東京(羽田)516211197VT¥20,0009.12
91099東京(羽田)沖縄(那覇)1,676984922
101094沖縄(那覇)東京(羽田)1,676984922VT¥18,1008.26
11751東京(羽田)小松516211197
12754小松東京(羽田)516211197VT¥12,64011.13
1323東京(羽田)大阪(伊丹)620280262
1430大阪(伊丹)東京(羽田)620280262VT¥12,64011.13
15755東京(羽田)小松516211197
16758小松東京(羽田)516211197VT¥20,0009.12
171099東京(羽田)沖縄(那覇)1,676984922
181094沖縄(那覇)東京(羽田)1,476984922SV¥11,0107.46
合計   16,264 8,156 ¥148,8809.15
※1 付与マイル数は、ANAワイドゴールドカード保有・ステータス無しの場合
※2 運賃種別欄 SV=SUPER VALUE VT=VALUE TRANSIT

合計運賃 148,880
獲得PP 16,264
PP単価 9.15

まとめ

東京(羽田)発着で金曜日の夜から月曜日の朝まで週末をフル活用し、苦行とも言える18フライトを行う旅程を紹介しました。

運賃が高値になりがちな7月の夏休みシーズンにも関わらず、バリュートランジット28をフル活用する事で、16,264PPをPP単価9.15円で獲得可能な優秀な旅程になります。
土日のほとんどを機内で過ごす為、強者の旅程でもあります。

週末合計18フライト、1日最大8フライトを行う体力的には非常に厳しい日程となっていますが、16,000を超える大量のプレミアムポイントを獲得可能な旅程ですので、普通席で一気に稼ぎたい方には強くオススメとなっています。
しかし、気力・体力を消耗し尽くす激烈な旅程ですから、体力に自信のある方はチャレンジしてはいかがでしょうか。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント