大阪圏発着BEST30(2月搭乗分)バリュートランジット28[2022年SFC修行]

VALUE TRANSIT28 大阪PP単価BEST30

最新版を含め、まだ間に合う前月搭乗分や過去のランキングはこちらに一覧があります。

ANA VALUE TRANSIT28(2022年1月搭乗分)2022年2月1日〜2月28日についてPP単価BEST100の記事を書きました。

その2月搭乗分の中から大阪(伊丹・関西・神戸)発着のBEST30を紹介します。
また、ランキングに載らなかった路線も含め2区間合計の獲得PP数一覧は以下の記事でまとめてあります。

バリュートランジット28の詳細についてはこちらの記事をご覧ください

大阪(伊丹・関西・神戸)発着

大阪(伊丹・関西・神戸)発着の設定路線数は265路線(前月比-10)が設定され、1月からやや目減りした設定数になりました。
PP単価10円を下回る路線は23路線(前月比-20)となり、全体の設定数よりもこちらの悪化はいただけません。

表中の最安運賃は旅客施設使用料を含んでいませんので、実際のPP単価は下記から変化しますのでご注意ください。
バリュートランジットを利用の場合は、出発地と到着地そして経由地x2の旅客施設利用料が加算されます。
例 大阪(伊丹)-沖縄(那覇)-石垣の場合は、260円+120円x2+0円=500円となります。

ではBEST30をご覧ください。

出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価
1大阪(関西)札幌(千歳)女満別1713 / 486712,2001,6217.53
2石垣沖縄大阪(伊丹)2442 / 76414,9001,8787.93
3石垣沖縄大阪(伊丹)1764 / 76215,5001,8788.25
4大阪(伊丹)札幌(千歳)女満別777 / 486713,5001,6218.33
5大阪(伊丹)沖縄石垣767 / 244915,7001,8788.36
6宮古沖縄大阪(伊丹)1722 / 76414,9001,7738.40
7大阪(関西)東京(羽田)能登94 / 7479,6001,1308.50
8大阪(関西)東京(羽田)小松990 / 7519,7001,1368.54
9大阪(神戸)東京(羽田)小松412 / 7539,8001,1368.63
10大阪(神戸)東京(羽田)能登412 / 7479,8001,1308.67
11大阪(伊丹)東京(羽田)能登986 / 7479,8001,1308.67
12大阪(伊丹)沖縄石垣1169 / 177116,4001,8788.73
13大阪(伊丹)沖縄宮古767 / 172915,7001,7738.86
14大阪(関西)東京(羽田)小松96 / 75310,1001,1368.89
15大阪(神戸)東京(羽田)富山412 / 3159,8001,0849.04
16大阪(関西)東京(羽田)富山96 / 31510,1001,0849.32
17大阪(伊丹)東京(羽田)能登26 / 74910,8001,1309.56
18大阪(伊丹)福岡沖縄419 / 120515,9001,6359.72
19大阪(伊丹)福岡沖縄425 / 121115,9001,6359.72
20大阪(伊丹)福岡沖縄427 / 121715,9001,6359.72
21大阪(伊丹)福岡沖縄3155 / 120715,9001,6359.72
22大阪(関西)東京(羽田)小松3824 / 75511,2001,1369.86
23大阪(伊丹)東京(羽田)小松16 / 75311,3001,1369.95
24大阪(伊丹)熊本沖縄523 / 186715,9001,57610.09
25沖縄福岡大阪(伊丹)1206 / 42616,8001,63510.28
26沖縄福岡大阪(伊丹)1208 / 42816,8001,63510.28
27沖縄福岡大阪(伊丹)1210 / 43016,8001,63510.28
28小松東京(羽田)大阪(関西)754 / 99111,7001,13610.30
29石垣沖縄大阪(伊丹)2444 / 117019,4001,87810.33
30大阪(関西)東京(羽田)富山3824 / 31911,2001,08410.33

大阪圏発着BEST30は、沖縄方面が14便(前月比-4)、北陸方面が13便(前月比+6)、北海道方面が2便(前月比-3)となりました。
北陸方面が躍進した反面、沖縄・北海道方面が減少し、突出した感じもなく全体的に満遍ないバランスの良い、大阪発着らしいBEST30となっていて、地理的に日本の中心を感じるところです。
1位は相変わらず女満別が鎮座していることは変わりませんが、30位を見るとPP単価が悪化していて、前月と比べ悪化傾向の間延びしたランキングになりました。

大阪(関西)-札幌(新千歳)-女満別

KIX-CTS-MMB
Great Circle Mapper

今月の第1位は、このところ絶対王者といなりつつある大阪(関西)-札幌(新千歳)-女満別です。
ただしPP単価は7.53円となり前回の7.03円からは0.5円も悪化しています。
この路線をマップで見るとそうでもないのですが、案外飛行距離が稼げて獲得PPは1,621ポイントです。
そして、女満別路線の問題点も変わらず残っており、輝かしい往路と裏腹に復路は伊丹に戻る路線で51位(PP単価10.67円)と振るいません。
発着を関西で揃えようとすると更に悪く、88位(PP単価11.78円)と目を覆いたくなる惨状です。

往復する場合、関西発伊丹着のベストの組み合わせで9.10円となり、せっかくの1位が台無しですがそれでもPP単価10円以下であれば使えないという事もありません。

大阪(伊丹)-沖縄(那覇)-石垣

ITM-OKA-ISG
Great Circle Mapper

大阪発着最大PP数の大阪(伊丹)-沖縄(那覇)-石垣がランキングを上げてきて第2位です。
PP単価は前回の8.25円から7.93円と遂に7円台に突入で、魅力が一気に増しました。
女満別と違って反対の路線は第5位にある事で往復旅程を組んだ時のPP単価は素晴らしく、2位/5位で組んだ場合8.15円と納得の往復パフォーマンスは、8.25円だった前回から嬉しい改善です。
獲得PP数はやはり強力で、往復した場合は3,756PPも獲得できますので2022年スタートダッシュを決めるならこの路線が面白そうです。
那覇-石垣の区間はソラシド運行になり、機材・キャリアのバリエーションも楽しめます。

大阪(関西)-東京(羽田)-能登

KIX-HND-NTQ
Great Circle Mapper

普段あまり紹介していない大阪(関西)-東京(羽田)-能登を取り上げます。
7位にランクインし、女満別と沖縄方面に食い込む勢いです。
PP単価も充分に食指の動く8.50円で、往復を組む場合の復路は33位ですが悪くなく、往復平均PP単価は9.42円です。
往復での獲得PP数は2,260PPと上記2路線と比べてしまうと物足りない印象はありますが、真冬の2月は安易に「寒さ逃れで沖縄方面」か「真冬を楽しむ北海道方面」となりがちなところ、真冬の能登というのもなかなか神秘的です。

スポンサーリンク

同時期のプレミアム28

大阪(伊丹・関西・神戸)発着に絞ったランキングではなく全国版ベスト100ですが、本記事と同時期のプレミアムクラスのPP単価ランキングはこちらです。
組み合わせて旅程を組む場合などの参考にどうぞ。

まとめ

今月の大阪(伊丹・関西・神戸)BEST30は、沖縄方面がやや沈んだ一方で、北陸方面が伸びてきています。
美味しいものを狙って北陸を選択するのは旅行気分も満たせそうです。
しかし第1位は相変わらずの強さを見せる女満別です。
往復で組みたければ他の方面が有利で、女満別は工夫を凝らした規模の大きめな旅程構築が求められます。
石垣が7円台で2位に入ってきた事で、女満別は難易度があまりに高く、サクッとPPを積み上げていくならわざわざ選択する必要はなさそうです。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント