大阪圏発着BEST30(7月搭乗分)バリュートランジット28[2022年SFC修行]

VALUE TRANSIT28 大阪PP単価BEST30

最新版を含め、まだ間に合う前月搭乗分や過去のランキングはこちらに一覧があります。

ANA VALUE TRANSIT28(2022年7月搭乗分)2022年7月1日〜7月31日についてPP単価BEST100の記事を書きました。

その7月搭乗分の中から大阪(伊丹・関西・神戸)発着のBEST30を紹介します。
また、ランキングに載らなかった路線も含め2区間合計の獲得PP数一覧は以下の記事でまとめてあります。

バリュートランジット28の詳細についてはこちらの記事をご覧ください

大阪(伊丹・関西・神戸)発着

大阪(伊丹・関西・神戸)発着の設定路線数は287路線(前月比-1便)が設定され、若干増えましたが、PP単価10円を下回る路線は21路線(前月比-2便)となり、設定数はほぼ変わらずも優良路線は連続で減ったランキングになりました。

表中の最安運賃は旅客施設使用料を含んでいませんので、実際のPP単価は下記から変化しますのでご注意ください。
バリュートランジットを利用の場合は、出発地と到着地そして経由地x2の旅客施設利用料が加算されます。
例 大阪(伊丹)-沖縄(那覇)-石垣の場合は、340円+240円x2+0円=820円となります。

ではBEST30をご覧ください。

出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価実PP単価
1大阪(関西)東京(羽田)小松96 / 7539,6001,1368.459.49
2大阪(関西)東京(羽田)小松990 / 7519,6001,1368.459.49
3大阪(関西)東京(羽田)能登94 / 7479,6001,1308.509.54
4大阪(伊丹)沖縄石垣767 / 244916,6001,8788.849.28
5石垣沖縄大阪(伊丹)1764 / 76216,6001,8788.849.28
6大阪(関西)東京(羽田)富山96 / 3159,6001,0848.869.94
7大阪(神戸)東京(羽田)小松412 / 75310,1001,1368.899.54
8大阪(伊丹)沖縄宮古767 / 172915,8001,7738.919.37
9大阪(神戸)東京(羽田)能登412 / 74710,1001,1308.949.59
10大阪(伊丹)東京(羽田)能登986 / 74710,1001,1308.949.89
11石垣沖縄大阪(伊丹)1762 / 116817,1001,8789.119.54
12大阪(神戸)東京(羽田)富山412 / 31510,1001,0849.3210.00
13大阪(伊丹)札幌(千歳)女満別777 / 486715,6001,6219.6210.17
14女満別札幌(千歳)大阪(伊丹)4862 / 77615,6001,6219.6210.17
15大阪(関西)札幌(千歳)女満別1717 / 486715,6001,6219.6210.23
16大阪(関西)札幌(千歳)函館1713 / 485714,8001,5349.6510.29
17大阪(関西)東京(羽田)小松3824 / 75511,0001,1369.6810.72
18沖縄福岡大阪(伊丹)1202 / 315615,9001,6359.7210.21
19沖縄福岡大阪(伊丹)1206 / 42615,9001,6359.7210.21
20沖縄福岡大阪(伊丹)1208 / 42815,9001,6359.7210.21
21沖縄福岡大阪(伊丹)1210 / 43015,9001,6359.7210.21
22沖縄熊本大阪(伊丹)1868 / 52615,9001,57610.0910.46
23大阪(関西)東京(羽田)富山992 / 32111,0001,08410.1511.24
24大阪(関西)東京(羽田)富山3824 / 31911,0001,08410.1511.24
25大阪(伊丹)東京(羽田)小松16 / 75311,7001,13610.3011.25
26大阪(伊丹)東京(羽田)小松30 / 75511,8001,13610.3911.34
27大阪(伊丹)東京(羽田)小松36 / 75911,8001,13610.3911.34
28小松東京(羽田)大阪(伊丹)752 / 1911,8001,13610.3911.34
29小松東京(羽田)大阪(伊丹)754 / 2311,8001,13610.3911.34
30小松東京(羽田)大阪(伊丹)756 / 3911,8001,13610.3911.34

大阪圏発着BEST30は、沖縄方面が9便(前月比+3便)と先月減少傾向に歯止めがかかり、今月もやや増加しました。
その反面、北陸方面は順調に17便(前月比-4便)と減少、北海道方面は4便(前月比±0便)となりました。
北海道方面はこのところ変わらず、沖縄方面と北陸方面が凌ぎを削っている状況です。
PP単価を見ると、1位が7.93円→8.45円・30位が10.39円で変わらずと、上から圧縮されたようなランキングで、全国的な傾向と同様嬉しくないランキングです。

大阪(関西)-東京(羽田)-小松

Great Circle Mapper

前回は石垣の後塵を拝した大阪(関西)-東京(羽田)-小松が今回はNo.1になりました。
この路線の線形は相変わらず乗り継ぎ冥利に尽きる形ですが、片道で獲得できるPPは1,136PPなのは御愛嬌でしょうか。
往復を組む場合、復路の最良は28位(PP単価10.39円)と振るわず、平均PP単価は9.42円(前回9.15円)まで悪化してしまいます。
獲得PP数は往復で2,272PPと、以下で紹介する石垣などと比べるとやや物足りないところですが、小松はバリュートランジットの好PP単価路線が多く、小松を第二拠点として修行すると楽しそうです。

大阪(伊丹)-沖縄(那覇)-石垣

ITM-OKA-ISG
Great Circle Mapper

今回は小松・能登の北陸勢の後塵を拝した大阪(伊丹)-沖縄(那覇)-石垣
4位に陥落したものの前回と変わらず往復パフォーマンスが良く、5位の復路と組み合わせると平均PP単価は8.84円(前回8.04円)はやや悪化したとは言え、今回の大阪発着の往復では最良となります。
往復での獲得PP数は3,756PPと大阪発着最大の獲得も嬉しいポイントです。
最良の組み合わせの場合、往路の第2区間(那覇-石垣)でソラシド運行になり、機材・キャリアのバリエーションも楽しめます。

大阪(伊丹)-札幌(新千歳)-女満別

ITM-CTS-MMB
Great Circle Mapper

片道のパフォーマンスが良くても往復に難のあることで有名な大阪(伊丹)-札幌(新千歳)-女満別が13位/14位で往復が組めるようになりました。
往復が組みやすいのは前月からの傾向ですが、今回も継続して恩恵を受けられます。
往復平均PP単価は9.62円(前回9.19円)と全体的に悪化してきている7月の傾向を受けて悪化していますが、比較的その幅は小さいとも言えます。
この路線の獲得PP数は1,621PP(往復3,242PP)の獲得です。
都心部に近い伊丹空港発着でPP単価10円を切る性能は、利便性・パフォーマンス共に嬉しく、子月後半だと大阪も梅雨明けしてるかも知れませんが、梅雨のない北海道に足を伸ばすのも良さそうです。

同時期のプレミアム28

大阪(伊丹・関西・神戸)発着に絞ったランキングではなく全国版ベスト100ですが、本記事と同時期のプレミアムクラスのPP単価ランキングはこちらです。
組み合わせて旅程を組む場合などの参考にどうぞ。

まとめ

今月の大阪(伊丹・関西・神戸)BEST30は全国的な悪化傾向同様にPP単価が振るいませんが、それはトップに限った話であり、30位では変わらないところを見ると、意外にパフォーマンスの落ち込みは小さいようです。
実際、修行僧だろうがなんだろうが帰宅しないわけにはいかず、その際は1位だけで旅程を組むことはできません。
そこそこ上位の路線が悪化していない大阪発着は7月は見どころと言えます。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント