福岡発着BEST30(5月搭乗分)バリュートランジット28[SFC修行]

VALUE TRANSIT28 福岡BEST30

先月末に発表されたANA VALUE TRANSIT28(5月搭乗分)2021年5月1日〜5月31日の中から、今回は福岡発着のBEST30の紹介になります。
(以下のキャンペーンの対象搭乗期間です)

全設定路線についてはPP単価BEST100の記事がありますので以下の記事をご覧ください。

また、ランキングに載らなかった路線も含め2区間合計の獲得PP数をまとめてあります。

また、バリュートランジット28の詳細(運賃・マイル・PP)についてはこちらの記事をご覧ください

スポンサーリンク

福岡発着

福岡発着の設定路線数は184路線(前月比-1)が設定され、先月からわずか1便のみですが減少となりました。
PP単価10円を下回る路線は12路線(前月比-5)となっておりこちらも減少となりましたが、わずか5便ですが増加となりました。

表中の最安運賃は旅客施設使用料を含んでいませんので、実際のPP単価は下記から変化しますのでご注意ください。
バリュートランジットを利用の場合は、出発地と到着地そして経由地x2の旅客施設利用料が加算されます。
例 札幌(新千歳)-名古屋(中部)-福岡の場合は、270円+440円x2+110円=1,260円となります。

それではBEST30をご覧ください。

出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価
1札幌(千歳)名古屋(中部)福岡704 / 386315,5001,8828.24
2福岡名古屋(中部)札幌(千歳)3862 / 71516,2001,8828.61
3福岡名古屋(中部)札幌(千歳)3858 / 70716,5001,8828.77
4福岡大阪(伊丹)札幌(千歳)426 / 77917,1001,8299.35
5札幌(千歳)名古屋(中部)福岡706 / 315917,7001,8829.40
6石垣沖縄福岡1768 / 120815,2001,5759.65
7福岡名古屋(中部)札幌(千歳)3160 / 483518,4001,8829.78
8札幌(千歳)大阪(伊丹)福岡776 / 42718,0001,8299.84
9福岡沖縄石垣1209 / 244915,7001,5759.97
10福岡沖縄石垣1211 / 178115,7001,5759.97
11石垣沖縄福岡1762 / 120415,7001,5759.97
12石垣沖縄福岡1766 / 120615,7001,5759.97
13福岡名古屋(中部)札幌(千歳)432 / 70319,0001,88210.10
14宮古沖縄福岡1722 / 120615,2001,47010.34
15石垣沖縄福岡1764 / 250216,3001,57510.35
16福岡沖縄石垣1203 / 176516,6001,57510.54
17福岡沖縄石垣1207 / 177116,6001,57510.54
18石垣沖縄福岡1780 / 121616,6001,57510.54
19福岡沖縄石垣2501 / 177716,7001,57510.60
20福岡沖縄石垣1201 / 176316,8001,57510.67
21福岡沖縄宮古1207 / 172715,7001,47010.68
22宮古沖縄福岡1728 / 121215,8001,47010.75
23札幌(千歳)名古屋(中部)福岡712 / 44920,3001,88210.79
24福岡大阪(伊丹)札幌(千歳)420 / 77319,8001,82910.83
25石垣沖縄福岡1774 / 121417,3001,57510.98
26福岡沖縄宮古1201 / 172116,3001,47011.09
27福岡沖縄石垣1205 / 176717,8001,57511.30
28札幌(千歳)東京(羽田)福岡58 / 25523,0002,01511.41
29福岡東京(羽田)札幌(千歳)264 / 473723,0002,01511.41
30福岡東京(羽田)札幌(千歳)266 / 473923,0002,01511.41

BEST30の内訳は、13便が経由地違いの札幌(新千歳)路線、同じく13便が沖縄(那覇)経由の石垣路線、残りの4便が沖縄(那覇)経由の宮古路線となっています。
PP単価10円を切る便数は先月の17便から12便と減少し、悪化が見られたBEST30です。

札幌(新千歳)-名古屋(中部)-福岡

FUK-NGO-CTS
Great Circle Mapper

福岡発着5月搭乗分の第1位は札幌(新千歳)-名古屋(中部)-福岡になります。
今月は札幌(新千歳)からの復路便が1位となりましたが、この路線は5ヶ月連続で1位となる優秀な定番路線となっています。
しかしPP単価は先月の7.28円から8.24円と約1円もの悪化となり少々残念な結果となりました。
獲得プレミアムポイントは1,882ポイントとなっておりいます。
往路は2位にPP単価8.61円でランクインし、往復では平均PP単価8.43円で3,764PPのプレミアムポイントを獲得可能です。
PP単価は悪化してしまいましたが、依然福岡発着のバリュートランジットでは最オススメの路線となります。

福岡-沖縄(那覇)-石垣

FUK-OKA-ISG
Great Circle Mapper

続いては、13便もの大量の便数がランクインした福岡-沖縄(那覇)-石垣路線です。
PP単価最上位は往路が7位の9.78円、復路が6位の9.65円となっており、復路のPP単価は先月から変化はありませんが往路は先月から改善し、ランキング全体では悪化がみられる中、改善された路線となります。
獲得PPは1,575PPですので、往復では平均PP単価9.72円・獲得PPは3,150ポイントとなり、9円台で3,000オーバーのプレミアムポイントを獲得できるなかなか優秀な路線となっています。

福岡-沖縄(那覇)-宮古

FUK-OKA-MMY
Great Circle Mapper

今月の福岡発着のBEST30の就航地は3種類しかなく、札幌(新千歳)・石垣に続きラスト3つ目となるのは、福岡-沖縄(那覇)-宮古になります。
宮古路線は往復ともに2便ずつランクインしておりますが、21位(10.68円)の往路と22位(10.75円)の復路を利用することで、日帰りで往復することが出来ます。
その場合の平均PP単価は10.72円、獲得PPは片道で1,470PPなので往復で2,940PPと3,000弱のプレミアムポイントを獲得することが可能です。

スポンサーリンク

同時期のプレミアム28

福岡発着に絞ったランキングではなく全国版ベスト100ですが、本記事と同時期のプレミアムクラスのPP単価ランキングはこちらです。
組み合わせて旅程を組む場合などの参考にどうぞ。

まとめ

今月の福岡発着BEST30は1位のPP単価が7円台から8円台へと1円ほど悪化し、PP単価10円以下の便も17便から12便に減少しPP単価の悪化がみられました。
しかも今月は行き先が3種類しか無く、バリエーションも少ないランキングとはなっていますが、だからこそこのランキングを参考に優良路線を選び出し、福岡発着でも優良なPP単価での計画を立ててはいかがでしょうか。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント

  1. hidechan より:

    こんばんは、今更ながらなのですが、飛行機会社な何を持ってPPを決めているのでしょうかね。何か法則があるのでしょうね。

    • 珍道中珍道中 より:

      コメントありがとうございます。
      こちらの記事で説明してますが、
      基本区間マイル(国際的に定められていて、時刻表等に書かれているマイル数)に路線倍率等を掛け合わせて算出されます

      • hidechan より:

        すいません。私の疑問は、その基本区間のマイルをどうやって航空会社が決めているのかな?という素朴な疑問でした。

        • 珍道中珍道中 より:

          的外れな回答、失礼しました。
          基本区間マイルは国際航空運送協会(IATA)の運賃計算に要する区間距離(TPM)というものに準じて定められています。
          航空会社が独自に区間マイルを決めているのではなく、IATAのTPM基準で国際的に定められているという解釈になります。