札幌(新千歳)発着BEST30(5月搭乗分)バリュートランジット28[SFC修行]

VALUE TRANSIT28 札幌(新千歳)BEST30

先日発表されたANA VALUE TRANSIT28(5月搭乗分)2021年5月1日〜5月31日から、今回はクイーンofバリュートランジットの札幌(新千歳)でBEST30を紹介します。
(以下のキャンペーンの対象搭乗期間です)

全設定路線のPP単価5月搭乗分BEST100の記事は以下のリンクからどうぞ。

また、ランキングに載らなかった路線も含め2区間合計の獲得PP数をまとめてあります。

バリュートランジット28の詳細(運賃・マイル・PP)については以下のリンクをご覧ください。

スポンサーリンク

札幌(新千歳)発着

札幌(新千歳)発着の設定路線数は379路線(前月比-6)が設定され、今月は若干の減少となりました。
相変わらずですが、今月も設定路線数は全国ナンバーワンの発着地となっています。
PP単価10円を下回る路線は191路線(前月比+5)となり、微増となりました。

表中の最安運賃は旅客施設使用料を含んでいませんので、実際のPP単価は下記から変化しますのでご注意ください。
バリュートランジットを利用の場合は、出発地と到着地そして経由地x2の旅客施設利用料が加算されます。
例 沖縄(那覇)-東京(羽田)-札幌(新千歳)の場合は、120円+290円x2+270円=970円となります。

それではBEST30をご覧ください。

出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価
1沖縄東京(羽田)札幌(千歳)994 / 6518,4002,6416.97
2札幌(千歳)東京(羽田)沖縄62 / 47718,5002,6417.00
3沖縄名古屋(中部)札幌(千歳)2520 / 483518,1002,5347.14
4札幌(千歳)東京(羽田)沖縄64 / 109519,0002,6417.19
5沖縄東京(羽田)札幌(千歳)462 / 6719,0002,6417.19
6札幌(千歳)名古屋(中部)沖縄704 / 30518,3002,5347.22
7熊本名古屋(中部)札幌(千歳)332 / 70713,6001,8837.22
8石垣大阪(関西)札幌(千歳)1748 / 171720,7002,8527.26
9札幌(千歳)東京(羽田)沖縄58 / 47519,3002,6417.31
10鹿児島東京(羽田)札幌(千歳)624 / 6715,2002,0667.36
11沖縄名古屋(中部)札幌(千歳)306 / 71518,7002,5347.38
12鹿児島東京(羽田)札幌(千歳)2474 / 472315,4002,0667.45
13熊本名古屋(中部)札幌(千歳)334 / 71714,3001,8837.59
14札幌(千歳)名古屋(中部)沖縄706 / 30919,4002,5347.66
15札幌(千歳)東京(羽田)沖縄66 / 109720,4002,6417.72
16札幌(千歳)名古屋(中部)熊本706 / 33314,6001,8837.75
17沖縄東京(羽田)札幌(千歳)464 / 7120,7002,6417.84
18札幌(千歳)東京(羽田)鹿児島58 / 62516,2002,0667.84
19札幌(千歳)東京(羽田)鹿児島62 / 247716,2002,0667.84
20萩・石見東京(羽田)札幌(千歳)726 / 6514,8001,8767.89
21札幌(千歳)東京(羽田)鹿児島66 / 62716,4002,0667.94
22札幌(千歳)東京(羽田)山口宇部50 / 69315,4001,9307.98
23札幌(千歳)東京(羽田)山口宇部62 / 69715,4001,9307.98
24山口宇部東京(羽田)札幌(千歳)3812 / 472315,4001,9307.98
25鹿児島東京(羽田)札幌(千歳)622 / 6316,5002,0667.99
26沖縄東京(羽田)札幌(千歳)460 / 6121,2002,6418.03
27鹿児島名古屋(中部)札幌(千歳)352 / 70715,6001,9378.05
28沖縄大阪(神戸)札幌(千歳)2528 / 482120,2002,5078.06
29山口宇部東京(羽田)札幌(千歳)3814 / 473115,6001,9308.08
30札幌(千歳)東京(羽田)鹿児島68 / 247916,7002,0668.08
31札幌(千歳)東京(羽田)鹿児島70 / 62916,7002,0668.08

BEST30の内訳は、14便が沖縄方面(那覇13、石垣1)、12便が九州方面(熊本3、鹿児島9)、4便が山口宇部、残り1便が萩・石見となりました。
(今回はPP単価が同率でしたので31位まで掲載しています)
先月は沖縄方面と九州方面のみのランキングとなっていましたが、今月は山口宇部、萩・石見の中国地方の便がランクインしました。
PP単価の面では1位が6円台と先月より悪化はしましたが、30位のPP単価は先月の8.33円より8.08円に改善されており、全体的には改善が見られた札幌(新千歳)発着ランキングとなっています。

沖縄(那覇)-東京(羽田)-札幌(新千歳)

OKA-HND-CTS
Great Circle Mapper

札幌(新千歳)発着の5月搭乗分第1位は沖縄(那覇)-東京(羽田)-札幌(新千歳)です。
PP単価は6.97円と、ギリギリですが6円台に留まります。
獲得PP数は2,641PPと日本列島を縦断するルートでありつつ東京(羽田)経由となる為、他の大阪(神戸)経由や名古屋(中部)経由よりも多いプレミアムポイントを獲得する事が出来ます。
この路線の復路に該当する便はPP単価7.00円で2位にランクインしていますので、往復での平均PP単価は6.99円、獲得PP5,282ポイントとなり、ギリギリ6円台で5,000を超えるプレミアムポイントを獲得可能な路線となります。

熊本-名古屋(中部)-札幌(新千歳)

CTS-NGO-KMJ
Great Circle Mapper

5月搭乗分の九州方面最上位は7位にランクインした、熊本-名古屋(中部)-札幌(新千歳)です。
PP単価は7.22円で1,883ポイントを獲得することが可能な路線です。
往復で考えると、往路が16位にPP単価7.75円でランクインしていますので、平均PP単価7.49円で3,766ポイントを獲得することが可能です。
先月は往復平均PP単価が7.22円でしたので少々悪化してしまいましたが、まだまだオススメに値する路線となっています。

札幌(新千歳)-東京(羽田)-山口宇部

CTS-HND-UBJ
Great Circle Mapper

最後は今月往復ともに復活ランクインした札幌(新千歳)-東京(羽田)-山口宇部です。
PP単価7.98円で往復ともに22位タイのランクインで、獲得PPは1,930ポイントです。
往復では3,860PPのプレミアムポイントを獲得可能な路線です。

同じ中国地方の萩・石見路線もPP単価7.89円で20位にランクインしていますが、残念ながらこちらは復路のみのランクインとなっています。

スポンサーリンク

同時期のプレミアム28

札幌(新千歳)発着に絞ったランキングではなく全国版ベスト100ですが、本記事と同時期のプレミアムクラスのPP単価ランキングはこちらです。
組み合わせて旅程を組む場合などの参考にどうぞ。

まとめ

5月搭乗分のランキングは5円台がなくなりましたが、30位のPP単価は先月より改善されましたので、全体的には改善されたBEST30になっています。
設定便数が最大となる札幌(新千歳)発着は各地からの接続も比較的容易ですので、全国の修行僧の方にも利用価値の高い路線が多数あります。
上記のランキングを参考に2021年のSFC修行を計画してみてはいかがでしょうか。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント