大阪圏発着BEST30(2月搭乗分)バリュートランジット28[SFC修行]

VALUE TRANSIT28 大阪(伊丹・関西・神戸)BEST30

先日発表されたANA VALUE TRANSIT28(1月搭乗分)2021年2月1日〜2月28日についてPP単価BEST100の記事を上げました。

今回は、その中から大阪(伊丹・関西・神戸)発着のBEST30を紹介します。

バリュートランジット28の詳細についてはこちらの記事をご覧ください

スポンサーリンク

大阪(伊丹・関西・神戸)発着

大阪(伊丹・関西・神戸)発着の設定路線数は259路線(前月比+3)が設定され、僅かですが増加となりました。
PP単価10円を下回る路線は75路線(前月比+4)と3ヶ月連続で増加となり、良い傾向が続いています。

それではBEST30をご覧ください。
(表中の最安運賃は旅客施設使用料を含みません)

出発経由地到着便名最安運賃合計PPPP単価
1大阪(関西)東京(羽田)富山992/3196,1001,0845.63
2大阪(伊丹)札幌(千歳)函館777/48579,9001,5346.45
3大阪(伊丹)札幌(千歳)中標津777/488511,6001,6666.96
4釧路札幌(千歳)大阪(関西)4872/171211,4001,6037.11
5小松東京(羽田)大阪(関西)754/9918,2001,1367.22
6能登東京(羽田)大阪(関西)748/9918,2001,1307.26
7大阪(神戸)札幌(千歳)中標津577/488312,1001,6667.26
8大阪(神戸)札幌(千歳)函館577/485311,2001,5347.30
9大阪(伊丹)沖縄石垣767/244913,8001,8787.35
10富山東京(羽田)大阪(関西)316/9918,2001,0847.56
11大阪(神戸)沖縄石垣2425/244914,5001,8787.72
12石垣沖縄大阪(伊丹)1764/76414,6001,8787.77
13大阪(伊丹)福岡沖縄421/120513,0001,6357.95
14大阪(伊丹)福岡沖縄423/120913,0001,6357.95
15大阪(伊丹)福岡沖縄425/121113,0001,6357.95
16大阪(伊丹)福岡沖縄427/121513,0001,6357.95
17大阪(伊丹)福岡沖縄3155/120713,0001,6357.95
18大阪(伊丹)沖縄宮古767/172914,2001,7738.01
19稚内札幌(千歳)大阪(伊丹)4842/98413,3001,6558.04
20大阪(神戸)東京(羽田)小松412/7539,2001,1368.10
21大阪(神戸)東京(羽田)能登412/7479,2001,1308.14
22大阪(関西)沖縄石垣1737/244915,3001,8788.15
23女満別札幌(千歳)大阪(伊丹)4866/77813,3001,6218.20
24大阪(伊丹)熊本沖縄523/186713,0001,5768.25
25大阪(伊丹)札幌(千歳)函館771/485312,7001,5348.28
26釧路札幌(千歳)大阪(伊丹)4874/77813,3001,6038.30
27大阪(関西)東京(羽田)能登94/7479,4001,1308.32
28石垣沖縄大阪(神戸)1768/242615,7001,8788.36
29大阪(伊丹)鹿児島沖縄541/248313,0001,5368.46
30大阪(伊丹)鹿児島沖縄547/248513,0001,5368.46

大阪発着BEST30は沖縄方面が約半分の14便、北海道方面が9便、北陸方面が7便となりました。
その中でも先月1便のみのランクインだった北陸方面が、7便に増えたのは興味深いところです。

スポンサーリンク

大阪(関西)-東京(羽田)-富山

KIX-HND-TOY
Great Circle Mapper

先月まで3ヶ月連続で1位だった中標津路線を抜いて、とうとう1位の座を奪ったのがこの大阪(関西)-東京(羽田)-富山です。
PP単価は5.63円となっており、大阪発着でも5円台の路線が登場しました。
運賃が2月搭乗分の中で最安値の6,100円と、短い路線といえども2レグ分の運賃と思えない破格の運賃となっています。
ちなみに大阪駅から富山駅までの鉄道乗車券代が6,040円ですので、ほぼ同額の運賃となります。
獲得PPは1,084PPと短い路線の為、少なめの獲得PPとなりますが、大阪発着5円台のPP単価路線を一度は搭乗してみるのも良いのではないでしょうか。

大阪(伊丹)-札幌(新千歳)-函館

ITM-CTS-HKD
Great Circle Mapper

今月の北海道方面最上位は第2位にランクインしている、この大阪(伊丹)-札幌(新千歳)-函館です。
マップでは重なっていて分かりづらいですが、大阪(伊丹)から札幌(新千歳)に行ってから函館に向かうルートになっております。
運賃はギリギリ1万円を下回る9,900円で、PP単価は6.45円と6円台前半と素晴らしい単価になります。
獲得PPは1,534ポイント、往復で3,068ポイントと3,000オーバーのプレミアムポイントを獲得可能なのでオススメなルートです。

大阪(伊丹)-沖縄(那覇)-石垣

ITM-FUK-OKA
Great Circle Mapper

大阪発着2月搭乗分の中で獲得PP最大路線が、この大阪(伊丹)-沖縄(那覇)-石垣になります。
しかもこの路線は9位にランクインされており、今月の沖縄方面の最上位路線でもあります。
獲得PPは1,878PPと日本の最西端の石垣路線ですが、地理的に日本列島中心に近い大阪圏発着となる為、どうしても少なめの獲得PPとなってしまいます。
PP単価は7.35円と先月の同便と比較すると0.26円改善されました。
ちなみに反対便にあたる、石垣-沖縄(那覇)-大阪(伊丹)はPP単価7.77円で12位にランクインしており、往復で考えると平均PP単価7.56円、獲得PPが3,756PPとなりますので、7円台で3,500オーバーのプレミアムポイントを獲得出来るという意味において優秀な路線となります。

同時期のプレミアム28

大阪(伊丹・関西・神戸)発着に絞ったランキングではなく全国版ベスト100ですが、本記事と同時期のプレミアムクラスのPP単価ランキングはこちらです。
組み合わせて旅程を組む場合などの参考にどうぞ。

まとめ

今月の大阪(伊丹・関西・神戸)BEST30は、3ヶ月連続で1位の座に君臨していた大阪(伊丹)-札幌(新千歳)-中標津を、PP単価5円台に改善された大阪(伊丹)-東京(羽田)-富山が追い抜き、第1位が交代する大きな動きがありました。

ランキングの上位は北陸方面と北海道方面が占めていますが、ランクイン数は、沖縄方面は14便、北海道方面は9便、北陸方面が7便とまだまだ沖縄方面が多く占めるBEST30となっています。

PP単価が5円台の登場や、PP単価10円を切る路線増加など、PP単価の改善が見られた2月搭乗分(2021年2月1日〜2月28日)の大阪発着のBEST30のランキングを2021年SFC修行の参考に、トップシーズンの2月を効率よくフライトしたいものです

↓他の方のSFC/JGC修行・マイレージ関連ブログも参考になります↓
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

コメント