名古屋(中部)発着BEST30(7月搭乗分)バリュートランジット28[SFC修行]

VALUE TRANSIT28 名古屋PP単価BEST30

最新版を含め、まだ間に合う前月搭乗分や過去のランキングはこちらに一覧があります。

先日発表されたANA VALUE TRANSIT28(7月搭乗分)2021年7月1日〜7月31日についてPP単価BEST100の記事を書きました。

本記事では、7月搭乗分の中から名古屋(中部)発着のBEST30を紹介します。
また、ランキングに載らなかった路線も含め2区間合計の獲得PP数を以下の記事でまとめまてあります。

バリュートランジット28の詳細についてはこちらの記事をご覧ください

スポンサーリンク

名古屋(中部)発着

名古屋(中部)発着の設定路線数は55路線(前月比+5)が設定され、増加となりました。
PP単価10円を下回る路線は16路線(前月比-15)となっており、こちらは大幅に減少してしまいました。

表中の最安運賃は旅客施設使用料を含んでいませんので、実際のPP単価は下記から変化しますのでご注意ください。
バリュートランジットを利用の場合は、出発地と到着地そして経由地x2の旅客施設利用料が加算されます。
例 中標津-札幌(新千歳)-名古屋(中部)の場合は、0円+270円x2+440円=980円となります。

それではBEST30をご覧ください。

出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価
1中標津札幌(千歳)名古屋(中部)4882 / 70615,3001,5889.63
2名古屋(中部)札幌(千歳)中標津703 / 488315,5001,5889.76
3名古屋(中部)東京(羽田)小松86 / 7539,9001,0059.85
4沖縄福岡名古屋(中部)1200 / 385817,4001,7669.85
5沖縄福岡名古屋(中部)1202 / 386017,4001,7669.85
6沖縄福岡名古屋(中部)1204 / 316017,4001,7669.85
7沖縄福岡名古屋(中部)1206 / 386417,4001,7669.85
8沖縄福岡名古屋(中部)1210 / 386617,4001,7669.85
9沖縄福岡名古屋(中部)1212 / 386817,4001,7669.85
10沖縄福岡名古屋(中部)2502 / 386217,4001,7669.85
11名古屋(中部)福岡沖縄3159 / 121117,4001,7669.85
12名古屋(中部)福岡沖縄3861 / 120717,4001,7669.85
13名古屋(中部)福岡沖縄3865 / 120917,4001,7669.85
14名古屋(中部)福岡沖縄3867 / 121517,4001,7669.85
15名古屋(中部)福岡沖縄3869 / 121717,4001,7669.85
16名古屋(中部)沖縄石垣305 / 177119,6001,9839.88
17名古屋(中部)札幌(千歳)女満別703 / 486515,6001,54310.11
18名古屋(中部)札幌(千歳)女満別4835 / 486715,6001,54310.11
19女満別札幌(千歳)名古屋(中部)4862 / 70615,6001,54310.11
20名古屋(中部)札幌(千歳)利尻703 / 492915,8001,55910.13
21名古屋(中部)札幌(千歳)釧路703 / 487315,5001,52510.16
22名古屋(中部)熊本沖縄331 / 186717,4001,70310.22
23名古屋(中部)札幌(千歳)函館4835 / 485715,0001,45610.30
24中標津札幌(千歳)名古屋(中部)4886 / 71416,4001,58810.33
25名古屋(中部)沖縄宮古305 / 172719,4001,87810.33
26名古屋(中部)沖縄石垣2521 / 244920,6001,98310.39
27中標津札幌(千歳)名古屋(中部)4884 / 71016,5001,58810.39
28名古屋(中部)鹿児島沖縄351 / 248317,4001,65910.49
29沖縄鹿児島名古屋(中部)2484 / 35217,4001,65910.49
30名古屋(中部)鹿児島沖縄3189 / 248517,4001,65910.49

BEST30のうち沖縄方面が19便、北海道方面が10便、残りの1便は小松路線となっています。
先月と比較すると、沖縄方面の路線が減少し、その分北海道方面が増加し、小松路線は変わらず1便となっています。

中標津-札幌(新千歳)-名古屋(中部)

NGO-CTS-SHB
Great Circle Mapper

名古屋(中部)発着7月搭乗分の第1位はPP単価9.63円の中標津-札幌(新千歳)-名古屋(中部)です。
日本最東端の空港まで行く事で獲得出来るプレミアムポイントは1,588ポイントと、名古屋(中部)発着の北海道方面としては最大の獲得PPとなります。

往路が2位にPP単価9.76円でランクインしていますので、1位と2位を利用して往復する事で平均PP単価は9.68円、獲得PPは3,176ポイントとなります。

名古屋(中部)-東京(羽田)-小松

KMQ-HND-NGO
Great Circle Mapper

次に紹介するのは、北陸路線で唯一ランクインしている、3位の名古屋(中部)-東京(羽田)-小松です。

もちろん直行便はありませんので、マップのようにV字のルートとなり、修行僧としてはこの遠回りこそが大量のプレミアムポイントを獲得する事ができる非常に良い点です。
PP単価は9.85円で、獲得PPは1,005ポイントと短めのルート同士の組み合わせですが、1フライトあたり200ポイント加算される搭乗ポイントが非常に有効です。

名古屋(中部)-福岡-沖縄(那覇)

OKA-FUK-NGO
Great Circle Mapper

最後に紹介するのは、名古屋(中部)-福岡-沖縄(那覇)です。
バリュートランジットの名古屋(中部)発着では、毎月ランクインしている定番ルートです。

往路が5便、復路が7便の合計12便が4位タイにPP単価9.85円でランクインしていて、非常に使い勝手の良い路線となっています。
獲得PPも1,766ポイントですので、往復で3,532ポイントを獲得する事が可能です。
名古屋(中部)発着でバリュートランジットを初めて利用する方にはオススメの路線となります。

スポンサーリンク

同時期のプレミアム28

名古屋(中部)発着に絞ったランキングではなく全国版ベスト100ですが、本記事と同時期のプレミアムクラスのPP単価ランキングはこちらです。
組み合わせて旅程を組む場合などの参考にどうぞ。

まとめ

今月の名古屋(中部)発着BEST30は、PP単価10円を下回る便数が大幅に減少してしまい残念なランキングとなりました。

しかし定番路線である、福岡経由の沖縄(那覇)行きの便は往復ともに複数便が9円台となっていますので、観光を含めた修行に利用してはいかがでしょうか。

PP2倍キャンペーンが終わってしまうと通常通り「SFC不遇の名古屋」に戻ってしまった感はありますが、名古屋(中部)発着のBEST30のランキングから夏の旅程を組んではいかがでしょうか。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント