[SFC修行]10月搭乗分バリュートランジットBEST30(主要空港以外)

スポンサーリンク
VALUE TRANSIT28 地方空港BEST30

先日発表されたANA VALUE TRANSIT28(10月搭乗分)2022年10月1日〜10月29日から、本記事では非主要空港PP単価BEST30を紹介します。

全設定路線のPP単価10月搭乗分BEST100の記事は以下のリンクからどうぞ。

また、ランキングに載らなかった路線も含め2区間合計の獲得PP数をまとめてありますので参考にしてください。

バリュートランジット28の詳細(運賃・マイル・PP等)についてはこちらの記事をご覧ください。

非主要空港発着

非主要空港発着の設定路線数は944路線(前月比-30便)が設定され、PP単価10円を下回る路線は2路線(前月比±0便)となり、PP単価10円以下の路線数は変化がなかったものの総設定数は連続30便以上の減少と、ちょっと心配なランキングです。

表中の最安運賃は旅客施設使用料を含んでいませんので、実際のPP単価は下記から変化しますのでご注意ください。
バリュートランジットを利用の場合は、出発地と到着地そして経由地x2の旅客施設利用料が加算されます。
例 釧路-札幌(新千歳)-広島の場合は、0円+270円x2+0円=520円となります。

それではBEST30をご覧ください。

出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価実PP単価
1帯広東京(羽田)石垣1606 / 54521,6003,0257.147.39
2帯広東京(羽田)石垣1604 / 54324,6003,0258.138.38
3山口宇部東京(羽田)秋田700 / 40916,2001,58310.2310.70
4釧路東京(羽田)鹿児島678 / 477322,7002,13310.6410.99
5紋別東京(羽田)松山556 / 8521,6001,99110.8511.22
6秋田東京(羽田)宮古404 / 8728,4002,55511.1211.41
7山口宇部東京(羽田)庄内700 / 39916,6001,49211.1311.62
8広島札幌(千歳)中標津1271 / 488320,4001,79011.4011.70
9稚内札幌(千歳)広島4844 / 127220,4001,77911.4711.77
10秋田東京(羽田)山口宇部408 / 69918,3001,58311.5612.03
11山口宇部東京(羽田)秋田692 / 40318,3001,58311.5612.03
12釧路東京(羽田)広島1648 / 51121,5001,85311.6012.00
13釧路東京(羽田)広島1642 / 50921,8001,85311.7612.16
14釧路札幌(千歳)広島4876 / 127220,4001,72711.8112.13
15釧路東京(羽田)鹿児島674 / 74125,3002,13311.8612.21
16釧路東京(羽田)広島1638 / 50522,1001,85311.9312.33
17釧路東京(羽田)広島4772 / 67922,2001,85311.9812.38
18釧路東京(羽田)鹿児島4772 / 247525,6002,13312.0012.35
19能登東京(羽田)宮古748 / 8729,5002,44712.0612.36
20秋田東京(羽田)山口宇部402 / 69319,1001,58312.0712.53
21秋田東京(羽田)石垣404 / 9132,1002,65412.0912.37
22秋田東京(羽田)鹿児島408 / 247920,8001,71912.1012.53
23釧路東京(羽田)広島1632 / 50322,5001,85312.1412.54
24富山東京(羽田)山口宇部312 / 69317,4001,42912.1812.69
25能登東京(羽田)山口宇部750 / 69918,0001,47512.2012.71
26大館能代東京(羽田)鹿児島722 / 62721,7001,77212.2512.66
27富山東京(羽田)山口宇部316 / 69717,5001,42912.2512.76
28山口宇部東京(羽田)富山692 / 31517,5001,42912.2512.76
29釧路東京(羽田)鹿児島742 / 62726,2002,13312.2812.63
30宮古東京(羽田)能登1080 / 74930,1002,44712.3012.60
31広島札幌(千歳)函館1271 / 485320,4001,65812.3012.63

30位タイで31位までの掲載です。
PP単価を見ると1位は7.14円で変わらず・30位が12.32円→12.30円と微妙な改善、全体的にはほぼ変化のないランキングです。
方面の内訳は、北海道各地発着が16便(前月比+1便)・東北方面発着が9便(前月比-1便)・九州各地発着が6便(前月比+2便)・宮古と石垣の沖縄方面は6便(前月比+1便)・広島/山口宇部の中国方面が計18便(前月比±0便)・北陸方面が6便(前月比+1便)と、増減はほとんどないランキングです。

PP単価の分布は、7円台が1便・8円台が1便・9円台はゼロと、心許ない上位ランクですが、7円台路線は前回同様7円台前半で存在感を見せています。

帯広-東京(羽田)-石垣

Great Circle Mapper

非主要空港発着10月搭乗分の第1位は4ヶ月連続で帯広-東京(羽田)-石垣です。
PP単価は7.14円と前回と変わらずで、獲得PP数3,025PPと相まってなかなか強力なスペックと言えます。
主要空港発着7円台前半・3000を超える獲得PP数は上々で、帯広/石垣在住者でなくても工夫して旅程に組み入れたいレベルです。
しかし難点は反対路線が設定されていない点で、組み入れたいと言っても旅程が途切れてしまってはどうしようもありません。
バリュートランジット28だけでなく他の料金区分も利用した難易度の高い旅程構築が求められます。

山口宇部-東京(羽田)-秋田

UBJ-HND-AXT
Great Circle Mapper

往復が設定される中で最上位は今回も山口宇部-東京(羽田)-秋田です。
前回同様に山口宇部発が3位・PP単価10.23円と変わらず、秋田発に関しては11位→10位・PP単価も11.62円→11.56円と改善を果たしました。
獲得PP数1,583PP(往復合計3,166PP)と凡庸ですが往復が気楽に組め、往復PP単価も10.90円とまずまずです。

富山-東京(羽田)-山口宇部

Great Circle Mapper

ベスト30内でもう一本往復が設定される路線が山口宇部-東京(羽田)-秋田です。
上記の秋田と比べると獲得PP数が1,429PP(往復2,858PP)と寂しい数値ですが、貴重な往復設定がある路線です。
富山発が24位・PP単価12.18円、山口宇部発は28位・PP単価も12.25円、往復平均PP単価は12.21円となんとも微妙ですが、何度も言うように地方-地方で往復可能な路線は少なく、場合によっては重宝します。

同時期のプレミアム28

主要空港を含めた全国版ベスト100ですが、本記事と同時期のプレミアムクラスのPP単価ランキングはこちらです。
組み合わせて旅程を組む場合などの参考にどうぞ。

まとめ

相変わらず往復の構築が難しい地方同士を結ぶ路線ですが、PP単価自体は前回と変わらず7円台前半から、設定路線数も若干の変化はあれどほぼ前月レベルを維持しました。
1位の帯広-石垣は非常に強力なPP単価と獲得PP数ですが往復構築に難があり、かなりの上級者でないと使いこなすのは難しそうです。
一方、山口宇部に絡む2路線は往復設定があり、PP単価はさえませんが初級者にも敷居が低く安心です。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント