名古屋(中部)発着BEST30(2月搭乗分)バリュートランジット28[SFC修行]

VALUE TRANSIT28 名古屋BEST30

先日発表されたANA VALUE TRANSIT28(2月搭乗分)2021年2月1日〜2月28日についてPP単価BEST100の記事を上げました。

本記事では、その中から名古屋(中部)のBEST30を紹介します。

バリュートランジット28の詳細についてはこちらの記事をご覧ください

スポンサーリンク

名古屋(中部)発着

名古屋(中部)発着の設定路線数は51路線(前月比±0)が設定され、2ヶ月連続で変化はありませんでした。
PP単価10円を下回る路線は35路線(前月比+8)となっており、こちらは2ヶ月連続で増加しており、先月に続き良い傾向となっています。

それではBEST30をご覧ください。
(表中の最安運賃は旅客施設使用料を含みません)

出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価
1沖縄福岡名古屋(中部)1200/43411,2001,7666.34
2沖縄福岡名古屋(中部)1206/316011,2001,7666.34
3沖縄福岡名古屋(中部)1208/386211,2001,7666.34
4沖縄福岡名古屋(中部)1210/386611,2001,7666.34
5沖縄福岡名古屋(中部)1212/386811,2001,7666.34
6名古屋(中部)沖縄石垣2469/244914,8001,9837.46
7名古屋(中部)札幌(千歳)函館701/485310,9001,4567.49
8名古屋(中部)札幌(千歳)中標津703/488312,1001,5887.62
9名古屋(中部)札幌(千歳)函館4835/485711,3001,4567.76
10中標津札幌(千歳)名古屋(中部)4882/70612,4001,5887.81
11名古屋(中部)札幌(千歳)女満別707/486512,6001,5438.17
12名古屋(中部)沖縄石垣309/178116,2001,9838.17
13名古屋(中部)沖縄石垣2465/177116,2001,9838.17
14石垣沖縄名古屋(中部)1770/247016,2001,9838.17
15石垣沖縄名古屋(中部)1780/31016,2001,9838.17
16名古屋(中部)札幌(千歳)稚内701/484113,1001,5778.31
17宮古沖縄名古屋(中部)1724/247015,8001,8788.41
18名古屋(中部)東京(羽田)小松86/7538,5001,0058.46
19石垣沖縄名古屋(中部)1774/30816,9001,9838.52
20宮古沖縄名古屋(中部)1726/30816,2001,8788.63
21宮古沖縄名古屋(中部)1728/31016,2001,8788.63
22名古屋(中部)福岡沖縄3863/120916,1001,7669.12
23名古屋(中部)福岡沖縄3861/120716,5001,7669.34
24中標津札幌(千歳)名古屋(中部)4886/71414,9001,5889.38
25稚内札幌(千歳)名古屋(中部)4844/71414,9001,5779.45
26名古屋(中部)福岡沖縄3869/121516,8001,7669.51
27名古屋(中部)札幌(千歳)女満別4835/486714,7001,5439.53
28函館札幌(千歳)名古屋(中部)4858/71414,0001,4569.62
29名古屋(中部)福岡沖縄3859/120517,1001,7669.68
30女満別札幌(千歳)名古屋(中部)4866/71215,0001,5439.72

BEST30のうち沖縄方面が18便、北海道方面が11便、残り1便が小松となっています。
今月は1位タイに便違いの那覇路線が5便占めており、先月TOP10全てを占めていた北海道方面の路線は順位を下げる結果となりました。

スポンサーリンク

沖縄(那覇)-福岡-名古屋(中部)

NGO-FUK-OKA
Great Circle Mapper

名古屋(中部)発着2月搭乗分の第1位は沖縄(那覇)-福岡-名古屋(中部)になります。
この路線は便違いで1位タイに5便ランクインしており、PP単価は5便全てが6.34円と先月の9.12〜9.91円から約3円の劇的な改善をしていて、獲得PPは1,766PPと獲得数の面で見ても優良な路線です。
ちなみに反対の便にあたる名古屋(中部)-福岡-沖縄(那覇)の最上位は22位にPP単価9.12円でランクインされていますので、往復の組み合わせで考えるとPP単価7.73円で獲得PP3,532ポイントの大量プレミアムポイントを獲得可能です。

名古屋(中部)-札幌(新千歳)-中標津

NGO-CTS-SHB
Great Circle Mapper

次に紹介する路線は第8位にランクインしている、名古屋(中部)-札幌(新千歳)-中標津です。
北海道路線としては、7位の函館路線の方がPP単価7.49円で良いのですが、実は往復で考えると中標津路線の方がPP単価は良くなります。
往路が8位のPP単価7.62円、復路は10位の7.81円ですので、往復で7.71円と7円台で往復が可能になり、函館往復の場合の往復平均PP単価8.55円よりも大幅に良い数字が出せます。
獲得PP数は1,588PPですので、往復で3,172PPと3,000オーバーのプレミアムポイントを獲得できます。

名古屋(中部)-沖縄(那覇)-石垣

Great Circle Mapper

2月搭乗分第6位にランクインしているのが、名古屋(中部)-沖縄(那覇)-石垣です。
PP単価は7.46円と先月より2円以上も改善した優秀な路線となっています。
この路線は名古屋(中部)発着の中で獲得プレミアムポイントが一番多く獲得可能な路線で、獲得PPは1,983PPとなっています。
ちなみに復路便もPP単価8.14円で12位タイにランクインしており、往復で考えるとPP単価7.80円、獲得PPは2,912ポイントと惜しくも4,000オーバーとはなりませんが、大量のプレミアムポイントを7円台で獲得可能となっています。

同時期のプレミアム28

名古屋(中部)発着に絞ったランキングではなく全国版ベスト100ですが、本記事と同時期のプレミアムクラスのPP単価ランキングはこちらです。
組み合わせて旅程を組む場合などの参考にどうぞ。

まとめ

今月の名古屋(中部)発着BEST30は、同一路線となりますが6円台前半で5便もあり、BEST30の全てがPP単価10円を切る路線となる全体的にPP単価の改善が見られたランキングになりました。
特に上記で紹介した3路線は、全て往復での平均PP単価が7円台で獲得PPも3,000オーバーとなる為、名古屋(中部)発着ではかなり優良なPP単価の路線となっています。

運賃が安くなる傾向にある2月は修行のトップシーズンで、それは不遇の名古屋でも変わりません。
今回紹介した3路線以外にも優秀なPP単価の路線がそろった名古屋(中部)発着のBEST30のランキングを参考に、2021年SFC修行のルートを組んでみては如何でしょうか。

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント